2021年「春の全国交通安全運動」が6日、始まった。重点として▼子どもと高齢者をはじめとする歩行者の安全確保▼自転車の安全利用の推進▼歩行者などの保護をはじめとする安全運転意識の向上ーが柱となる。

神戸市垂水区では高齢者が巻き込まれる交通事故が多発!
神戸市垂水区では高齢者が巻き込まれる交通事故が多発!

 全国の交通事故死者数(※速報値・2021年1月1日〜4月5日)ワーストは大阪・40人(前年同期比-2人)、東京・38人(+1)、兵庫はワースト6位の29人(+1)などとなっている。

兵庫の交通事故死者数は29人(2021年4月5日現在・速報値)
兵庫の交通事故死者数は29人(2021年4月5日現在・速報値)

 兵庫県警・交通企画課によると、兵庫県内で2021年に起きた交通人身事故は4238件(以下、いずれも速報値・2021年1月1日〜4月5日)、前年同期比で555件マイナスとなった。死者は前述の29人(+1)、負傷者は4974人(-681人)。これらは昨年(2020年)4月7日 、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた初の緊急事態宣言発令前との比較となり、2021年1月に2度目の宣言が発令されたことも影響し、大幅な減少につながったとみられる。

レバンテ広場(神戸市垂水区)に兵庫県警の白バイとパトカーがずらり
レバンテ広場(神戸市垂水区)に兵庫県警の白バイとパトカーがずらり
配布されたのは夜間着用の反射材や「STOP!飲酒運転」と書かれた除菌シート
配布されたのは夜間着用の反射材や「STOP!飲酒運転」と書かれた除菌シート

 兵庫の事故の特徴として、高齢者の死者が多く18人(前年同期比+3人)と全体の約6割を占めている。こうした中、高齢者の居住率が高い神戸市垂水区のJR・山陽電鉄垂水駅前「レバンテ広場」で6日、交通安全キャンペーンが開かれた。垂水区では1月30日、狩口台1丁目の道路を渡っていた当時74歳の女性が普通乗用車にひかれて死亡した事故があった。

 兵庫は大阪とともに、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」が発令されていることもあり、広い屋外空間であっても感染防止対策を徹底、警察官の呼びかけではなく、プラカードを掲示して横断歩道での事故防止に向けた啓発を行い、道行く人に反射材などを配った。

「反射材 つけて安心 夜の道」悪天候時にも威力発揮
「反射材 つけて安心 夜の道」悪天候時にも威力発揮
密をつくらずウイルス飛沫感染を阻止、プラカードで交通安全呼びかけ
密をつくらずウイルス飛沫感染を阻止、プラカードで交通安全呼びかけ

 垂水警察署によると、2020年に管内で高齢者が関係した交通事故は190件、死者6人のうち5人が高齢者だった。兵庫県内の高齢者の死者の割合は全体の約6割だが、垂水区内では8割を超えた。また2021年、2月末までに起きた交通事故75件中、高齢者が関係したのは28件と4割に迫る(死者は1人)。

2020年、垂水警察署管内での交通死亡事故で高齢者の死者は8割超
2020年、垂水警察署管内での交通死亡事故で高齢者の死者は8割超
何かとストレスフルなコロナ禍、だからこそ「思いやり運転」を
何かとストレスフルなコロナ禍、だからこそ「思いやり運転」を

 買い物に訪れた神戸市須磨区の40代の女性は「たまに車を運転すると、お年寄りや小さい子供が飛び出してくることがあり、ヒヤッとします。 去年は外出を極力控えていたから、自宅近くでも車が走っている気配がなくなったような気がします。だだ最近はコロナに慣れてしまい、近場で車で行くならいいかな、という気の緩みや油断もありますね。少し気持ちを引き締めようと思います」と話した。

 垂水警察署の井上弘也・地域交通官は「コロナ禍での交通安全運動、市民の皆さんに理解していただくためにさまざまな工夫をしています。 垂水区の事故の特徴は、大きな事故のみならず、比較的小さな接触事故でも高齢者が関係するケースが多いことです。 ドライバーの皆さんは高齢者を守る安全運転を、そして高齢者の方々は青信号であることをしっかり確認のうえ横断歩道を渡っていただきたい」と呼び掛けた。春の全国交通安全運動は4月15日までの10日間。