神戸に生まれ、西宮に住んだ作曲家・指揮者として、戦前にボストンとパリで活躍、高く評価されながら、戦後若くしてこの世を去った大澤壽人(おおさわ・ひさと 1906〜53年)。

作曲家・大澤壽人(おおさわ・ひさと 1906〜53年)
作曲家・大澤壽人(おおさわ・ひさと 1906〜53年)

 没後半世紀以上忘れ去られた存在だったが、残した作品に日本と西洋の交差や、時代を先取りしたモダニズムを感じ、その素晴らしさにスポットライトを当てる女性がいる。「大澤資料プロジェクト」代表を務める生島美紀子さんは、日本の近現代における音楽界で、ややもすると葬り去られそうになっていた大澤作品を、再び世に送り出すミッションを感じたという。
 生島さんは神戸女学院大学で作曲を専攻、スタンフォード大学大学院博士前期課程修了、音楽学で日本人初の”Master of Arts (マスターオブアーツ) ”を取得。さらに大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)号を取得した。現在は母校の神戸女学院大学・音楽科で教鞭も取っている。

生島美紀子さん
生島美紀子さん

 2020年、大澤壽人が当時24歳でボストンに留学した1930年から90周年を迎えた。類まれな才能は神戸からボストン、そしてパリへと羽ばたき、帰国後もそれは止むことはなく、神戸に戻り音楽活動を旺盛に続けた。しかし惜しくも1953(昭和28)年10月に47歳で急逝する。20世紀初頭に生きた関西の音楽家に、もう1人、芦屋市で育ち、ベルリンに渡った作曲家で、28歳という若さで死去した貴志康一(きし・こういち 1909〜37年)がいる。いわゆる「阪神間モダニズム」は音楽の世界にも根を張り、こうした人物を輩出した。

 交響曲3曲、ピアノ協奏曲3曲、コントラバスや数種の管楽器の為の協奏曲、数々の合唱曲をはじめ、映画やラジオ放送のための曲など1,000曲近くの作曲・編曲作品を残した。大澤が幼年時代に住んだ神戸・脇之浜(今の神戸市中央区脇浜海岸通付近)の路地で遊んでいた頃の印象をモチーフに7つの情景からなる「交響組曲『路地よりの断章』」、日中戦争時に発表された「ピアノ協奏曲第三番 神風協奏曲」などが代表的作品。このほかオーケストラの結成と育成、神戸女学院での後進育成などにも力を注いだ。

神戸〜ボストン〜パリ〜神戸〜西宮 大澤壽人の生活拠点をめぐる
神戸〜ボストン〜パリ〜神戸〜西宮 大澤壽人の生活拠点をめぐる
大澤はこのトランクとともにボストン・パリを駆け巡った
大澤はこのトランクとともにボストン・パリを駆け巡った

 こうした偉大さを後世に伝えるため、大澤の生誕の地、神戸の民音音楽博物館・西日本館(神戸市中央区)で、2006年、長男・壽文さんから自筆譜をはじめ約3万点もの遺品の寄贈を受けた神戸女学院の協力のもと、膨大な遺品資料を学術調査した生島さんが監修、大澤壽人の「世界へ飛翔した作品」が紹介されている。(※記事中の写真は主催者の許可を得て撮影しています。会場内は原則、写真撮影禁止)

 天才作曲家・大澤壽人のボストン留学から90周年となる特別企画で、生誕の地における初の回顧展「大澤壽人 神戸からボストン・パリへ 1930-1953」(〜2021年12月12日)。展示は2020年4月からの予定だったが、コロナ禍のため半年遅れた2020年10月に始まり、異例のロングラン開催となった。

資料に目を通す大澤壽文さん(中央・大澤壽人ご長男)夫妻と生島さん(左)
資料に目を通す大澤壽文さん(中央・大澤壽人ご長男)夫妻と生島さん(左)

 生島さんは今回の展示について、サブタイトル「世界への飛翔―天才作曲家の足跡」が示すように、戦前に西洋音楽の中心地を目指し、大成功した大澤の生涯と音楽活動をたどりながら、日本が誇るこの偉人の存在を地元の方々に是非知っていただきたいとメッセージを送る。大澤が47歳で急逝したこと、それが戦後まだ8年という時期であったこと、これらによって、生前に大活躍したにもかかわらず彼はあまり知られていない。会場の民音音楽博物館・西日本館は新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮して休館した期間もあったが、ロングラン開催でこれまでに来場した約2000人(※主催者による)は、何かしら大澤について印象づけられたという。

大澤壽人「丁丑春三題(ていちゅうはるさんだい)」譜面 西洋音楽の中にスパイスのごとく”和”を散りばめる
大澤壽人「丁丑春三題(ていちゅうはるさんだい)」譜面 西洋音楽の中にスパイスのごとく”和”を散りばめる

 自筆の楽譜の展示(2021年10月は「ピアノ五重奏曲 ハ短調」、11〜12月は「ペガサス狂詩曲」)や、解説パネル、映像付きCD視聴コーナーによって、大澤の業績と作品を眼と耳で「体感」できるよう、会場の細部まで配慮した。戦後、ジャズの要素も取り入れるようになった大澤が、往年の宝塚スター・越路吹雪のために編曲した「ビギン・ザ・ビギン」にちなみ、洋画家・田村孝之介が描いた「大澤壽人と越路吹雪」は貴重だ。合わせて150点近くもの資料が展示されている。

「大澤壽人と越路吹雪」
「大澤壽人と越路吹雪」

■神戸で生まれ育った大澤壽人の偉大さ、後世に

 生島さんは大澤の作品を聴いて、「時を超える音楽の力」を実感する人が多いと話す。CD化された作品の多くは、1930年代にボストンやパリで作曲されているが、現代でも多くの人が斬新さを感じるという。昭和初期、90年もの前の作品が、令和に生きる私たちをも動かす「音楽の命」を保っていること。それが大澤の魅力であり、日本洋楽史において大澤の再評価が進む根底にある。

日中戦争下、音楽作品の評価にも戦時下の世相が影響するように
日中戦争下、音楽作品の評価にも戦時下の世相が影響するように
1938(昭和13)年6月、大阪朝日会館での演奏会プログラム 「神風協奏曲」が発表された
1938(昭和13)年6月、大阪朝日会館での演奏会プログラム 「神風協奏曲」が発表された

 海外における戦前の大活躍から一転して、帰国後の大澤は、戦争期の困難に直面したが、芸術家としての信念を貫いて、音楽で人々の”心の復興”を目指した。コロナ禍で生きる今の私たちに、先人としての大澤は「音楽の真の力」を示している。だからこそ、大澤が音楽の教科書に記される日まで、彼の存在と作品について、生誕地・神戸からの大きなムーブメントとして、大澤壽人の素晴らしさを後世に伝えられたらと願っている。

大澤壽人が使用したタクト(指揮棒)
大澤壽人が使用したタクト(指揮棒)

■斬新さと懐かしさに惹かれて…ピアニスト・土井 緑さん

土井緑さん<2020年10月29日 ザ・フェニックスホール>
土井緑さん<2020年10月29日 ザ・フェニックスホール>

 ピアニストで大阪音楽大学教授の土井 緑さんは、自らのピアノリサイタルで「パリで煌めく作曲家達」として、フランス印象派と大澤作品を中心に取り上げ、2021年には7シーズン目に入った。来る10月28日、大澤の命日にザ・フェニックスホール(大阪・西天満)で開かれるリサイタルには大澤作品のうち、ピアノ独奏曲「ウッドブロックス」、「丁丑春三題(ていちゅうはるさんだい)」よりⅠ.春宵紅梅、Ⅲ.春律醉心をセレクトした。

大澤壽人「小デッサン集」を演奏する土井緑さん<2020年10月29日 ザ・フェニックスホール>
大澤壽人「小デッサン集」を演奏する土井緑さん<2020年10月29日 ザ・フェニックスホール>

「大澤作品はラヴェル(フランス)の楽曲と同じ、鍵盤の隅から隅まで使う音域の広さが、当時としては斬新で先駆的なところ。一方で曲想が、どこか『和』の懐かしさを感じさせるところもあり、クリエイティブな側面だと思う。大澤の再評価は正直嬉しいし、この流れに加われる喜びを感じている」と話す。パリでの華やかな留学生活の印象が強い大澤だが、20世紀に入り台頭したシェーンベルク(オーストリア)やバルトーク(ハンガリー)の影響も受けているようにも感じられ、今回のリサイタルはバルトークをメインに取り上げ、新たな共通点を見出したいという。

・・・・・・・・・・・・・・

◆「大澤壽人 神戸からボストン・パリへ 1930-1953」展 世界への飛翔 ― 天才作曲家の足跡

「大澤壽人・仏日交響音楽会」(1935年・昭和15年11月)が開催されたパリの3大コンサートホールの1つ「サル・ガヴォ―」をバックに撮影スポットも(実寸大の大澤と妻で元宝塚歌劇団の月瀬梅香)
「大澤壽人・仏日交響音楽会」(1935年・昭和15年11月)が開催されたパリの3大コンサートホールの1つ「サル・ガヴォ―」をバックに撮影スポットも(実寸大の大澤と妻で元宝塚歌劇団の月瀬梅香)
「大澤壽人はわが師・バーンスタインと共通点も多い」と話す指揮者・佐渡裕さん(兵庫県立芸術文化センター・芸術監督)も来訪、自身が執筆したパネルにサインも
「大澤壽人はわが師・バーンスタインと共通点も多い」と話す指揮者・佐渡裕さん(兵庫県立芸術文化センター・芸術監督)も来訪、自身が執筆したパネルにサインも

【開催期間・会館時間】2021年12月12日(日)までの土曜・日曜・祝日 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【会場】民音音楽博物館 西日本館(神戸市中央区浜辺通6-3-16 関西国際文化センター3F)
【入場料】無料
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続きマスク着用などのご協力をお願いいたします。

戦前、戦中に日本が歩んだ道と音楽界 わかりやすく構成されている
戦前、戦中に日本が歩んだ道と音楽界 わかりやすく構成されている
密を作らぬよう、広々とした空間 貴重な資料の「見やすさ」も
密を作らぬよう、広々とした空間 貴重な資料の「見やすさ」も