大阪市立美術館(大阪市天王寺区)で、千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」が開かれている(〜2021年10月24日)。

 11月からは東京・サントリー美術館(東京都港区赤坂・ 東京ミッドタウン )でもロングラン開催される(2021年11月17日〜2022年1月10日)。

四天王寺 あべのハルカスとのコントラストは圧巻
四天王寺 あべのハルカスとのコントラストは圧巻
四天王寺「聖霊院」聖徳太子を祀る
四天王寺「聖霊院」聖徳太子を祀る

 2022年、聖徳太子(574〜622)の没後1400年を迎える。太子信仰の中核を担う大阪・四天王寺所蔵の作品を中心に、全国から集められた貴重な美術品の数々が並ぶ。日本各地から飛鳥時代から中世、現代までの太子ゆかりの作品を集めた(大阪・東京展で展示替えあり)。全体は5部構成で、聖徳太子の生涯をたどり、没後の太子信仰の広がりを紹介している。

「聖徳太子二歳像(南無仏太子像)」鎌倉時代 13〜14世紀 京都・白毫寺  画像提供:神奈川県立金沢文庫、撮影:野久保昌良
「聖徳太子二歳像(南無仏太子像)」鎌倉時代 13〜14世紀 京都・白毫寺  画像提供:神奈川県立金沢文庫、撮影:野久保昌良

 聖徳太子は用明天皇の皇子として生まれ、推古天皇の摂政となり、遣隋使の派遣や十七条憲法の制定など国家体制の整備に尽力。一方で、仏教の熱心な信奉者でも知られ、大阪・四天王寺や奈良・法隆寺を創建。全国の太子ゆかりの古刹(こさつ)には多くの寺宝が伝わる。

国宝「四天王寺縁起(後醍醐天皇宸翰本)」南北朝時代 建武2年(1335) 大阪・四天王寺蔵
国宝「四天王寺縁起(後醍醐天皇宸翰本)」南北朝時代 建武2年(1335) 大阪・四天王寺蔵

 特に大阪・四天王寺(593年・推古天皇元年建立 日本仏法最初の官寺)の所蔵など、国宝や重要文化財を含む約200件が展示される。四天王寺からは、太子がかつて所持したといわれる佩刀(はいとう=貴人の太刀、サーベル)、飛鳥時代の国宝「丙子椒林剣(へいししょうりんけん)」、「七星剣(しちせいけん)」(いずれも7世紀)を展示。

国宝「丙子椒林剣」(刀身全図)飛鳥時代 7世紀 大阪・四天王寺蔵 画像提供:東京国立博物館、Image:TNM Image Archives ※大阪展のみ
国宝「丙子椒林剣」(刀身全図)飛鳥時代 7世紀 大阪・四天王寺蔵 画像提供:東京国立博物館、Image:TNM Image Archives ※大阪展のみ
国宝「七星剣」(刀身全図)飛鳥時代 7世紀 大阪・四天王寺蔵 画像提供:東京国立博物館、Image:TNM Image Archives ※東京展のみ
国宝「七星剣」(刀身全図)飛鳥時代 7世紀 大阪・四天王寺蔵 画像提供:東京国立博物館、Image:TNM Image Archives ※東京展のみ

 国宝「扇面法華経冊子」も彩りが鮮やか。金銀の砂子がちりばめられている。

国宝「扇面法華経冊子」巻第1 平安時代 12世紀 大阪・四天王寺蔵 ※東京展のみ
国宝「扇面法華経冊子」巻第1 平安時代 12世紀 大阪・四天王寺蔵 ※東京展のみ
国宝「扇面法華経冊子」巻第6 平安時代 12世紀 大阪・四天王寺蔵 ※大阪展のみ
国宝「扇面法華経冊子」巻第6 平安時代 12世紀 大阪・四天王寺蔵 ※大阪展のみ

 兵庫県宝塚市の60代の夫婦は「厩戸王(うまやどおう)と表記されたり、冠位十二階や十七条憲法といった、教科書には必ず登場する人物ですが、時代は違えど、今、聖徳太子が政治の世界にいたら、国の安穏のためにどんなカードを切っているんでしょうか。そんなことに思いをはせる面白味があるのが歴史なんだと思います」と話した。

「聖徳太子童形像・六臣像」桃山時代 16世紀 大阪・四天王寺蔵
「聖徳太子童形像・六臣像」桃山時代 16世紀 大阪・四天王寺蔵
「聖徳太子童形像・四臣像」室町時代 15世紀 大阪・四天王寺蔵
「聖徳太子童形像・四臣像」室町時代 15世紀 大阪・四天王寺蔵

・・・・・・・・・・・・・・・

 没後1400年の節目となる「聖徳太子千四百年御聖忌(ごせいき)慶讃大法会」が太子ゆかりの四天王寺(大阪市天王寺区)で10月18日に始まった。2022年4月22日の「聖霊会(しょうりょうえ=太子の命日 江戸時代までは旧暦2月22日に行われた)」まで約半年にわたって舞楽奉納や同じくゆかりの法隆寺などの僧侶を招き、慶讃行事が続く。

「聖徳太子千四百年御聖忌(ごせいき)慶讃大法会」開闢法要が厳粛に執り行われた<2021年10月18日>
「聖徳太子千四百年御聖忌(ごせいき)慶讃大法会」開闢法要が厳粛に執り行われた<2021年10月18日>
四天王寺「聖霊院」前殿と奥殿からなる
四天王寺「聖霊院」前殿と奥殿からなる

■千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」

【大阪会場】大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内)
会期:2021年9月4日(土)〜10月24日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
料金:一般1,800円ほか

「鳳輦」江戸時代-17世紀、および「聖徳太子童形半跏像」令和3年(2021)大阪・四天王寺蔵※「鳳輦」は大阪展のみ
「鳳輦」江戸時代-17世紀、および「聖徳太子童形半跏像」令和3年(2021)大阪・四天王寺蔵※「鳳輦」は大阪展のみ

【東京会場】サントリー美術館(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階)
会期:2021年11月17日(水)〜2022年1月10日(月・祝)
開館時間:10:00〜18:00、金曜・土曜および11月22日(月)、1月9日(日)は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日(11月23日、1月4日は18:00まで開館)、12月28日(火)〜1月1日(土・祝)
料金:一般1,500円ほか

サントリー美術館 開館60周年記念展も兼ねる
サントリー美術館 開館60周年記念展も兼ねる