日本初の女子プロサッカーリーグ、「WEリーグ」が9月12日に開幕。そのオープニングゲームで、INAC神戸レオネッサは大宮アルディージャVENTUSに5-0と大勝。ホーム・ノエビアスタジアム神戸に4123人の観客が集ったなか、最高の船出を飾った。

 近藤岳登、赤﨑夏実、寺田光がパーソナリティーを務めるINAC神戸レオネッサ応援番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)の9月13日放送回では、サポーターのメッセージとともに、今回の記念すべきWEリーグ開幕戦を振り返った。

 午前10時1分キックオフ、WEリーグ最初の試合で、開始早々にファーストゴールを記録するなど2得点した元日本女子代表(なでしこジャパン)FW髙瀬愛実選手の活躍も目を見張るものがあった。ただ、もう1人、この試合でサッカーファンやメディアの目をくぎ付けにしたのが、次代のなでしこ候補、17歳のFW浜野まいか選手だ。

INAC神戸のFW浜野まいか選手 ©INAC神戸レオネッサ

 7日に報道陣に公開された練習で別メニュー調整だったエースFW田中美南選手が、開幕戦ではメンバー外に。そのなかで、大事な初戦に抜擢された、浜野選手。今年8月にセレッソ大阪堺レディースから加入したスピードが特長のアタッカーは、この試合で最初のボールタッチ=キックオフを行うと、「ドキドキでいっぱいだったが、タカさん(髙瀬)が1点目をとってくれたので、そのまま楽しくプレーできた」と、前半からエンジン全開。

 12分、左サイドのMF杉田妃和選手の折り返しに右足をあわせて初得点を決めると、41分にはゴール前に飛び込んだ際に相手のオウンゴールを誘い、45分には杉田選手の左クロスにヘディングであわせて、この日2点目。後半もチャンスに多く絡み、WEリーグ初のハットトリックこそならなかったが、この試合最多の7本のシュートを放った背番号23は、鮮烈なプロデビューを飾った。

 番組では、浜野選手のコメントにも注目。試合後会見でプロデビューの気持ちを聞かれた際、「スタジアムに入るとき、火みたいなものがパーっとなっていて、熱くないのとか驚きました……」と演出の花火に驚いた感想を述べたり、「(髙瀬選手が)試合前に背中をおもいきり叩いてくれて、“ビクっ”となりました。気合いが入りすぎていたので、緊張が少しはほぐれたかなと思う」という、17歳の素直で飾らない発言に、「なんてかわいいんだろう!」と番組パーソナリティー陣は無垢な高校生WEリーガーのキャラクターに驚嘆。同世代で、女子高生のパーソナリティー、15歳の寺田光は「いい意味で、年下に見えるくらいかわいい」と述べるとともに、「試合中は、インタビューのときと別人と思えるくらいかっこいい! ギラギラとしていた。でも、試合が終わったらかわいくて、試合中(のプレー)は『虎』、試合後(のキャラクター)は『猫』という感じ」と、独特の言い回しで浜野選手のよさを表現していた。

17歳らしい無垢なスマイル! INAC神戸のFW浜野まいか選手(Photo by T.MAEDA)
番組パーソナリティーの寺田光も、浜野選手の活躍に大興奮!

 元Jリーガーの近藤も、浜野選手について、「ボールが集まってくるのがすごい。緊張していたり硬かったり、ゲームにちゃんと入れていないと、相手の方が一歩早かったりしてパスが出しにくいもの。でも、(浜野選手は)全然そんなことがなかった。あれはすごい! 欲を言えば、ハットトリックして欲しかったな……(ゴールを取れる)匂いもあったな」と絶賛。サポーターからも「半端なくすごかった!」「とてつもない選手が表れましたね! インタビューのかわいらしさも絶品!」など称賛メールが続々と届けば、この試合でスタジアムDJを務めていた赤崎も「浜野選手の目指すプレーは(リオネル・)メッシ選手ですから、メッシみたいになってほしいな!」と、ニューヒロインのさらなる飛躍に期待を込めた。

 番組では、もう1人、この試合の影のMVPといえる活躍を見せたMF成宮唯選手についても触れた。試合後の会見で星川敬監督から「成宮ありき」という言葉も飛び出すなど、いまやINAC神戸のキーマンとなっている今季新加入の17番について、「これまで、少し動き過ぎが気になるところがあったが、成宮選手のすごさを過小評価というか分かっていなかったかもしれない。(飛び出しの)タイミングも抜群だし、どこにでもいる。すごいな……。動き過ぎとかのスケールじゃなかった感じがある!」と近藤は自らの考えを改めた。

 また、近藤は、地上波放送の解説を担当し、現役時代には成宮選手と同じチームでプレーした経験を持つ元なでしこジャパンFW(現タレント)の丸山桂里奈と、試合後に電話で話したエピソードも明かした。そのなかで、丸山は成宮選手について「めちゃくちゃ上手くなっていた。昔は、ひとりでボールを持って、ひとりでドリブルして、ひとりで取られて、シュートもバンバン外して下手だったけど、開幕戦はすごかった! ただ、シュートは前から下手だったけどね(笑)」と、独特な表現で称えつつ、ポストにあたってファーストゴール未遂に終わった成宮選手のシュートにもツッコミ。それを受けて赤﨑は、「(成宮選手)がインスタグラムに『シュート練習します』って書いていましたよ!」とすかさずフォローを入れていた。

INAC神戸のMF成宮唯選手(Photo by T.MAEDA)

 一方、INAC神戸から今季、大宮Vへ移籍し、この開幕戦で神戸に凱旋した元なでしこジャパンDF鮫島彩選手の話題も紹介。試合後に足を痛めていた様子だったことについて、近藤は旧知の鮫島選手に連絡したところ「大変なケガというレベルではないので大丈夫だと思います」と本人がメッセージを返してくれたとオンエアで報告した。

 INAC神戸は第2節に試合が組まれておらず、「WE ACTION DAY」としてWEリーグ理念推進活動を行う。次の試合は第3節、9月26日(日)にジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦予定。なお、ノエビアスタジアム神戸のピッチコンディション回復を理由に、会場が大阪府堺市のJ-GREEN堺S1メインフィールドに変更となっている。キックオフは午後1時。

左から赤﨑夏実、寺田光、近藤岳登(写真:ラジオ関西)