兵庫県宍粟市にある老舗酒造メーカー・山陽盃酒造が、りんごのお酒「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」の新商品「Prototype(プロトタイプ)」を開発した。

 山陽盃酒造は、1837(天保8)年創業。日本酒「播州一献」「ののさん」を製造販売している。

(写真提供:山陽盃酒造)

 山陽盃酒造の壺阪雄一専務によると、日本酒とシードルは、原料は違うが、日本酒の杜氏の技術をシードルの醸造に応用できるという。山陽盃酒造が初めてシードルを発売したのは、2020(令和2)年12月。宍粟市をはじめ、兵庫県内にあるりんご園のりんごを使ってお酒を作る、初めての試みだった。

 宍粟市にもおいしいりんごがあることを広く知ってほしいという思いと、2018(平成30)年に起きた火災で、酒蔵の大半を消失したことも、シードル醸造のきっかけとなった。このとき、地元の人たちから力をもらい、地域との結びつきをさらに強め、宍粟だけでなく兵庫全体の魅力をもっと広く発信しなければと痛感。「地域と酒造業界、消費者が一緒に楽しんで盛り上がるのに、シードルの醸造はピッタリではないか」と、挑戦がスタートした。

 そして、使い慣れた清酒酵母だけを使って完成した「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」は、アルコール度数が5〜8%と低アルコールで、フルテンフリー、プリン体フリー。ドライとセミスイートがあり、セミスイートは若い女性や、アルコールが高いお酒が苦手な人にも「飲みやすい」と好評だ。ドライは、すっきりとした味わいが「シードルは甘いお酒」と思っていた愛飲家を魅了している。

「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」(写真提供:山陽盃酒造)

 シードルロンロンの新商品「プロトタイプ」は2021年秋に完成する。プロトタイプは「原型」や「試作」という意味があり、それぞれタンク1つずつ(1タンク約600リットル)しか醸造しない試験醸造。山陽盃酒造のオンラインショップで限定販売される。杜氏の醸造技術がシードルにどのように生かされるのか。新たな挑戦を消費者も一緒に楽しめる、またとない機会となりそうだ。

■シードル業界では初の酵母を使った「きょうかい酵母清酒用1801」
・パイナップルのような香りを生む酵母で、りんごと出会うとどのような味と香りを醸し出すのか、飲んだ人だけのお楽しみ。

「きょうかい酵母清酒用1801」(写真提供:山陽盃酒造)

■日本酒の「どぶろく」をシードルで表現した「無濾過」
・シードルの多くは濾過を数回行うが、りんごの素材を生かすために濾過をせずに製造したお酒。

「無濾過」(写真提供:山陽盃酒造)

■アルコール度数11%の「高アルコール」
・シードルといえば低アルコールというイメージだが、どんな人にも楽しんでもらえるよう、固定概念を取り払ったお酒。ドライで無炭酸なので、ソーダやトニックウォーターで割っても。

「高アルコール」(写真提供:山陽盃酒造)

■オーク樽の甘い香りをつけた「アメリカンホワイトオーク」
・バニラのような香りが加わって、やわらかく濃厚で、奥行きが深い印象のシードル。

「アメリカンホワイトオーク」(写真提供:山陽盃酒造)

 飲み比べセットの先行予約(購入)をオンラインショップで受け付けている。11月15日から順次発送予定。

 世界でも、シードルは古くから飲まれていて、多くはりんごの生産地で醸造されている。気軽に食事と合わせて、カジュアルなスタイルで楽しまれているお酒だ。山陽盃酒造でも、ゆくゆくは、宍粟市にシードルを求めて人が集まるような、人と人とのつなぎ役になるお酒にしたいという。