女子サッカー・WEリーグの秋の開幕に向けて、プレシーズンマッチでは3戦3勝無失点と、着々と準備を進めている、INAC神戸レオネッサ。そのなかでも、試合で存在感を示しているのは、今季の新戦力、GK山下杏也加選手とMF成宮唯選手だ。

 INAC神戸応援番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)5月31日の放送では、直近のプレシーズンマッチ、三菱重工浦和レッズレディース戦をリスナーのメッセージとともに振り返りながら、新チームで躍動する選手たちのプレーにスポットを当てた。

 日テレ・東京ヴェルディベレーザでは幾度もタイトル獲得に貢献し、なでしこジャパンでも実績豊富なGK山下選手。目玉補強どおりの実力を示し、安定したゴールキーピングを披露すれば、チームを熱く鼓舞し続け、若き守備陣をまとめあげている。

GK山下杏也加選手©INAC神戸レオネッサ(井上智博、中辻颯太)

「次元が違う。前に出るタイミングだったり、『入れさせない』というオーラがある。ディフェンスラインの裏を取られても山下選手がいるから大丈夫と思える」と絶賛するのは、同番組パーソナリティーで元Jリーガーの近藤岳登。3試合無失点に大きく貢献したレオネッサの守護神には、早くも全幅の信頼が寄せられている。

 コノミヤスペランツァ大阪高槻、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースを経て、レオネッサの一員となったMF成宮選手。持ち味のスプリント力をピッチで発揮し、チームに活気をもたらしている。「縦横無尽とはまさにこのこと。スプリントで裏を取るタイミングがすごくいい。相手ディフェンスは下がらざるを得ない」と、その推進力はチームの大きな武器にもなっている。一方で「(成宮選手があけた)ギャップに誰かが入ってきて欲しかった」と、彼女の動き出しを活かしきれなかった点について、INAC神戸の今後の課題に挙げた。

MF成宮唯選手 ©INAC神戸レオネッサ(井上智博、中辻颯太)

 高卒ルーキーDF竹重杏歌理選手を3バックの右で抜擢すれば、17歳で2種登録のMF天野紗選手を躊躇なく起用。なでしこリーグ得点王経験のある髙瀬愛実選手を最近プレーしていたサイドバックからFWに再コンバート。中盤のマイスター・杉田妃和選手を前線で使うなど、様々なポジションを試している今のINAC神戸。近藤は、「試合ごとに違う布陣だから、どんな攻撃、ディフェンス、戦術をしてくるか次戦も見どころが満載」と期待を膨らませる。

 また、チームにはうれしい話題が続く。浦和戦ではDF牛島理子選手が、昨年8月の負傷から1年10か月ぶりに実戦復帰を果たしたのだ。番組では牛島選手の復帰を喜ぶメッセージも多数寄せられていた。

 プレシーズンマッチ4戦目となる次戦は、サンフレッチェ広島レジーナ戦が広島広域公園第一球技場で行われる(5日午後2時キックオフ)。

◆INAC神戸初のクラウドファンディングスタート! クラブ創立20周年プロジェクト始動!

 クラブ創立から20年を迎えたINAC神戸が、クラウドファンディングサービス「READYFOR」で、クラブ初のクラウドファンディングプロジェクト「INAC神戸レオネッサ創立20周年クラウドファンディング〜創立20周年リスタートプロジェクト〜」を5月21日(金)午後6時からスタートしている。目標金額は500万円で、支援コースは3,000円〜150万円までの12コース。支援募集期間は6月30日(水)午後11時まで。支援者には金額に応じてグッズや権利などのリターンが用意されている。

 INAC神戸の安本卓史代表取締役社長は、「コロナ禍の中でのWEリーグ開幕(2021年9月)により、例年より5か月長い準備期間を要するため、クラブは非常に厳しい経営状況にあります。しかし、今こそクラブの理念にある『すべては笑顔と感動のために』をもとに歩み続け、初代チャンピオン獲得へチャレンジしたいと考えています。ぜひ、このプロジェクトにご賛同いただけると幸いです。『FOR THE FUTURE』、INAC神戸の未来を一緒に作りましょう」とサポートを呼びかけている。

 詳細についてはクラウドファンディングサイト(https://readyfor.jp/projects/inackobe2021)に掲載されている。

『カンピオーネ!レオネッサ!!』パーソナリティーの赤﨑夏実(左)、寺田光(中央)、近藤岳登(右)