社会人として活躍する先輩たちは、いったいどんな就職活動を経験し、今日に至るのか。先輩社会人ロールモデルが、ラジオ番組でその実体験を語った。

 ラジオ関西『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』8月20日の放送では、先輩社会人ロールモデルや就活中の学生をゲストに迎える「就活レディGO!」のコーナーに、カーエレクトロニクスメーカーの株式会社デンソーテン(神戸市兵庫区)から迎諒さんと梶山彩美さんが登場。番組パーソナリティーのネイビーズアフロ(みながわ、はじり)と津田明日香アナウンサー(ラジオ関西)を交えて、就活トークを展開した。

 1920年に創立した川西機械製作所を源流に、神戸工業株式会社→富士通株式会社→富士通テン株式会社を経て、2017年に株式会社デンソーテンとなった同社。昨年、創業から数えて100年という節目を迎えた兵庫を代表する会社の1つで、主に通信型ドライブレコーダーやAIを活用したタクシー配車システム、ディスプレイオーディオ、ハイブリッド自動車の電子制御装置などの開発、販売を行っている。

デンソーテン社屋(提供:株式会社デンソーテン)
MaaSのイメージ図(提供:株式会社デンソーテン)

 同社のコネクティッド事業本部ICT技術部に所属し、「クルマとセンター(クラウド)を結ぶ(コネクトする)部署」で働く、迎さん。「情報とクルマと人をつなぐ仕組み、基盤やサーバーの構築」を担っている。

 ただし、学生時代はプログラミングやWEBシステムの研究開発を行っていたため、「いま会社でやっていることとは(分野が)全然違う」とのこと。「当時は動くモノを作りたいと思っていたが、デンソーテンではお客様に提供するサービスを安定的に途切れさせることなく稼働させていく運用や保守が大切。それは社会人になってから分かったことのなので新鮮だった」。いまは「いろんな分野のエキスパートの集団で、刺激を受け、尊敬できる先輩がたくさんいる」同社で日々、業務に邁進している。

 その迎さんが就活で苦労したのは、自己分析。

「あまり自分に興味を持たずに生きてきたので『何が好き?』『理想な自分像は?』といったことを考えることがなかなかできなかった」
「学生時代は、バンド活動ばかりやっていたため、他の方とどう合わせるかや、自分の音がバンドの中でどう混ざり合うかばかりを考え、自分のことを考えるより、他の方のことばかり考えていた」

 それでも、自らを再認識するきっかけになったのは、就活担当教授からの一言だった。

「自己への興味より他者への興味がある私に、『君は人を楽しませることが好きなんだね、エンターテインメントな仕事につけるといいね』と言われたことに納得し、自分自身のことを気づかされた」

株式会社デンソーテンの迎諒さんと梶山彩美さん

 就活を経て、デンソーテンに入社する決め手となったのは、1週間のインターンシップ。「世界初や業界初でモビリティとエンターテインメントを掛け合わせた商品作りをしていることがよく分かった。またお昼や休憩時間に先輩とお話したことで会社の雰囲気も知ることができた」ことで入社への思いを一層強くし、今に至る。

 そんな迎さんは先輩社会人の1人として、就活生にエールをおくる。キーワードは「遊び」。「『もういい!』というくらいに遊ぶこと! 社会人になると、学生のときみたいに何も気にすることなく遊べることがなくなるもの。遊ぶことこそ今の仕事だというくらいに遊んでおいてほしい。その経験もきっと社会に出るといきるはずだと思うので」と、日常を楽しむ大切さを説いていた。

 最後に、デンソーテンが採用の際に重視していることについて、人事担当の梶山さんは次のように述べる。

「自主自立型の人材として、自ら学んで自ら行動に移せる方を求めているが、最近ではもう1つ、『変化にどれだけ対応できるか』も大きなポイントになっている。今後、“モノからコトに”転換していくなか、クルマ自体が自動運転や環境に優しい製品が出てきたり、大きく変化しようとしたりしている。これまでの既成概念にとらわれず、新しいことを吸収し、それをアウトプットできる方を求めている」

デンソーテンが掲げる「VISION2030」(提供:株式会社デンソーテン)
株式会社デンソーテンの迎諒さんと梶山彩美さん。後方左から、ラジオ関西の津田明日香アナウンサーと、ネイビーズアフロ(みながわ=中央、はじり=右)
番組写真
ネイビーズアフロ(みながわ=中央、はじり=右)とラジオ関西の津田明日香アナウンサー(左)