新型コロナウイルス緊急事態宣言が20日、13都府県に拡大した。まん延防止等重点措置も16道県に広がり、行動制限の強化は計29都道府県、全人口の約84%に。爆発的な感染拡大が止まらず、患者の急増で医療体制は危機的な状況が続く。政府は宣言解除の判断の根拠とする指標見直しを検討するが、出口は見えない。

緊急事態宣言 近畿では兵庫・京都が新たに20日から、大阪は延長され、いずれも9月12日まで<写真は神戸市内>
緊急事態宣言 近畿では兵庫・京都が新たに20日から、大阪は延長され、いずれも9月12日まで<写真は神戸市内>

 兵庫県は20日、新たに907人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの新規感染者数は3日ぶりに1000人を下回ったが、18日の1088人、19日の1072人に続き3番目の多さとなった。近畿では兵庫県と京都府が、20日から4度目の緊急事態宣言期間に入った。9月12日まで、大阪府とともに3府県が宣言下に入る。

オンライン全国知事会 斎藤知事「自粛疲れを払拭、明るい出口が見える戦略を」
オンライン全国知事会 斎藤知事「自粛疲れを払拭、明るい出口が見える戦略を」
全国知事会・新型コロナウイルス緊急対策本部会議でロードマップを示す斎藤・兵庫県知事(中段右端)
全国知事会・新型コロナウイルス緊急対策本部会議でロードマップを示す斎藤・兵庫県知事(中段右端)

 斎藤元彦知事は20日、全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部会議にオンラインに参加。斎藤知事は4度目の緊急事態宣言の期間が始まり、昨日までの2日間、新規感染者が2日連続で1000人を超えたことに触れ、「極めて厳しい局面、1人1人が自分の身を守ること、人流を半減させるなど行動を変えることで、医療崩壊を防ぐことができる。社会全体のためにも今が踏ん張り時だ」と述べた。

斎藤・兵庫県知事「今が踏ん張りどころ」2021年・下期のロードマップを示す<2021年8月20日・兵庫県庁>
斎藤・兵庫県知事「今が踏ん張りどころ」2021年・下期のロードマップを示す<2021年8月20日・兵庫県庁>

 さらに「県民の自粛疲れが叫ばれる中、今回の宣言で何が重要なのかという観点が求められる」と述べ、コロナ感染による重症化を防ぐとされる『抗体カクテル療法』を県立病院の協力を仰ぎ、具体的に進めるためにも供給量の増加を求めたい」と要望した。

 またワクチンについて「市町の接種を進めるに当たり、国からの供給量が不足している。要望を続けていくことが大事だ」と述べた。若者の接種率の低さを挙げ、若者のワクチン接種率の低さについては、副反応やインターネットの情報の不安が懸念されていると指摘、その払拭を急ぐとした。

 そして国に、あらためて「この先の姿を早く示していただきたい」と述べ、出口戦略やその他の実効力ある対応を求めた。

若者のワクチン接種率上昇、「抗体カクテル療法」推進の重要性を強調<2021年8月20日・兵庫県庁>
若者のワクチン接種率上昇、「抗体カクテル療法」推進の重要性を強調<2021年8月20日・兵庫県庁>

■関西3府県で学校の始業式の対応わかれる…10代の感染増加踏まえ

 10代の感染者が増加傾向にあることを踏まえ、夏休み明けの学校運営に関して斎藤知事は全国知事会後、報道陣の取材に「通常通り始業することになるが、その上でどう感染を防止するか、早急に協議して示したい」と強調した。県教育委員会は宣言期間中の学校の修学旅行など県外活動について、計画済みの場合を除いて原則中止を求めている。感染者の増加が続く大阪府も、学校の一斉休校は当面しない方針だが、兵庫県と同じく20日から宣言の対象となった京都府は、府立高校の夏休み明けの始業日を30日に遅らせるという。