デザイナー・コシノヒロコの全貌に迫る「コシノヒロコ展 EX-VISION TO THE FUTURE 未来へ」が兵庫県立美術館で開催されています。緊急事態宣言を受けて、美術館は一時休館となりましたが、5月12日に再開。見どころなどについてコシノヒロコさんに聞きました。

コシノヒロコさん

【コシノ】 60年間クリエイトしてきた全貌を見せるというか、そういう意味では回顧展ではなく『今』通用するような作品を、私のファッションの作品は2000点くらいあるんですが、その中の5分の1くらい、250点、そしてアーティストとしてもやっているので、その中の200点を展示しています。ファッションとアートを同時にというか、アートがありファッションがあるといった1つのプロセスを一挙にみられるといった、おそらく世界で初めての展覧会です。ファッションデザイナーがこうしたアーティストとしての仕事を同時にやっている人は全くいないので……。

――展示室は14あり、それぞれにオノマトペがつけられています。

【コシノ】 「ギャー」とか「ニョキニョキ」など。こどもが見ても、誰が見ても、細かい説明がなくても、何を目指しているのかがわかるような感覚的な言葉をそれぞれの部屋に掲げていて、非常に楽しく、見るだけで元気になれるような展覧会なんです。絵と洋服が一体になっている部屋があったり、カラーばっかりとか、その次の部屋はモノクロ、その次はびっくりするようなニョキニョキって足が300本ぐらい壁から突き出していて……それは長年やってきたデザインのタイツ=ストッキングです。それがアートと一体になっているような……これが皆さんびっくりして腰を抜かすんですよ。そういう面白い仕掛けがあったりとか。

ちょうどコロナ禍で描いていたメルヘン調の絵があるんです。それをそのまま展示するのではなく、動くような立体的な映像にして……その部屋に入ると小鳥や動物たちが飛び出してくるような、ちょうどテーマパークみたいな形で、とても面白いですね。

展示風景「ニョキニョキ」
展示風景「ニョキニョキ」

――この部屋では、子どもの声に合わせ動物たちが動き、「ふしぎな世界」が広がります。そして圧巻というのが最後の部屋。関西フィルハーモニー管弦楽団による「ドビュッシー作曲 牧神の午後への前奏曲」が流れています。

【コシノ】 ファッションの作品の内106点をマネキンに着せ、階段のようなところに展示しています。一見オーケストラみたいな形、演奏者の周りに合唱する人みたいな雰囲気を出していて、真ん中に指揮者。私がデザインした燕尾服をきてタクトを振っています。子どもが美術館に来ると飽きてしまうみたいなことがあるんですけど全然、帰りたくないというような感じで、皆さん元気になってもらえるような展覧会です。

展示風景

――県立美術館によると、「ファッション勉強中」という来場者も多いそうです。

【コシノ】 洋服なんかも、ファッションを志している人からみると、テキスタイルデザインとかカッティングだとか、いろんな色の取り合わせとか、アクセサリー、それに靴など全部。デザインが上から下まで見えて、ファッションショーで見るのとは違い克明に、後ろからも下からも、手に取ってもらっては困るんですけど、手に取って見られるような状態で見られる。会場では細かい説明は一切ないんです。見て感じる世界がまず大切なんです。だから視覚を刺激するということ。後でさらに知りたいと思ったら図録を見ていただいたら、克明にわかります。

――コシノさんの原点がファッションだけではなくアートも、なんですね。

【コシノ】 子どもの頃、非常に物がない時、戦争の時に、私の持つ才能を母がわかって、米ではなくパステルを買ってくれたんです。これがアートに対する気持ちのきっかけになっている。それが今でもあって、アーティストとファッションデザイナーが私の中で混濁しているんですよ(笑)。

――コロナ禍でファッションに対して感じることはなんでしょう?

【コシノ】 緊急事態宣言が延長されて、皆さん気持ちの中でどんどん拘束されたような気持ちになってるんですけど、人間が生きていく中で人の心を大切にしないといけない。それがなければ生きていけない訳ですよね? 人の心は文化というエネルギーがないと生きていけないというのが真実なんです。だからコロナ禍で一番大事なのが文化的なレベルの、人に対する根本的な元気を与えていくということ。もちろん経済も大事だけど、コロナで亡くなる人もいる、自殺者も多い、これは絶対に避けないといけない。そういったことも考えていかないといけない時代に来ているんじゃないかなと思います。

――その中で子どもたちにアートの素晴らしさを伝える活動もされています。

【コシノ】 次の時代を担う子どもたちに対して何を与え教育していくか、そしてその精神をどのように成長させていくかということになれば、基本は文化的な考え方のレベルを大人たちが導いていかないといけない訳ですが、そのようないい環境を作っていくことが大事。そのためには美術館であるとか劇場であるとか、いいものを小さい時にたくさん見せることはとっても大事なこと。生きるための力を与えていくというか、子供の時からきっちりと授けていくことが重要じゃないかと私は思うんです。

子どもだけじゃなくて大人もすべての人たちがコロナを通じて、今の気持ちがふさぎ込んでいるところももっともっと前向きに、未来に対して希望を抱けるような気持になれるような、そういう瞬間を味わっていただきたいと思いますね。そういう形の中でもこの展覧会が非常にお役に立つと、これをやった意味があるんじゃないかと思っています。

コシノヒロコさん

※ラジオ関西『PUSH!』2021年5月19日放送より