2021年7〜8月のマリンレジャーシーズン期間中、近畿・四国での水上オートバイの事故が大幅に増加、14隻にのぼった(昨年同期比+11隻・人身事故は2人)。

 また、プレジャーボートなどの小型船舶の事故を含めると69隻となった(+4隻) 。なお死者は6人(+1人)、負傷者は27人(+3人)。

 近畿・四国の7府県(兵庫・大阪・奈良・和歌山・滋賀・徳島・高知)の海を管轄する第五管区海上保安本部によると、 事故増加の原因として梅雨明けが昨年(2020年)より 10 日以上早く、天候に恵まれたため、マリンレジャー活動が活発になったことが挙げられるという。

・・・・・・・・・・・

■7月21日、兵庫県明石市沖で、同じグループで水上オートバイ2隻を航行していたところ、このうち1隻が急に針路を変えたため、もう一方に衝突した。仲間の水上オートバイの位置を把握しないまま 、急に針路変更したために起きたとみられ、2隻の操縦者は、それぞれ首を骨折するなどした。

前方が破損した水上オートバイ<2021年7月 兵庫県明石沖>
前方が破損した水上オートバイ<2021年7月 兵庫県明石沖>

■8月27日、兵庫県明石市沖で遊漁船(15 人乗船)とプレジャーボート(2人乗船)が衝突した。プレジャーボートは転覆し、その後沈没した。プレジャーボートの操船者は、近づいてくる遊漁船に気づいていたが「避けてくれるだろう」と油断して、釣りを続けていたという。また遊漁船の船長はGPS(衛星利用測位システム)の画面を注視するあまり、目前のプレジャーボートの存在に気付かなかったのが原因とみられる。

衝突した遊漁船<2021年8月 兵庫県明石市>
衝突した遊漁船<2021年8月 兵庫県明石市>

・・・・・・・・・・・

破損し、漂流する水上オートバイ<2021年9月 兵庫県淡路市>
破損し、漂流する水上オートバイ<2021年9月 兵庫県淡路市>

 9月15日には淡路島・岩屋沖(兵庫県淡路市)で消波ブロックに衝突したとみられる水上オートバイに乗っていた男女3人が死亡した事故が起きた。神戸海上保安部によると、3人はいずれもライフジャケットを身に着けていたが、水上バイクの損傷の様子や目撃情報から猛スピードで航行していた可能性もあるという。

 ※記事中画像、データ、グラフは第五管区海上保安本部提供