兵庫のおいしい食材を取り入れながら食育も行う“こども食堂”、「兵庫五国うまいもん こども食堂」が、今年から月2回、神戸市中央卸売市場の一角に開設される。

 新型コロナウイルス感染拡大が続き、緊急事態宣言の発令期間も3月7日まで延長。外出自粛の要請もあり、外で気ままに遊んだり、外食を行いづらい状況などもあって、ストレスを抱えている子どもや保護者も増えている。

 そういった親子に向けて、『子どもたちの居場所づくりとしてのこども食堂』開設が各地で求められているなか、全国の旅館・料理店の料理長のネットワークで、約2,000人のメンバーで構成されている「全国天地の会」(ぜんこくあまつちのかい)が主催、兵庫県や神戸市の協力などもあって、今回、こども食堂開設が実現することになった。

 この“こども食堂”では「食べること」だけでなく、兵庫五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の各地域)の食材の知識を高めたり、会場である神戸市中央卸売市場の見学や料理講習会なども盛り込んで、意義深い食事時間を過ごすことを目指している。

 プロジェクトの中心的リーダーで、「有馬温泉 四季の彩 旅篭」の料理人を務める柏木直樹さん(兵庫栄養調理製菓専門学校調理師科教授)は、こども食堂開設への思いをこう述べる。

「こども食堂は、子どもを守るための『居場所』だが、我々料理人がいるのだから、学校では教われない献立の産地や目利きなどの知識を教えたり、子どもでもできる簡単な『食彩加工』(しょくさいかこう)を安全に丁寧に教えたい。そして、我々の食卓を支えてくれている市場(神戸市中央卸売市場)がここにあるということを、子どもたちに伝えるとともに、ゆくゆくはその子どもにもつなげられるようにしたい。さらに、将来、我々のような料理人になって欲しい思いもある」

「兵庫五国うまいもん こども食堂」プロジェクトを担当する、料理人の柏木直樹さん
「兵庫五国うまいもん こども食堂」プロジェクトを担当する、料理人の柏木直樹さん

 1月のプレオープン期間にこの“こども食堂”を訪れた市民は「孫の保育園も『食育』に力を入れているが、今回このような形で食材や料理に触れさせてもらえることはありがたい」と感想を述べていた。

1月のプレオープン期間の様子
1月のプレオープン期間の様子
1月のプレオープン期間の様子
1月のプレオープン期間の様子

 兵庫五国(但馬・丹波・播磨・摂津・淡路)の『うまいもの』とは……、<姫路太市(筍)、北摂原木椎茸、神戸ビーフ、播磨百日どり、明石ダコ、由良の赤うに、沼島の鱧、坊勢かに、姫路れんこん、紅ズワイガニ、明石鯛、丹波黒、大納言小豆、明石イチゴ、岩津ねぎ、西播磨のカキ、ノドグロ、三田うど、淡路玉ねぎ、淡路レタス、垂水イカナゴ、播州揖保乃糸、雪姫ポーク……>など。以上に代表されるように、兵庫県は山の幸、海の幸に非常に富んでいる。

1月のプレオープン時に出された「兵庫五国うまいもん こども食堂」のお弁当
1月のプレオープン時に出された「兵庫五国うまいもん こども食堂」のお弁当
1月のプレオープン時に出された「兵庫五国うまいもん こども食堂」のお弁当
1月のプレオープン時に出された「兵庫五国うまいもん こども食堂」のお弁当

「兵庫五国うまいもん こども食堂」を主宰する「全国天地の会」の大田忠道会長は「兵庫は大都会の近くに海・山・川の自然の豊かなところ。少子化が進んだり、県外に出ていく人たちもいるが、こんなおいしいものが食べられるいいところだから、永くここに住んで、子どもをすくすくと育ててほしい」と語った。

「兵庫五国うまいもん こども食堂」を主宰する「全国天地の会」の大田忠道会長(公式ホームページより)
「兵庫五国うまいもん こども食堂」を主宰する「全国天地の会」の大田忠道会長(公式ホームページより)

「兵庫五国うまいもん こども食堂」は、神戸市中央卸売市場2階の料理教室で、毎月第2・第4火曜日に行われる予定だが、本格的に始動する2月は、9日(火)と24日(水)に実施される。時間は午後4時から午後6時まで。

(文:黒川良彦)

「兵庫五国うまいもん こども食堂」
「兵庫五国うまいもん こども食堂」