このシーズンがやってきた。毎年にぎわいをみせる、大丸・松坂屋のバレンタイン「ショコラプロムナード」。今年はオンラインショッピングの取り扱いを強化し、前年の約170ブランドから約220ブランドに拡大した。チョコレートだけでなく、幅広いスイーツで「巣ごもり」需要に応える、充実のラインナップとなった。

 もちろん、会場でも感染症防止対策を徹底し、魅力的なチョコレート店の数々が私たちを迎えてくれる。大丸神戸店、営業推進部PR広報担当の長谷川奏(はせがわ・かな)さんに注目店・注目商品を聞いた。

(提供:大丸神戸店)
(提供:大丸神戸店)

 1つは、バレンタインの催事場には初登場、『鎌倉紅谷』の「クルミッ子」という商品。自家製のキャラメルにくるみがぎっしり入った定番で、シンボルキャラクター「リスくん」のかわいい缶パッケージで登場。人気を集めている。

(提供:大丸神戸店)
『鎌倉紅谷』の「クルミッ子」(提供:大丸神戸店)

 もう1つは、水分量を極限まで高めたアロマ生チョコが話題となっている『MAISON CACAO』。マスカット、もも、ルレクチェ、日本酒やシャンパンを使用したものなど、豊富なフレーバーが取り揃えられており、とろける口どけ・他にはない華やかな香りが多くの人を魅了している。

『MAISON CACAO』のアロマ生チョコレート MAISON(上)と、アロマ生チョコレート DEAR(下)(提供:大丸神戸店)
『MAISON CACAO』の「アロマ生チョコレート MAISON」(上)と、「アロマ生チョコレート DEAR」(下)(提供:大丸神戸店)

 2021年のコレクションは「Emotional」をテーマにした新作生チョコレート8種。それぞれのフレーバーには、オリジナルの「アート」、「詩(物語)」、「音楽」が添えられ、届けたい想いをチョコレートと共に選んでもらいたいという、粋なコンセプトである。

 さらに、ハリウッドセレブに愛され続ける『YVAN VALENTIN』のトリュフはチェックしておきたい。このシーズンにしか一般販売されないアメリカ・ロサンゼルス発のレアチョコレートだ。大丸神戸店では、4種をすべて味わえる12個入を数量限定で販売する。購入するには、整理券が必要。詳しい購入方法は大丸神戸店のホームページに掲載されている。

『YVAN VALENTIN』のイヴァン トリュフ(提供:大丸神戸店)
『YVAN VALENTIN』の「イヴァン トリュフ」(提供:大丸神戸店)

 本命・義理チョコなど、誰かに渡すチョコレートだけでなく、自身へのチョコレートも増えている昨今。広報の長谷川さんは、「通路の幅を広めにとったり、イートインスペースを広く確保するなど、安心してチョコレートを選べるよう、感染症対策をしっかり行っています。」と呼びかけていた。