2021年、近畿地方は5月21日に梅雨入りし、1951年の統計開始以来最も早い梅雨入りとなった。そして6月21日は夏至。昼の時間が1年の中で最も長い。雨の季節に加え「夜」の時間も短いこの時期でも、空には無数の星がある。

(画像提供:明石市立天文科学館)

 6月、夕方の西の低い空では、宵の明星=金星が輝き始めるが、日の入りから1時間半もすると太陽を追うように沈んでしまう。

 一方、6月の明け方は、南から南東にかけての空で土星と木星が輝く。

 木星は観望の好機となっていて、上旬は真夜中に東の空から昇り、下旬になると真夜中に南東の空に見える。マイナス2.4〜2.6等と明るい。

木星(提供:明石市立天文科学館)

 木星は太陽系最大の惑星で、太陽の周りを11.86年かけて公転している。高い倍率の望遠鏡を使えば表面の縞模様まで見ることができる。ただ今年は縞模様だけでなく周囲のガリレオ衛星にも目を向けたい。4つの衛星たちが互いに隠したり隠されたりする「相互食」が6年ぶりに起こる。

 木星のガリレオ衛星のうち、イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つは非常に明るく、双眼鏡や小口径の望遠鏡でもはっきりと見ることができる。今回見られる相互食は一方の衛星の影がもう一つの衛星に本影や半影になって投影される現象で、「月食」のようなイメージ。

 12日未明と夜、20日未明にはガニメデの影にイオが入り、18日にはイオの影にエウロパが入る。この「相互食」は今年8月、11月にも見られる。望遠鏡で見るのがおすすめという。

明石市立天文科学館 井上毅館長のTwitterより(2020年12月21日)

 6月27日に極大を迎えるのは、6月うしかい座流星群。6月22日から7月2日ごろにかけて出現する小さな流星群だ。

 明石市立天文科学館の井上毅館長によると、「1998年に突発出現があり、2004年にもまとまった出現がありましたが、その後は観測されていません。いわば『幻の流星群』」とのこと。梅雨の時期と重なっていることもあり、注目されることも少ない。「しかし自然現象は何が起こるかわからない。もし夜、晴れていたら『もしかしたら……』という気持ちで空を眺めてみるといいでしょう。出現しなかったというのも大事な記録。万が一、流星がたくさん見えたらとても貴重な記録になります」(井上館長)。

 このほか6月は、北斗七星からうしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカをたどる「春の大曲線」の周囲には春の星座も楽しめるほか、夏の星座も姿を見せ始める。梅雨の晴れ間は、空気が澄んでいて空がきれいに見える。期待を込めて空を眺めるのもいい。