2021年9月のある日、神戸ワイナリーにおよそ20人が集まった。目的は「ブドウの収穫」。ブドウといっても食べるブドウではなく、高級赤ワイン品種の「カベルネソーヴィニヨン」。集まったのは「KOBEブラッシュワインプロジェクト」のサポーターたちだ。

サポーター集合

 ブラッシュワインとは、「赤ワイン用のブドウでつくった白ワイン」で、ほんのり色のついたワインを意味する。「KOBEブラッシュワインプロジェクト」は、神戸で育てたブドウを使用し、神戸でブラッシュワインを作ろういうもので、サポーターはただ出来上がったワインを楽しむだけでなく、ぶどう畑での作業や収穫を体験するなどワイン完成までのストーリーに参加している。

ぶどう畑

 この日は、いよいよブドウの収穫作業を行う。カベルネソーヴィニヨンは「晩熟」の品種で、台風などの影響を受けやすい。今年は8月中旬の長雨と日照不足の影響を受けたが「まずまずの出来」という。サポーターたちはひと房ひと房、「傷んでいるところ」や「緑の粒」を丁寧に取り除いて収穫していく。いいワインに仕上げるには重要な作業だ。「手摘みでしかも傷んでいるところは取り除く」という収穫の仕方は、海外の高級ワインと同じ方法という。

赤ワイン品種「カベルネソーヴィニヨン」。しぼんでいたり、緑色だったりする粒は取り除く
緑の粒など丁寧に取り除く

 余談だが、海外の「お求めやすい価格」のワインは、ブドウの収穫を機械で行なう。いいブドウもそうでないブドウも選別せずに収穫するので、味も落ちる。一方、フランスなどの高級ワインは手摘みでブドウを収穫する。例えばシャンパーニュは、手摘みでないと「シャンパーニュ」という名をつけられないほど厳しい。

収穫作業風景

 この日参加したサポーターに共通するのは、「ワインが好きで、つくってみたいという思いがあった」ということ。はさみを動かしながら「楽しくてしかたない」と口を揃えた。

「これで何本くらいのワインができるんですか」
「醸造はどんな風にするんですか」
「ワインはいつ頃できるんですか」

 時には談笑しながら、時には黙々と、出来上がりの味を想像しながらブドウを摘み取っていく。2時間ほどの作業でおよそ400キロが収穫された。

子どもも収穫に参加 最年少は4歳

 またこの日の様子は、参加できないサポーターにライブ配信された。

 神戸ワイナリーの源田英生さんによると、750ミリリットル・1本のワインを作るには1キロのブドウが必要。プロジェクトでは他の畑で栽培しているブドウと合わせ、600本を生産する。

収穫した「カベルネソーヴィニヨン」

 収穫したばかりのブドウは熱を持っているので、2〜3日、クールダウンした後、果汁を絞って醸造の工程へ。黒いブドウの皮を使わず、果汁だけを使用することで白ワインとして仕込む。

 カベルネソーヴィニヨンは色素が強いため、色をつけないことがかなり難しいが、あえて色をつけず、白ワインの色調である「淡く輝くイエロー」を目指す。が、どんな色になるのかは「出来上がってみないとわからない」。

一家で参加、ワイン大好きのおとうさん「息子を醸造家にしたい」

 ステンレスタンクと樽熟成の2種類、300本ずつが2022年6月ごろに完成予定。

 これからの作業は醸造家さん任せになるが、サポーターにはワイン造りの様子が報告される他、ネーミングやラベルデザインの投票にも参加できるという。

 プロジェクトでは、サポーターをまだまだ募集中。ブドウの収穫は終わったものの、ワインが完成した後にはパーティーも予定している(参加費別途必要)。2バージョンのブラッシュワインが1本ずつ届く「スタンダードサポータープラン」は8800円(税込み)。詳しくは「KOBEブラッシュワインプロジェクト」のホームページに掲載されている。

収穫作業風景

 当日の様子は、プロジェクトの発案者であるワインプロデューサーの大西タカユキさんが、ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』(10月6日放送)でもレポートする。