岡山県久米南町と兵庫県宍粟市が共同で、両市町の魅力や空き家などを紹介する、移住・定住に関するオンライン説明会を行う。

 10月3日(日)午後1時30分から、オンライン会議システム「zoom」を使って開催されるのは、「家で見れる・聞ける・知れる『空き家見学オンラインツアー』」。

 農業を主要産業とし、ブドウをはじめ多くの新規就農者が移住している、岡山県久米南町。日本棚田百選認定の棚田が2か所あり、棚田では普段、農業体験なども実施している。また、法然上人生誕の地「誕生寺」など、自然と文化の町でもある。その他にも移住者によるカフェや民宿もあり、移住支援にも取り組んでいる。

岡山県久米南町(誕生寺イチョウ)(提供:岡山県県民生活部 中山間・地域振興課)
岡山県久米南町(棚田)(提供:岡山県県民生活部 中山間・地域振興課)

 一方、兵庫県宍粟市は、兵庫県で2番目に広い面積を誇り、県下最高峰の氷ノ山をはじめ、その大部分を山地。赤西渓谷などの水の景勝地も広がり、ハイキングコースも充実している。冬はスキー、夏はキャンプと、自然を体感できるまちでもある。

兵庫県宍粟市(最上山もみじのライトアップ)(提供:岡山県県民生活部 中山間・地域振興課)
兵庫県宍粟市(新緑の赤西渓谷)(提供:岡山県県民生活部 中山間・地域振興課)

 今回のオンラインツアーでは、岡山県久米南町と兵庫県宍粟市の合計4件の空き家見学と市町担当者との意見交換を行い、移住や空き家について知ることができる内容となっている。

 職員などが事前に街の様子や空き家を撮影。現地の様子が少しでも伝わるように参加者へは事前にパンフレットなども届くとのこと。質疑応答の時間もあり、オンラインツアー終了後の午後3時から、希望者には個別相談にも対応するという。

「家で見れる・聞ける・知れる『空き家見学オンラインツアー』」は、10月3日(日)午後1時30分から午後3時までの開催で、予約制。申し込みは、岡山県移住ポータルサイト「おかやま晴れの国ぐらし」内、「兵庫県・岡山県合同空き家見学オンラインツアー」のぺージから申し込みフォームを通じて可能。電話での問い合わせは、岡山県中山間・地域振興課(086-226-7862)まで。

(提供:岡山県県民生活部 中山間・地域振興課)

 なお、岡山県では、今回のツアーの他に、移住イベントを開催している。移住に関する詳細は岡山県移住ポータルサイト「おかやま晴れの国ぐらし」に掲載されている。