JR・阪神「元町」駅から徒歩3分。大きな馬のオブジェが目印の「洋食QUATTRO」(以下、洋食クアトロ)は、本格的な洋食を楽しめる名店です。

「洋食クアトロ」

 早速、メニューからチョイスしたのは、「クアトロコロッケ」(900円 / Bセット=ハンバーグ+コロッケで1,100円)。俵型のコロッケにはホワイトソースが使われていて、衣はサクッ、中はトロトロ〜! じゃがいもは粗めで、しっかりとした食感を残しています。さらに、潰したゆで卵が入っていることも特長の1つ。これはオーナーシェフ・小川春樹さんのお母さまの味なのだとか。そんな、くちどけなめらかなコロッケに添えられているのは、酸味のあるトマトソース。その相性は抜群、最高のパートナーと言えるでしょう。

「クアトロコロッケ」

 次は、「ビーフカツレツ」(1,700円)。2〜2.5センチほどとかなり肉厚でありながら、驚くべき柔らかさ! もはやナイフは必要ありません(笑)。お箸でスッと切れるジューシーなお肉です。それでいてほどよい弾力があり、口に入れた瞬間に広がる肉のうま味と脂の甘みがたまりません。たっぷりしみ込んだデミグラスソースのほんのりとした甘さがアクセントになり、うま味をさらに引き立てていました。

「ビーフカツレツ」

 オーナーシェフの小川さんには「人生、最悪や」と思った経験が何度もあったそうです。それでも、紆余曲折を経てお店をスタートさせ、それまでの人生で培ったすべてを活かしながら続けてきた結果、今では行列の絶えない人気店に。

「洋食クアトロ」オーナーシェフの小川春樹さん

「洋食クアトロ」では、ソースやドレッシングもすべてイチから丁寧に作られています。「レトルトや缶詰を一切使わず、本物だけを目指す」と語る小川さん。昔の味を守り、‟本当の洋食“を目指すことを第一に考えるお店だからこそ、はるばる遠方からもお客さんが訪れるのでしょう。

 良心的な価格で本格的な洋食を楽しめる「洋食クアトロ」。皆さんもぜひ行ってみてください。

ランチにはサラダ、みそ汁、ライス付きです!

(取材=小井住友梨・中村葵、文=小井住友梨)

※ラジオ関西『笑福亭鉄瓶のまんてんラジオ』、「あおいとゆうりの㎎2(もぐもぐ)ダイアリー」2021年10月11日放送回より