明石市で「市民夏まつり・花火大会」の見物客11人が死亡、247人が重軽傷を負ったJR朝霧駅の歩道橋事故から20年となった21日、遺族らが現場を訪れて犠牲者を追悼した。事故現場となった歩道橋には遺族らが歩道橋に設けられた慰霊碑「想(おもい)の像」の前に花を手向け黙とうした。

「想いの像」に花を手向け合掌する遺族
「想いの像」に花を手向け合掌する遺族

 当時2歳だった次男・智仁ちゃんを亡くした神戸市垂水区の下村誠治さんはラジオ関西の取材に対し「20年前のこの日、息子を連れてきた私が助けられず『申し訳ない』という思い、これは変わらない。最近、特に自然災害の恐ろしさを思い知らされることも多いし、新型コロナウイルスの感染拡大についても、人々が安心で安全な生活をするためにはどうすればいいのか、事故直後から『ここ(事故現場の歩道橋)に置いてきた時間』があるが、20年が過ぎ、優しさやいたわりを持って生きてきたかを問いたい。風化は仕方ないかも知れないが、安心・安全という文化は残すことはできる」と話した。

下村誠治さん「やはりこの場所を訪れるのは辛い、苦しい」
下村誠治さん「やはりこの場所を訪れるのは辛い、苦しい」

 その一方で「やはりこの場所へ足を踏み入れるのは辛い、きつい。事故が起きた夏が近づくとPTSD(心的外傷後ストレス障害)が襲う。胸がつかえるというのかな。前へかがまないと気持ちが落ち着かなくなる。助けてやれなかった智仁に、あの世で会って『申し訳ない』と謝って、許してもらえるのだろうか。そうしたことを思いながら、優しさがある社会になってほしくて事故の教訓と、安全について語り続けたい」と語った。

大蔵海岸 事故が起きた歩道橋から見渡せる
大蔵海岸 事故が起きた歩道橋から見渡せる

 明石市ではこの事故を境に、2002年以降、市が主催や後援をする花火大会は開催されていない。下村さんは「花火大会自体が悪いのではない。あの事の原因は警備計画のずさんさと当日の警備体制の手薄さだった。最近心配なのは、明石の子どもたちがコロナ禍で楽しむ場所や笑顔になれる場がないこと。こんな時だからこそ、花火大会など楽しいイベントを求める声が挙がっても当然だと思う。コロナ収束を願いつつ、安全対策に留意して開催できる日が来るのを待っている」と訴えかける。

■「怒りと敵対」から「やさしさと思いやり」へ

「いつまでも語り続ける、発信することが大切」下村さんは全国各地で発信する
「いつまでも語り続ける、発信することが大切」下村さんは全国各地で発信する

 「暑いなかごくろうさま。まず、ペットボトルの水を飲ませてな。皆さんもお持ちの水をひと口飲んで」。下村さんは21日午前、明石市の入庁1年目の職員20人に向けて「安全とは」という題で、事故現場のJR朝霧駅歩道橋で講義した。若い職員らの緊張をほぐすためだと言うが、下村さんはある人に何気なく掛けられた一言が忘れられないという。

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)で1991年に起きた信楽高原鉄道事故の遺族と出会う。明石歩道橋事故のちょうど10年前に信楽の事故は起きた。下村さんが事故後、何をどうしたらいいのかわからない、食事も喉を通らない、憔悴(しょうすい)した日々を送っていた時、ある会合に顔を出した。緊張気味の下村さんに「まあ、弁当でも食べて落ち着いて。食べて体力をつけないと戦えない。話はそれから」。下村さんはそういった趣旨だったと記憶する。「胸につかえていた何かがスーッと抜けた」。下村さんはその後、裁判や講演会などで遺族の思いを積極的に発信、大規模事故の被害者支援制度が十分ではないと感じた。国土交通省の「公共交通事故被害者支援室」の設置にも関わる。そして信楽鉄道事故の遺族らが事故調査の充実を目指して設立した民間団体「鉄道安全推進会議」(TASK)の共同代表にも就いた(TASKは2019年解散)。

「さよならの花火」市民有志によるレクイエム
「さよならの花火」市民有志によるレクイエム

■泉 房穂・明石市長「市民の命を守るため、真摯に向き合う」これが責務

深々と頭を下げ献花、手を合わせる泉 房穂・明石市長ら市幹部
深々と頭を下げ献花、手を合わせる泉 房穂・明石市長ら市幹部

 当時、一般市民として事故現場近くに居合わせた明石市の泉 房穂市長も献花に訪れ「まさにこの歩道橋の真下で、あの惨状を見た。『人が息をしていない』と助けを求める声、うめき声や鳴り響く救急車のサイレンの音…こんなことが起きるなんて信じられなかった。あれから20年、この事故は防げたという気持ちは変わらない。行政をつかさどる私たちが、市民の命を守るためどれだけ真摯に向き合えるか、ご遺族の思いに終わりがないように、明石市の責任にも終わりがない」と改めて気を引き締めた。

今後の行政の責務を誓う泉 房穂明石市長(左)と遺族の下村誠治さん
今後の行政の責務を誓う泉 房穂明石市長(左)と遺族の下村誠治さん

・・・・・・・・・

 歩道橋事故をめぐっては、業務上過失致死傷容疑について神戸地検に4度不起訴とされた兵庫県警・明石署元副署長が、処分は不当と訴える遺族の検察審査会への申し立てや検察審査会法改正を経て、全国で初めて強制起訴された。だがこの裁判では公訴時効成立による「免訴」判決が確定し、実質無罪という結末となった。

2013年2月、神戸地裁は強制起訴された元・明石署副署長に公訴時効が成立しているとして、有罪か無罪かを判断せずに裁判を打ち切る「免訴」の判決を言い渡した(2016年7月に最高裁で確定)
2013年2月、神戸地裁は強制起訴された元・明石署副署長に公訴時効が成立しているとして、有罪か無罪かを判断せずに裁判を打ち切る「免訴」の判決を言い渡した(2016年7月に最高裁で確定)

 下村さんは「刑事司法が開けた」という期待と「刑事司法の限界」もこの20年で感じたという。神戸地裁で開かれた公判、元副署長への被告人質問で真実を知りたいと願った下村さん。しかし明確な証言が得られず、憤った。この頃から、刑事裁判という形ではなく「いかに事故を風化せずに語り継ぐか、事故を起こした当事者が取り組みを続けることが再発防止につながる」と訴えるようになった。そして加害責任のある明石市とともに、安全とは何か、ともに問い続けている。

「想いの像」犠牲となった11人の氏名が刻まれている
「想いの像」犠牲となった11人の氏名が刻まれている