明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。2021年1月7日の放送回のテーマは、「播磨街道と古市・三草峠」。番組パーソナリティーで、「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授が歴史トークを展開しました。

◆篠山盆地は交通の要衝

 古代の山陰道は、ほぼ現在の国道9号です。今の国道9号は、丹波国の地域では、京都府側の丹波を通っていますが、古代の山陰道は、京都から西に進み、今の天引峠を越え、旧多紀郡(丹波篠山市)に入っていました。

 天引峠を越えると、(兵庫・丹波篠山の)福住を通り、八上城の北の麓にやってきました。「重兵衛茶屋」のあたりで二股に分かれて篠山盆地を西北に進み、山を越えて丹波市の佐治の方角へ。さらに遠阪峠を越えて但馬の国へ入っていくと、古い時代の山陰道です。もう一方の南西の方角に進む道が「播州街道」今の国道372号です。

かつては交通の要衝となった山陰道と播磨街道との分岐点。右奥が重兵衛茶屋
かつては交通の要衝となった山陰道と播磨街道との分岐点。右奥が重兵衛茶屋

 つまり、篠山盆地のすぐ東の所で二股に分かれて北西の但馬へ抜けるのか、それとも南西の播磨に抜けるのかという、重要な交通路です。たとえば、今から約800年前の西暦1184年には、一の谷に向かう源義経の軍勢が京都から出て、ここから播磨路に向かい、小野・三木から一の谷に向かったわけです。

◆源義経の伝説が街道沿いに…

 八上の東に「泉」という土地があります。この「泉」の「こう山」は、義経一行がここを通って行くときに、この地のお寺が供養の法事(寺講)をやっていたので「講山」というようになり、現在は「剛山」と表記しています。

 そこから八上の分岐点を西南に進んで行きますと、ちょうど篠山城の南、今の篠山鳳鳴高校一帯の丘陵を「笛吹山」と呼んでいるんです。義経はこの地で一服して笛を吹いたとかね。

 それから、ちょうど舞鶴若狭自動車道の近くに「小枕」というところがあります。昔は小さい枕ではなく、「駒鞍」、“駒(馬)の鞍”でした。義経一行がここで馬の鞍を洗ったと言われている場所です。馬の口を洗ったという、馬口池(ばくちいけ)があります。

 古市の近所には、胡桃畷(くるみなわて)。今は胡桃と書きますが、平家一行が義経の源氏の軍勢が来るかどうか“来るものを見る”から転じて、胡桃の字があてられたと言われています。

 さらに西の方に行きますと「四斗谷」(しとだに)という所がありますが、ここに「偽首(うそかくび)」という地名があり、平家の一行が義経を惑わせるために偽の人形を張り付けたとか……。

 こういった丹波篠山で語り継がれた伝説が点々とつながる「義経伝説の道」があります。

 現在のように情報化、高学歴化の時代なら「平家物語」を読み、話を作ることもできたかもしれません。しかし、昔の人はそんなことはないので、伝説というのは、あながち捏造とばかりは言えないと思いますね。

 この四斗谷の少し川下、丹波国が終わってこの西の峠を越えたら、播磨へ抜けるんです。この峠を三草山、三草峠と言っているんです。

「平家物語」の中で平家が三草峠で待っていたとあります。これを義経が夜討ちを仕掛けて勝利を収めて播磨へ抜けて行ったという「平家物語」の記録をつなぎ合わせてみると、現在の372号という国道が非常に大事な道であるといえます。

 このルート沿いに今も宿場の街並みが残っている福住があり、そして西に進むと、まさに八上城の北の麓をこれが通り、八上のお城自体が、この東西交通路の但馬へ行く道と播磨へ行く道の分岐点を目の下ににらみつけていたという場所でもあります。

「平家物語」によると、義経の一行は、かなり長距離なのに京都から一日で(丹波篠山の)今田町まで来たということになっています。やはりこれは難しいですね。

「二日路をひとひにうって」、“二日で行くべき距離を一日で駆け抜けて播磨と丹波の境なる三草の山のひんがしの山口に、小野原にこそ着きにけり”という内容です。

 今も三草峠の東側に小野原という所があるんですよ。そして峠を越えた播磨側の山の登り口に山口という土地があって、平家物語で「おのばらより三里隔てて三草の山の西の山口に陣をとる」というのが平資盛(たいらのすけもり)が指揮する平家軍なんです。

 源氏と平家が三草山の峠の両側で陣取り、平家は定石どおり、いよいよ明日になったら名乗りを上げて戦わなければならないので、今日の内に充分休息をとっておかなければならないと、休息をとりました。義経側はどうかというと、戦いに勝つには先手を取るものだと、夜のうちに三草の峠を越えて西の山口の平家の陣を奇襲するわけです。そういった話が、源義経伝説として、丹波で伝わっています。

◆古市

 丹波篠山市の地図をご覧になっていただきますと、地域の南西の部分を南北に舞鶴若狭自動車道が通っています。それに並行して国道176号が南北に通っています。この176号は大阪駅の北側から出発して、大阪平野の東の縦を北上して、箕面の近くで山地に突き当たると西へ、宝塚から北の山の中に入ってきたのが、ここを通るわけです。

 この176号は南に行くと摂津、北に行ったら丹後に抜けて行く道なんですね。そこに今、舞鶴若狭道と福知山線と、この176号が通っているわけで、この道といわば国道372号の交差する地に「古市」というJRの駅があります。この古市の所で南北道に対して京都から来る372号、東西の道路が交差しています。古い昔の時代からここで物資が集まって来て、取引が行われ“市”が立つようになりました。そういったことから、古市(丹波の)という地名が付いているわけです。

 現在の地名や交通ルートにも、背後に物資や人々の移動の歴史があったということです。

(解説:田辺眞人、構成:久保直子)

高城山から篠山盆地を望む
高城山から篠山盆地を望む
番組
ラジオ関西
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん