「お菓子のデパート よしや」を展開している株式会社吉寿屋(本社:大阪府摂津市)が、マスクケースのデザインをより多くの人々にとって身近な存在として感じてほしいと、「マスクケース デザインコンペティション 2021」を開催。その最優秀賞に宮城県の高校3年生の作品が選ばれた。

最優秀賞作品

「日本を元気にするデーPROJECT」の一環として、“デザインの力で日本を元気にする”をコンセプトに行われた「マスクケースデザインコンペティション2021」。30歳以下の若い世代を対象に作品を募ったなか、全国25都道府県から408点の応募作品が集まった。

 吉寿屋をはじめ、このコンテストに協力した大阪芸術大学や応援企業による審査の結果、最優秀賞を受賞したのは、高校3年生の礒部光優さん。このほど、あべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパスで授賞式に臨み、感染症対策が施された会場には親子で参加した。

 高校2年の時からデザインに興味を持ち、かねてからこのようなコンテストに応募してみたかったという磯部さんは、「日本や世界がこんな時期(コロナ禍)なので、普通のものよりもクスッと笑えるユニークなデザインを考えてみた。今後は大学に進学して卒業後パッケージデザインを手掛ける仕事に就きたい」と思いを語っていた。当日の授賞式には生徒の高校の教員もオンラインで参加。コロナで学ぶ機会が減っている学校にとっても貴重な機会になった。

最優秀賞を受賞したのは、高校3年生の礒部光優さん(※撮影時はマスクを外して対応)

 授賞式では、同コンテストの審査委員長で大阪芸術大学デザイン学科長の高橋善丸さん、審査副委員長でOLLDESIGN株式会社代表取締役の大西良典さんが全体の講評を実施。応募作品のレベルの高さ、作者の思いなどが伝わってきたと感想を述べていた。

授賞式の様子
「マスクケース デザインコンペティション 2021」各賞受賞者(※撮影時にマスクを外して対応)

 また、このコンテストを発案し、企画・運営・主催を手掛けた株式会社吉寿屋の神吉一寿社長は「これからの社会は若い世代がいかに元気よく前を向き上を向いて歩いてくれるか、笑いながら生きてくれるかが大事。今回の試みは若いデザイナーの卵たちの大きな励みになってくれればうれしい。これからも次々と新しい取り組みを展開したい。みんなで頑張りましょう!!」と、今回のコンテストに関わった人々に感謝していた。

株式会社吉寿屋の神吉一寿社長

 なお、受賞作品のなかから8作品が商品化され、新大阪駅のキオスクなどでお土産として販売される予定だという。

最優秀作品とともに写真におさまる、株式会社吉寿屋の神吉一寿社長(※撮影時にマスクを外して対応)

(取材・文 黒川良彦)

◆「マスクケース デザインコンペティション 2021」プロジェクト応援企業(順不同)

ぼんち株式会社、株式会社松岡製菓、三河屋製菓株式会社、パイン株式会社、中野物産株式会社、株式会社乃が美ホールディングス、株式会社鳥貴族ホールディングス、千房ホールディングス株式会社、株式会社吉寿屋、株式会社マルエス、丸和運輸株式会社、株式会社やおきん、コリス株式会社、フルタ製菓株式会社、三和実業株式会社(カフェ英國屋)、株式会社王宮、株式会社マスヤ、坂金製菓株式会社、春日井製菓株式会社、株式会社おやつカンパニー、株式会社ギンビス、山脇製菓株式会社、カンロ株式会社、株式会社でん六、株式会社栗山米菓、セイカ食品株式会社、株式会社DMM RESORTS、明治産業株式会社、株式会社ウインズジャパン(博多豚骨ラーメン専門店「博多一幸舎」)、ヒューマンプランニング株式会社(大阪エヴェッサ)、株式会社テラオカ関西

優秀作品
準優秀作品
準優秀作品
準優秀作品
準優秀作品
準優秀作品