西の比叡山と称される姫路の書写山・円教寺で千年以上続く「修正会(しゅしょうえ)・鬼追い会式」が18日、営まれた。

毎年1月18日は、初観音・修正会・鬼追会式が行われる、書写山円教寺の重要な一日
毎年1月18日は、初観音・修正会・鬼追会式が行われる、書写山円教寺の重要な一日
「いつもと違う修正会・鬼追い会式」最善の策を施して開催
「いつもと違う修正会・鬼追い会式」最善の策を施して開催

 円教寺の鬼追いは、かつて夜通し行われていたことから、本殿・摩尼殿(まにでん)の扉が完全に閉じられた闇で僧侶が呪文(真言)を唱えるなか、ろうそくと松明の炎だけを頼りに書写山の鎮守、「若天(わかてん)」「乙天(おとてん)」と呼ばれる赤鬼と青鬼の舞が続く。今年は、新型コロナウイルスの感染に配慮して「密」にならない空間を確保するため、摩尼殿の扉はすべて開放され、緊急事態宣言再発令による政府の外出自粛の呼びかけもあり、円教寺へ来られない方々に向けてインターネットの動画サイト”YouTube”でもライブ配信された。

本来は暗闇の舞も、今年は陽が射す中で
本来は暗闇の舞も、今年は陽が射す中で
昨年(2020年)、暗闇での鬼追い会式〈写真奥・一番右は大樹孝啓 円教寺第百四十世長吏〉 
昨年(2020年)、暗闇での鬼追い会式〈写真奥・一番右は大樹孝啓 円教寺第百四十世長吏〉 

 舞う鬼たちは円教寺を開いた平安中期の高僧・性空(しょうくう 910年〜1007年)に仕えたとされる。このうち、青鬼は不動明王の化身で、悪霊を追い払う宝剣を握り、赤鬼は毘沙門天の化身で、槌を背負い、右手で鈴を鳴らし左手で松明を振りかざして火の粉を散らして四股を踏み、大地を浄めて五穀豊穣を祈る。同時に新型コロナウイルスの早期収束と阪神・淡路大震災犠牲者の冥福を祈願した。鬼の役は、書写山の麓に住む梅津家が担い、赤鬼役は父親から息子の代へ脈々と引き継がれている。

赤鬼は「若天(わかてん)」毘沙門天の化身
赤鬼は「若天(わかてん)」毘沙門天の化身
青鬼は「乙天(おとてん)」不動明王の化身
青鬼は「乙天(おとてん)」不動明王の化身

 円教寺では18日、秘仏の如意輪観世音菩薩も開帳されたが、今年は内陣への立ち入りを制限し、例年、摩尼殿から参拝者に向けて撒かれる無病息災を祈祷した箸「鬼の箸」は、抽選で配るなどコロナ感染対策を施した「いつもとは違う」法要となった。大樹玄承・執事長は「千年以上、脈々と受け継がれてきた重要な儀式でもあり、コロナ禍で形を変えながらでも何とか続けたい、との思いでいっぱいです」と話す。

無病息災を祈祷した箸 「鬼の箸」2021年は抽選または販売で授与された
無病息災を祈祷した箸 「鬼の箸」2021年は抽選または販売で授与された
youtubeでも配信、映像スタッフのチェックも入念に
youtubeでも配信、映像スタッフのチェックも入念に

 毎年訪れる姫路市の30代の男性は「いつもと違って扉が開き、陽が差す中での鬼の舞、しっかりと眼に焼き付けました。皆さん新型コロナウイルスの恐怖の中頑張っています。とにかく収束を祈りました」と話した。

 また、初めて鬼追いを観た大阪市の40代の女性は「暗ければもっと松明の火も鮮やかに見えたかもしれませんが、迫力は十分でした。去年はステイホームが叫ばれ、家庭でじっくりと健康とは何か、生活のあり方とは何かを考える時間ができました。今年は赤鬼や青鬼に授かった力強さでコロナと向き合います」と気持ちを引き締めた。

「鬼の箸」護符 寶印が記された護符を挟む一本の棒を断ち割り、一膳箸を作ることができる
「鬼の箸」護符 寶印が記された護符を挟む一本の棒を断ち割り、一膳箸を作ることができる

・・・・・・・・

■断食・断水・断塩…天台密教の秘法「浴酒供養法」疫病退散祈念

白布で覆われて天台密教の秘法「宇賀大弁財天浴酒供養法」結願(2020年12月23日・摩尼殿)
白布で覆われて天台密教の秘法「宇賀大弁財天浴酒供養法」結願(2020年12月23日・摩尼殿)

 円教寺では2020年3月から新型コロナウイルスの早期収束を願い、毎日正午に特別祈祷が行われているが、2020年12月、円教寺僧侶・中安剛円師(塔頭・妙覚院住職)が1週間、天台密教の秘法とされる「宇賀大弁財天浴酒供養法(うがだいべんざいてん・よくしゅ・くようほう)」と達成した。断食・断水・断塩という大変厳しい荒行で、中安さんにとって今回が3回目となった。

「宇賀大弁財天」円教寺摩尼殿本尊・如意輪観世音菩薩の化身
「宇賀大弁財天」円教寺摩尼殿本尊・如意輪観世音菩薩の化身

「宇賀大弁財天」は円教寺の摩尼殿の本尊・如意輪観音の化身。宇賀神(うがじん)は弁財天の頭の上に乗る神で、その姿は人頭蛇身といい、体はとぐろを巻く蛇、頭部は翁(おきな)で財をもたらす福神とされる。「浴酒」は人肌に温めた清酒に、白檀(ビャクダン)や丁子(チョウジ)を煮出した湯を混ぜたものを小さな宇賀神の像に注ぐことをいう。

中安剛円さんは2020年3月から「新型コロナウイルス退散祈祷」も日々続ける
中安剛円さんは2020年3月から「新型コロナウイルス退散祈祷」も日々続ける

 宇賀神は財をもたらすがゆえに、中安さんは経済不況からの脱却と新型コロナウイルスの収束を願い12月16日〜23日に浴酒を続け、計21回にわたる浴酒供養法を満行(まんぎょう・行を終える)した。

 行を終えた中安さんは、頬がこけて声がかすれながらも「特に寒い中の行、血管の収縮と呼吸困難を感じながら、他者の幸せを念じると、自然と血管が拡がって呼吸が通り、あたたかい気持ちになる。他者と自分はつながっているんだと感じる瞬間だった。幸せとは「為し合わせ(なしあわせ)」とはよく言ったもので、お互いさまという思いやりの心、それがコロナ禍での生活のあり方だと思う」と力強く話した。

疫病退散祈祷「微力でもいい。それぞれ他者の幸せを念じれば」〈※手前が中安剛円さん〉
疫病退散祈祷「微力でもいい。それぞれ他者の幸せを念じれば」〈※手前が中安剛円さん〉
毎日の祈祷はFacebookでライブ配信されている〈※写真は2020年8月〉
毎日の祈祷はFacebookでライブ配信されている〈※写真は2020年8月〉

 円教寺では2020年3月から新型コロナウイルスの早期収束を願い、毎日、中安さんら僧侶による特別な祈祷が行われている。中安さんは「微力でもいい。日本全国、1億人がそれぞれ他者の幸せを念じれば、大きな光の輪となり必ずコロナ収束への力になる。これからも祈り続けたい」と誓った。