サッカー・J1のヴィッセル神戸の新たなオフィシャルショップ「THE VISSEL」が、10月15日にグランドオープンした。

「THE VISSEL」店内の様子(©VISSEL KOBE)

 神戸の中心地・三宮(さんのみや)の一角、センタープラザ西館1階に構える同店には、ユニフォームやタオルマフラーといったおなじみのヴィッセルグッズから、「THE VISSEL」限定グッズやおすすめのお土産などもあり、充実の品ぞろえ。

「THE VISSEL」店内の様子(©VISSEL KOBE)
「THE VISSEL」店内の様子(©VISSEL KOBE)

 オープン直前の13日には、DFトーマス・フェルマーレン選手、DF大﨑玲央選手、FW武藤嘉紀選手、DF菊池流帆選手といったチームの主力選手が来店し、ショップのPR動画の撮影などを行ったという。

「THE VISSEL」に来店したトーマス・フェルマーレン選手(©VISSEL KOBE)
「THE VISSEL」に来店した大﨑玲央選手と武藤嘉紀選手(©VISSEL KOBE)

 また、14日には会員向けのプレオープンデーも実施。開店前から30人ほどが列を作るなど、ファンの関心も高く、マスコットキャラクターの「モーヴィ」や、ガールズ応援ユニット「ヴィッセルセレイア」も駆けつけて、ファンと交流。ヴィッセルの新たな発信スポット誕生を祝った。

14日のプレオープンの様子(©VISSEL KOBE)
14日のプレオープンの様子(©VISSEL KOBE)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「THE VISSEL」を担当するヴィッセル神戸MD部部長の古賀圭紀さんが、ラジオ関西のヴィッセル神戸応援番組『GOGO!ヴィッセル神戸』(月曜午後6時〜)10月11日放送回にゲスト出演した。

「定番の応援グッズ、限定グッズや、アパレルだけでなく、文房具や、キッズ向けスタイ(よだれかけ)など、いろんな年齢の方々が楽しめる店になっている」と、同店の特長をコメントした古賀さん。最近では夏に加入した大迫勇也選手、武藤嘉紀選手、ボージャン・クルキッチ選手のグッズが好評だという。さらに、「今季は菊池(流帆)選手の人気がぐっと上がっている。プレーとキャラクターがすごく印象的な選手なので、グッズ売上にも貢献してくれている」と明かしていた。

「THE VISSEL」に来店した菊池流帆選手(©VISSEL KOBE)
「THE VISSEL」に来店した菊池流帆選手(©VISSEL KOBE)

 今後のイベントについては「状況によってということになるが、『THE VISSEL』オリジナルイベント(ショップ一日店長)など、皆さんが楽しめる企画を考えている」という。古賀さんは「このたび三宮という非常にアクセスしやすい場所に新しい店をオープンすることができたので、会社帰りだったり、試合のない日でも、ぜひぜひ足を運んでいただきたい」と呼びかけていた。

「THE VISSEL」の営業時間は、午前11時から午後8時まで(不定休)。アクセスはJR「三ノ宮駅」、阪急・阪神「神戸三宮駅」から徒歩7分。