新型コロナウイルスの猛威が1年以上も続くなか、メディア等を通してよく聞かれる、「緊急事態宣言が発出されました」という表現。その表現は正しいのでしょうか……。「宣言」と「発出」という言葉について、ラジオ関西アナウンサー・林真一郎が紹介します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3回目の緊急事態宣言が出されています。

 昨年、初めての「緊急事態宣言」の際、「〜宣言を発出します」という発表がありました。

「はっしゅつ……? 難しい言い回しやなぁ」と感じたのは私だけではないと思います。

「緊急事態」という言葉はよくわかるのですが、それを「宣言」して「発出」するとは、果たしてどんな意味があるのでしょうか……。

 まず「宣言」。広辞苑(第六版)では、「ひろくのべ言うこと。個人や団体・国家などが自己の主張や考えを外部に公表すること。また、その文章」と書かれています。

 新明解国語辞典(第八版)には「個人(団体)が、自分の意見や方針を世間に対して公式に発表すること。また、その言葉」とあります。

 簡単に言うと「緊急事態を世間に公式に発表する文章」という意味です。

 ところが、「発出」を見てみますと、広辞苑では「(1)あらわれること。あらわすこと。おこすこと。(2)出発に同じ」、新明解では「役所などから通達などを出すこと」そして「局長通達(危険情報・緊急事態宣言)をーする」とあります。

 これらの意味を組み合わせると、「緊急事態を『世間や外部に発表する文章をあらわすこと』」。似たような意味の言葉が並んでしまい、かえってややこしくなっています。

 放送に携わる私たちは、難しい言葉が出てきたとき、意味を損なうことなく、どの世代にも理解してもらえるように、わかりやすい表現や言葉使いで言い換えることがあります。(まだまだ十分ではありませんが……)

 今回の「緊急事態宣言発出」であれば、「緊急事態が宣言されました」というように、「発出」という言葉を使わず、意味が伝わるように工夫をします。(基準は放送局で異なります)

 とはいえ、言葉は常に揺れています。最初の「緊急事態宣言」が出されて1年あまり。今回が3回目です。今や「緊急事態宣言」という言葉自体が、多くの人に認知され、市民権を得つつあるのも事実です。このため、それぞれの単語の意味で解釈を行うのではなく、「かたまりの言葉」としてとらえる方がいい、という考え方もあります。近い将来は辞書に「緊急事態宣言」という言葉が、ひとつの「名詞」として、載る時が来るのかもしれません。

 もっとも「緊急事態」は何回も起こってほしくありませんが……。

 言葉は時代とともに変化します。「ことばコトバ」では、そんな言葉の楽しさを紹介しています。

(「ことばコトバ」第3回 ラジオ関西アナウンサー・林真一郎)