アフターヌーン・ティーは英国発祥の上流文化で、紅茶とともにスイーツや軽食を楽しむ習慣のことをいいます。ここ数年、日本でもホテルやレストランのメニューに加えるところが増え、女性客を中心に新たなブームを巻き起こしています。

 そんな中、神戸ポートピアホテルの和テイストの「アフタヌーンティーセット〜NAGOMI(なごみ)〜」がいま注目を集めています。

8692

 まずは準備されているスペシャルティーが種類豊富。紅茶はロイヤルアフタヌーン・アールグレイ、ハーブティーはカモミール・ペパーミント・レモングラス、フルーツティーははちみつレモンジンジャー・ベリーベリーショコラ、それに兵庫母子茶の和紅茶など8種類があり、これらがすべて飲み放題。もちろん、ほかにもコーヒーや日本茶も用意されています。

 3段のティースタンドで運ばれてくるのは、どれも初夏を感じる和スイーツがメイン。新茶の季節ゆえ、抹茶やほうじ茶が随所にアレンジされたメニューが目を引きます。

 イチオシは中段にある「ほうじ茶のクレームブリュレ」。なめらかで濃厚なブリュレに独特の香りと苦みのほうじ茶が見事にコラボ。ヨモギのパウンドケーキも華を添えます。

8693

 上段は抹茶のティラミス・マカロンにフルーツみつ豆というラインナップ。下段は軽食(セイボリー)で、中でも特製プチバーガーがおすすめ。珍しい抹茶のバンズにナンプラーやチリソースで味付けしたミニバーガーは忘れられない味になるでしょう。他にもサーモンマリネや抹茶がけのカマンベールチーズの塩味が、スイーツの合間の口休めにぴったり。これに別添えでスコーンが2種ついています。

8695

 このアフタヌーン・ティーセットは、日本紅茶協会の「おいしい紅茶の店」にも認定されている、ホテル1階のティーラウンジ・ベルクールで楽しめます。優雅で開放感たっぷりのゆったりとした配席。涼しげな水音を聞きながら和スイーツとともに心安らぐ午後を過ごせそうです。

店内

 ちなみにアフタヌーンと言う名前はついてますが、午前11時から午後5時まで利用可能で、6月末まで楽しめます。(税サ込みでおひとり4000円) ご家族や友人と、またはがんばった自分へのご褒美に利用してみてはいかがですか。(羽川英樹)

神戸ポートピアホテル(写真提供:神戸ポートピアホテル)