女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)で、「リスナーにバレーボールをより深く知ってほしい」「よりバレーボールを楽しめるように」と、新コーナー『バレーボールトリビア』がスタートした。

 パーソナリティーを務めるのは菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)。

 今回のトリビアのテーマは『背番号の決め方』。

 背番号の前に、コートポジションと役割としてのポジションについて理解する必要がある。

 バレーボールには、背番号とは別にコートポジションにも“番号”がついている。バレー独特のルールとして『ローテーション』があり、プレーヤーがコート上を順番に回っていくため、コートポジションとは『そのコートにおける位置番号』という意味になる。後衛ライト位置から1番、そこから反時計回りに2〜6番と順番が割り振られていき、この番号順でサーブを行う。ちなみにローテーションは時計回りでまわっていく。コートポジションとはあくまで『コート位置』を示す番号になる。

『どのようなプレーをする選手なのか』という役割としてのポジションについては、5つ存在する。

 まずは「アウトサイドヒッター(OH)」。攻守両方こなすオールラウンダーで、チームの要となる。ヴィクトリーナだとキャプテンの貞包里穂選手(背番号1)や松本愛希穂選手(背番号15)、孫田菜奈選手(背番号12)がこのポジションになる。

 続いて「ミドルブロッカー(MB)」は、主に前衛中央で攻撃やブロックをする。ヴィクトリーナでは長野有紗選手(背番号5)や荒谷栞選手(背番号11)、佐々木千紘選手(背番号14)らがミドルブロッカーとして活躍している。「身長が高いというのはもちろんですし一番ブロックが得意な選手、また速攻などの速い攻撃が打てる選手はミドルブロッカーを任されることが多いですね」とパーソナリティーの菅原。

 次に「オポジット(OP)」は、セッターの対角に配置されるポジションで、攻撃に特化した役割を持ち、前衛でも後衛でも常に攻撃に参加する。別名「スーパーエース」とも呼ばれている。ヴィクトリーナでは、チームの昨シーズン得点トップでサウスポーの田中咲希選手(背番号13)が、この役割を担うことが多い。

 続いて「セッター(S)」は、味方にスパイクをさせるためにトスをし、ゲームメイクをしていくチームの司令塔。櫻井美樹選手(背番号2)に堀込奈央選手(背番号7)、清田萌選手(背番号17)が同ポジションにいる。

 最後に「リベロ(L)」は、守備の専門で後衛のポジションのみプレー可能。攻撃・ブロック・サーブには参加できない。コート内で一人だけ違うユニフォームを着用している。ヴィクトリーナのリベロとしては花井萌里選手(背番号4)と福井愛加選手(背番号19)がいる。パーソナリティーの佐藤も「ヴィクトリーナのリベロは何が何でもボールをつないでくれるという、安心感があるよね」と話した。

 そして本題の『背番号の決め方』は、結論から言えば、基本的に自由に決められるという(※日本バレーボール協会の規定では6人制バレーボールの場合、競技者番号《背番号》 は1〜20番、ただしやむを得ない場合は1〜99までと決められている)。⼀般的には、エースナンバーとして1番や4番が使われることが多い。サーブ順の割り当てで、前衛レフトの4番位置にエースが入ることが多いため、エースナンバーとして広まっていったようだ。

 ちなみにヴィクトリーナでの背番号の決め方は「基本的に自由ですね。自分の好きな番号とか」と菅原。「もし重なっちゃったらどうするの? じゃんけん?」と尋ねる佐藤に、「それはもう……殴り合いの喧嘩です(笑)」と冗談を交えながら、かつて選手だった菅原が答えていた。

 そんな菅原の現役時代の背番号は「16番」。新人選手は後ろの番号を順番につけることが多く、2年目くらいから選手の入れ替わりなどもあり、また新たに決めていくという。ミドルブロッカー・大元朱菜選手は現在3番だが、当初は15番をつけていた。

 V1リーグ開幕に向けて、ヴィクトリーナ姫路公式ホームページの選手紹介ページも一新される予定とか。10月15日の開幕まで1か月を切ったなか、「どうしてこの番号なのか?」と考えつつ、新シーズンのスタートや、新生ヴィクトリーナの戦いを楽しみにしたいものだ。

※ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』2021年9月13日放送回より

『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来(左)と、佐藤りな