兵庫県には、文化庁が認定した「日本遺産」が9件、国指定史跡のお城が22城あり、いずれも全国最多を誇る。また、1000を超す城跡や播磨国風土記など、個性豊かな地域遺産を数多く有している。そうした兵庫の歴史を学びながら、周辺のおすすめスポットを計15回のシリーズで紹介する。

【第8回】兵庫の山城 八上城

 丹波篠山の盟主・波多野氏は、この地の戦国を語る上で欠かせない。織田信長方の明智光秀による「丹波攻め」に際し、西の黒井城主・荻野氏と連携しつつ、何とか食い止めようと必死の攻防を繰り広げた。その根城が八上城だ。江戸時代に天下普請された篠山城の南、「丹波富士」とも呼ばれる、海抜460メートルの高城山に本城、西隣の法光寺山には枝城があり、東西に走る山陰街道を見下ろしていた。

 丹波攻めに対し、最後の当主・波多野秀治は、籠城戦を展開し、1年3か月も猛攻に耐えたものの1579(天正7)年6月に落城、その2か月後には頼みの黒井城も落ち、光秀の丹波攻略が完了した。捕らえられた秀治らは、信長の本拠・安土城下で市中引き回しの末、はりつけに処され、波多野氏は滅亡した。

 しかし地元には「落城後に波多野秀香が、残った兵を集めて2か月間抗戦し、明智光秀の母を、はりつけに処した」とする伝承もあるが史実ではない。

篠山城の三の丸から臨む八上城跡(高城山)

 朝冶山とも呼ばれる高城山は、篠山盆地のほぼ中央南寄りにあり、この地に八上城を築いた波多野清秀は、島根県西部の石見の出身ともされる。「応仁の乱」で手柄を挙げ、永正年間(1504〜21)に多紀郡代となって高城山に築城したのが、八上城の始まりだ。波多野清秀の子・元清は、多紀郡内の諸豪族を討伐しては、軍門に下った酒井氏や長沢氏らを重臣に起用して勢力を拡大。1557(弘治3)年には松永久秀に城を奪われる危機もあったが、その9年後には元清の孫・元秀が城を取り戻した。

 戦国末期に、織田信長の家臣・明智光秀が起こした2度目の丹波攻め「八上城合戦」は、1578(天正6)年3月から翌年6月まで1年3か月も続き、波多野氏最後の当主・秀治は篭城戦を展開して明智軍の猛攻に耐えつつも糧道(しょくりょうを運ぶ道)を断たれて飢えに苦しみ、戦死者は500人以上と言いわれている。八上城内では同士討ちもあり、脱出しようとした者が続出した。「城から出てきた者は青く腫れ、この世の者ではない様子だった」と明智側の記録が伝えている。

 八上城跡は、古風な中世式の遺構が往時のまま数多く残る典型的な山城として2005(平成17)年、国史跡に指定。山全体が要塞化していて、東西に長く北西は最も険しく、南は尾根が続くため、攻めにくく守りやすい構造になっています。その八上城と対照的な、江戸時代の平城である篠山城が近くにある立地も特筆されている。

【参考文献】
・兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ
・文化庁日本遺産ポータルサイト

◆おすすめスポット
丹波篠山市立町 「ODAGAKI mamedou 小田垣豆堂」

 篠山城跡の東に、1734(享保19)年創業の老舗豆類卸小売業者「小田垣商店」がある。明治元年の種苗店への転業以後、生産者と二人三脚で150年以上に渡って、良質な丹波黒大豆と丹波大納言小豆を届けてきた。

1734(享保19)年創業の小田垣商店

 そんな小田垣商店が新たに手掛けたカフェが「ODAGAKI mamedou小田垣豆堂」だ。

 2021(令和3)年4月、国登録有形文化財の本店と庭園を、現代美術作家・杉本博司氏と建築家・榊田倫之氏が主宰する「新素材研究所」の設計で改修し、新設のカフェとともにリニューアルオープンした。

カフェ「ODAGAKI mamedou 小田垣豆堂」から見た石庭「豆堂」

 なかでも、地元丹波産の「丹波栗」をふんだんに使用した「ODAGAKIモンブラン」は、上品な味わいが楽しめる。また「黒豆きなこのソフトクリームパフェ」は、黒豆と黒豆のチュイルがトッピングされ、黒豆の老舗小田垣商店の思いが詰まった一品。

黒豆きなこのソフトクリームパフェ

 同店は、地元の丹波栗や黒豆を使用した絶品のスイーツと、歴史と新しさが融合する石庭の両方が一度に楽しめる唯一無二のおすすめスポットだ。

 またカフェに併設する本店ショップには、大粒の円波黒大豆をはじめ、「煮豆」や「しぼり豆」、「蒸し黒豆ドライパック丹波黒」など、様々な黒豆の商品を手に取ることができる。

本店ショップで販売される黒豆しぼり豆