新型コロナウイルス・感染拡大第5波による新規感染者数は急激な減少傾向にある中、関西の鉄道各社は2021年秋までに、大幅な運行本数の削減に踏み切った。テレワークや時差通勤などの浸透で、鉄道各社の収益が悪化したのが主な理由とみられる。

JR大阪駅改札
JR大阪駅改札

 JR西日本は、10月2日から昼間帯を中心に1日あたり127本の電車を削減する。大幅なダイヤ改正は春が通例で、秋の実施は2006年以来15年ぶり。来春も全線・全時間帯を対象に見直す。対象となったのは乗車率5〜20%の列車。京阪神エリアの減便は、京都線・神戸線・琵琶湖線・大和路線など。

JR西日本 2021年秋・列車ダイヤ見直し(昼間時間帯)<※画像提供・JR西日本近畿統括本部>
JR西日本 2021年秋・列車ダイヤ見直し(昼間時間帯)<※画像提供・JR西日本近畿統括本部>

 JR西日本は、10月2日から昼間帯を中心に1日あたり127本の電車を削減する。大幅なダイヤ改正は春が通例で、秋の実施は2006年以来15年ぶり。来春も全線・全時間帯を対象に見直す。

 対象となったのは乗車率5〜20%の列車。京阪神エリアの減便は、京都線、神戸線、琵琶湖線、大和路線など。

JR大阪駅
JR大阪駅
JR三ノ宮駅
JR三ノ宮駅

▼JR神戸線・須磨〜西明石間で土日祝の午前、普通毎時8本→4本
▼山陽本線・姫路〜網干間の日中、毎時4本→3本 網干〜上郡間で毎時2本→1本
▼赤穂線・相生〜播州赤穂間の日中、毎時2本→1本
▼JR京都線・高槻〜京都間で土日祝の日中、毎時8本→4本
▼琵琶湖線・米原〜長浜間で日中、毎時2本→1本

・・・・・・・・・・・・・

京阪・8000系「ライナー」
京阪・8000系「ライナー」<※画像提供・京阪電気鉄道>

 京阪電鉄は9月25日から、終電を20分程度繰り上げ、1日の電車の本数を最大で2割減らす大幅なダイヤ改正を行った。京阪によると、運行本数の削減幅は過去最大。コロナ感染拡大前と比べて利用者が4割少なくなった昼間時間帯を中心に減便。車内の密集状態を避けるため、コロナ禍で空間の快適さや密を避けるニーズが高まる有料の座席指定車両(プレミアムカー)や全席指定列車(ライナー)を充実させるという。

京阪・3000系プレミアムカー
京阪・3000系プレミアムカー<※画像提供・京阪電気鉄道>
京阪・8000系プレミアムカー
京阪・8000系プレミアムカー<※画像提供・京阪電気鉄道>

▼京都・出町柳発淀行き終電は、従来より13分前倒しして午前0時6分に
▼大阪・淀屋橋発、萱島行きの終電が、午前0時22分から20分繰り上がり午前0時2分に
▼宇治線・中書島発宇治行き終電は21分早めて午後11時58分に
▼石山坂本線(坂本比叡山口〜石山寺)でも、昼間帯の一部の運行を取りやめに。2021年冬には、沿線の中学・高校の長期休暇中に通学時間帯の列車を間引く「学休期ダイヤ」を導入する予定。

京阪・石山坂本線
京阪・石山坂本線