10月7日の午後10時41分、首都圏を最大震度5強の地震が起きた。東京23区での震度5強の地震は2011年の東日本大震災以来である。

 鉄道の運休などによる混乱が続き、都市機能のもろさを浮き彫りにした。また多くの帰宅困難者や出勤困難者が出る事態にもなった。 多くの鉄道路線で比較的早く運転を再開したが、車両が脱輪した新交通システム「日暮里・舎人(とねり)ライナー」(東京都荒川区〜足立区)は、11日の始発から全線で運行が再開された。4日ぶりとなる。

 さらに漏水や断水が多数発生、首都圏のみならず全国の大都市部では水道管の老朽化が進んでおり、早急な対応が迫られる。

新宿駅(参考写真)
新宿駅東口(アルタ前)から新宿通り方面(参考写真)

 地質や地震の研究を続ける日本地震学会会員の西影裕一さん(兵庫県姫路市在住)は、この地震での5都県の重軽傷者が8日までに43人・死者0人(総務省消防庁の集計による)だったことに触れ、「関西でも看過できない、起こりうる現実」と深刻にとらえている。阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などを目の当たりにし、2050年までに70%もの確率で起きる可能性が指摘される「南海トラフ巨大地震」への備えは十分なのか、懸念されるからだ。西影さんは次のように指摘する。

西影裕一さん
西影裕一さん

 今回の地震は千葉県北西部で発生し、マグニチュード5.9で深さは75kmだった。そもそも地震の発生には、プレート境界型地震(海溝型地震)と内陸型地震の2通りがある。

 日本に向かってやってくるプレート は、太平洋側から1年ごとに約5cm、大陸側からは同じく1年ごとに約2cm。これらが日本にあるプレートを押しており、日本側のプレートは沈んでたわみ、沈み込む限度がくると跳ね上がり巨大地震が起こる。これがプレート境界型地震である。

日本列島周辺のプレート配置図<※画像提供・西影裕一さん>
日本列島周辺のプレート配置図<※画像提供・西影裕一さん>

 図のように日本列島下にはフィリピン海プレートが潜り込んでいるが、さらにその下に太平洋プレートが潜り込んでいる。今回の地震はフィリピン海プレートと太平洋プレートの境界で起こったようなので、深さが75kmもあった。南海トラフ地震や東日本大震災はプレート境界型地震である。

 太平洋の方から圧縮応力が働いているため歪み(ひずみ)が生じる。歪みが蓄積されていくと、岩盤の弱い部分は耐えきれなくなり破壊されて地震が起こる。これが内陸型地震である。内陸型地震は深さ15km〜20kmで起こることが多い。阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)、山崎断層地震がこれに相当する。

熊本地震発生後の水道管工事<2018年4月16日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>
熊本地震発生後の水道管工事<2018年4月16日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>
全国的に水道管の耐震対応が求められる<2018年4月16日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>
全国的に水道管の耐震対応が求められる<2018年4月16日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>

 今回の地震で、水道管から水道水の噴出が29か所もあったが、そのほとんどは地震動による空気弁の不具合によるもので水道管の破損ではない。

 実は16年前の(2005年)7月23日、今回の地震と同規模の地震が関東で起きている(千葉県北西部地震)。この時も交通網が乱れ、仕事帰りの交通機関の遮断・混雑により「帰宅困難者」が続出した。もっとも、この時は帰宅困難者という言葉もなく、ほとんど注目されなかった。東日本大震災が起きるとも予想がつかなかった時期である。

 ここでは10年前(2011年)の東日本大震災と比較してみる。2つの地震の共通点は、帰宅困難者が続出したことである。異なる点は東日本大震災の教訓から、役所等が自宅に帰れない人のために休憩場所を提供したことである。東日本大震災では首都圏で帰宅困難者が515万人にのぼった(内閣府推計)。

 エレベーターに多数の人が閉じ込められたようだが、最大76,000台のエレベーターが停止した可能性がある。エレベーターは停止すると復旧するのに時間がかかる。今回の地震は短周期だったので、エレベーターは小刻みに揺れ、センサーが検知し運転を停止した。東日本大震災の時は長周期の地震だったため、ビルが揺れエレベーターが壁にぶつかり停止した。いずれにしろ、大都市特有の被害である。

大阪府咲州庁舎(「さきしまコスモタワー」大阪市住之江区)
大阪府咲州庁舎(「さきしまコスモタワー」大阪市住之江区)

 東日本大震災の地震波は長い周期だったため、関西でも大阪府咲洲庁舎(現在の「さきしまコスモタワー」大阪市住之江区)は約10分間揺れ、最大の揺れ幅は2.7mもあった。そのため、エレベーターに庁舎の壁がぶつかり、エレベーターが停止した。

阪神・淡路大震災直後の神戸・三宮<1995年2月2日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>
阪神・淡路大震災直後の神戸・三宮<1995年2月2日撮影 ※写真提供・西影裕一さん>

 南海トラフ巨大地震は、高い確率で起こり得る。他人事ではない。例えば、マンションに居住している場合は、玄関ドアをあけて出口を確保する。地震で建物が歪むと出られなくなる恐れがあるからである。普段、わかっているつもりでも、いざ、揺れに襲われたときにそうした機転が利くのかどうか。

新宿三丁目交差点(参考写真)
新宿三丁目交差点(参考写真)
国会通り(参考写真)
国会通り(参考写真)

 今回の首都圏地震の教訓をもとに、さらに防災について普段から対応を考える習慣をつけたいものである。