華道家元「池坊」(京都市中京区)で、室町時代から続くとされる新春恒例の行事「初生け式」が行われた。

華道発祥の地「六角堂」
華道発祥の地「六角堂」

 新型コロナウイルスの感染再拡大の中で迎えた2021年、八坂神社の「かるた始め式」や下鴨神社の「蹴鞠初め」、茶道・三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)の「初釜」など京都の新春の風物詩が相次いで中止となるなか、 池坊では感染防止に配慮し、通常ならば門弟1500人規模で行うのを例年の10分の1程度に縮小し、13歳から89歳までの約170人の参加となった。

初生け式の参加はあ例年の10分の1程度に縮小、13歳から89歳までの約170人の参加に
初生け式の参加はあ例年の10分の1程度に縮小、13歳から89歳まで約170人の参加に
「精進いたします」晴れ着にマスク姿の門弟15人が次期家元と新年のあいさつ
「精進いたします」晴れ着にマスク姿の門弟15人が次期家元と新年のあいさつ

 池坊の家元道場ではこのうち15人の門弟が晴れ着にマスク姿で、花ばさみの音を響かせながら寒菊や椿、葉牡丹や洋ランなどを生けた。

池坊専好・次期家元「南天で難(なん)を転(てん)ずる」花の力強さを表現
池坊専好・次期家元「南天で難(なん)を転(てん)ずる」花の力強さを表現
「新型コロナが収束し、良き年となりますよう」との願いを込めて
「新型コロナが収束し、良き年となりますよう」との願いを込めて

 そして池坊専好・時期家元は「難を転ずる」という意味がある南天や雪柳、バラなどを使って、「新型コロナウイルスやそれによってもたらされた、さまざまな困難を乗り越えて明るい年になってほしい」という願いを込めて初生けを披露した。  

初生け式に参加した大学4年の女性、春には社会人に
初生け式に参加した大学4年の女性、春には社会人に

 参加した大学4年の女性(21)は「コロナウイルスの影響で世の中が混乱し、大きく変わろうとする中、新年を迎えることができた喜びを表現しました。チューリップがアクセントになり、春らしくて可愛らしい作品になりました。大学ではサークル活動もできず、いけばなのお稽古もできないままですが、初生け式で久しぶりに花と向き合えて良かったです」と話した。4月からは社会人として新たな一歩を踏み出す。

「花と名曲 いのち奏でるコンサート」フルート奏者・園城三花さん(右端)と池坊専好・次期家元(左端)〜京都国立博物館・明治古都館 2020年8月〜
「花と名曲 いのち奏でるコンサート」フルート奏者・園城三花さん(右端)と池坊専好・次期家元(左端)〜京都国立博物館・明治古都館 2020年8月〜
池坊専好・次期家元「いのちを生きる」〜京都国立博物館 2020年8月〜
池坊専好・次期家元「いのちを生きる」〜京都国立博物館 2020年8月〜

 池坊専好・次期家元は「コロナ禍でいけばなを学ぶもの同士が会えなかった2020年、それぞれがお稽古をして努力されてきたのだと思います。自然の草木はどんな時も葉を茂らせ、実り、花咲き、また葉を大地にを落として次への準備を進めます。私たちいけばなに携わる者は、今こそ草木の持っている力強さを受け取り、今度は花の持つ力強さを表現した作品として、多くの方々にお届けするのが使命です」と誓いを新たにした。

池坊専好・次期家元 初生け「難を転ずる」(2020年1月5日)
池坊専好・次期家元 初生け「難を転ずる」(2020年1月5日)