女子サッカー・WEリーグのINAC神戸レオネッサを応援するラジオ番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)。9月20日放送回では、元Jリーガー近藤岳登、“関西の朝の顔”赤﨑夏実の番組パーソナリティー2人が、WEリーグファン獲得に向けてトークを展開した。

『カンピオーネ!レオネッサ!!』パーソナリティーの赤﨑夏実(左)と近藤岳登

 近藤は、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の主軸の1人、日テレ・東京ヴェルディベレーザDF清水梨紗選手とDAZNのインスタライブを実施。そのエピソードから、メディア露出の必要性を熱く説いた。

「INAC神戸の選手も、シンプルにもっとメディアに出ていった方がいい。テレビとかに露出するとやっぱりみんな『1回見てみよう』となる。あとは選手や会場がどれだけ盛り上げられるかが勝負だから、まずは足を運んでもらって生で見ることが大事。そのチャンスがWEリーガーにはある!」

 特にインスタライブなどのSNSライブ配信について、「素の部分が出るから親近感も湧く。なっちゃん(赤﨑)が感じたように、例えば『え! 選手ってこんなに小さいんだ』『こんなにかわいらしい一面があるんだ!』といった新しい気づきがあると『応援しよう』と思ってもらえるから。もっとメディアに出てほしいな、知ってもらいたい!」と日頃からの発信の必要性をアピールした。

赤﨑夏実
近藤岳登

 しかし途中から、話はあやしい方向に……。

「清水選手とルームフレグランスの話をしたときに『めっちゃいい匂いなんです、使ってます!』と言われたら、急に匂いを嗅いでみたいって思っちゃうじゃん!」と発言した近藤に、赤﨑はドン引き……。

「今のはシンプルに気持ち悪いわ!」と自省しながらも「男性って(新たな一面を見れると)一気に距離が近づくの。俺の匂い知りたくない?」と迫る近藤に対し、「知りたくない」と赤崎は一喝。「え!? おかしいな……」と、近藤は迷走し続けた。

 それでも、「素の部分や、小さなことでも(発信してくれると)テンションが上がってファンが喜んでくれることがたくさんあるから、INAC神戸の選手にもジャブをどんどん打っていってほしいと思いました」と、何とかまとめた近藤。赤崎も「キャラが面白い選手がいっぱいいるので、もっとしゃべって欲しいですね。番組にも来て欲しい!」とゲスト出演に期待を込めた。