女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」のINAC神戸レオネッサを応援するラジオ番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)の9月27日放送回では、26日にジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦でチーム2点目のゴールを決めたINAC神戸MF伊藤美紀選手のプレーにスポットライトを当てた。

INAC神戸の伊藤美紀選手(Photo by T.MAEDA)

 J-GREEN堺S1メインフィールドで行われた千葉L戦では2-0と勝利したINAC神戸。7分に杉田妃和選手の先制点で主導権を握ると、15分に伊藤選手が追加点を記録。後半は千葉Lのハードプレスに苦戦する場面もあったが、最後まで相手にゴールを許すことなく、2試合連続完封で、開幕2連勝を果たした。

 自身のゴールについて、「最近全然得点を取れてなかったというのもあったが、WEリーグになって(チームでの)ポジションが右のウイング(バック)と(攻撃的に)なったなか、しっかりゴールを決めることができたのはよかった」と述べた、伊藤選手。リーグ戦での得点は、2015年のなでしこリーグ1部・浦和レッズレディース戦で、開始2分にゴールを決めて以来、6年ぶりだという。番組パーソナリティーの近藤岳登(元Jリーガー)は「(いつも)すごくゴール前に絡んできているから、得点なんて毎年取ってるもんだと思ってた!」と驚いていた。

 そんな伊藤選手のゴールは、冷静かつ衝撃的なものだった。

(写真:INAC神戸レオネッサ)

「あれ見た? キックフェイント!! 俺も、たまたまなっちゃったのかなって思ったよね!」という近藤。「『どうだったのか知りてー!』と思って伊藤選手に直接確認したら、『相手が見えたからフェイントに変えました』って!」と、試合後に連絡を取っていたことを明かした。

 ちなみに伊藤選手は、試合後の会見で、ゴールシーンを次のように振り返っている。

「(成宮)唯さんがターンした時点で、(右サイドから入ってきた)私のマークにサイドの選手がついていましたが、外から裏を取るのではなく、その選手の内側から裏を取ろうと動きだしました。そのなかで、唯さんがシュートを選択して、リフレクションがあったなか、自分のところにボールがこぼれてきました。最初、中に自分がポジションをとることで、先に触ることもできましたし、いつもならワントラップしたあと、すぐに思い切り打っていると思いますが、相手がスライディングしてくるのが見えたので、かわして最後に流し込むことができました。落ち着いて最後ゴールを決めることができたのはよかったなと思います」(伊藤選手)

 この伊藤選手のゴールまでのプレーのすごさを、近藤は興奮気味にラジオで熱弁する。

「相手を2人かわして、足を振ったからね! (フェイントで)足を止めるならわかる。だから途中までは本当に打つつもりでいたのよ。でも目の前に敵が入ってきたから『これ打っても当たるわ』と思って、自分でどうにか足の振りの軌道を変えているよね、(空振りして)ボールに当たらなかったんだもん。で、そのまま流して、(もう一度シュート体制に入り)左足で普通に流しこむって! とんでもない!!」

 Jリーガー時代、ヴィッセル神戸などでDFとして活躍していた近藤でも、伊藤選手のシュートフェイントにはひっかかると話す。

「(DFの)俺がもしINAC神戸と対決したとしても、あのシーンでは(伊藤選手のフェイントに)完全にだまされている。『はい止めれる〜』って、(千葉LのDFのように)滑っている。絶対にシュートを打つ体勢だったから。DFって、キックフェイントするのかシュートするのか、けっこうリアルに分かるのよ。下手だったらばればれなの。でもあの振りをされたら絶対滑る! 何回でも言う、もうびっくりした! おじちゃん! 俺が伊藤選手だったらと考えたところ、(シュートフェイントのときに)絶対肉離れしている(笑)。それぐらい筋肉の微妙な変え方、すごかったよ〜! もうほんとそんな感じ!!」と、興奮が止まらない様子の近藤。

 同番組でともにパーソナリティーを務める赤﨑夏実、ゲスト出演していた宮川陽香とともに、伊藤選手のゴールをはじめ、INAC神戸の2連勝にトークを弾ませていた。

写真左から赤﨑夏実、宮川陽香、近藤岳登(写真:ラジオ関西)

 なお、INAC神戸は次戦、10月2日(土)にAC長野パルセイロ・レディースとアウェイの長野Uスタジアムで対戦する。キックオフは午後3時。