神戸のウォーターフロントエリアに10月にオープンした新感覚の都市型水族館「átoa」(以下、アトア)が人気だ。水族館を核に舞台美術やデジタルアートを融合させた同館は、「洞窟」、「精霊の森」、「宇宙」などをテーマとした幻想的・独創的な空間の中で生きものと出会うことのできる「劇場型アクアリウム」となっている。

 同館が入るのは、複合文化施設「神戸ポートミュージアム」。神戸港の突堤の入り口にあたる神戸市中央区新港町に、10月29日、新たなランドマークとしてオープンした。その象徴的な外観は「隆起する大地と侵食する水により生まれた造形」を表現。アクアリウム、フードホール、ブライダルデスクで構成されており、新しい文化と食を体験できる。

神戸ポートミュージアム外観

 1階はフードホール「TOOTH TOOTH MART FOOD HALL&NIGHT FES(トゥーストゥースマート フードホールアンドナイトフェス)」。“TOO SMART LIFESTYLE”をテーマに、神戸ブランドの「TOOTH TOOTH」が「人から人へ、地域や世代を超えて“食でつながる”ように」との想いでセレクトしたグルメがそろう。

 同じく1階にあるブライダルデスク「VOYAGE KOBE(ボヤージュコウベ)」では、「Yumi Katsura(ユミカツラ)」の上質なウエディングドレスをまとってのウェディングフォトをプロデュース。アトア内で撮影するプランも用意されている。また、希少なクラシックカーの展示も行う。

 アトアは2階から4階の3フロア。2階では3つのテーマの展示を楽しめる。入口の先に待つのは「CAVE/はじまりの洞窟」。鏡仕上げの壁や水槽、床に乱反射する色とりどりの照明は魚の群れを思わせ、洞窟に潜り込む感覚を味わえる。海中世界のような「MARIN NOTE/生命のゆらぎ」には、サメやエイの泳ぐ巨大な筒状水槽があり、それがフードホールの天井部分につながっているのもユニーク。「ELEMENTS/精霊の森」では、アルダブラゾウガメや、パルマワラビー、珍しいハダカデバネズミの暮らしを見ることができる。

「はじまりの洞窟」
「生命のゆらぎ」

 3階は、4つのテーマで展示を展開している。運が良ければカピバラの泳ぐ姿を見られる水槽など、知的好奇心を刺激する「FOYER/探求の室」。花鳥風月に親しむ幻想的な和空間「MIYABI/和と灯の間」。光のアートとコラボした国内最大級の球体水槽「AQUA TERRA」を擁する「PLANETS/奇跡の惑星」。動物の尻の匂いや心臓の音を体感できるなど、五感で楽しめる「GALLERY/探求の回廊」。どの趣向も斬新だ。

「和と灯の間 」
「奇跡の惑星」ゾーンにある球体水槽「AQUA TERRA」

 4階の屋上には、開放的な広場「SKYSHORE/空辺の庭」に、人気のコツメカワウソや、フンボルトペンギン、ゴマフアザラシなどが展示されている。「átoa カフェ」では、オリジナルフードとドリンクを販売。1階へ下ると、ミュージアムショップに飼育員監修のぬいぐるみや兵庫・神戸の有名ブランドとのコラボ商品などが並ぶ。

「空辺の庭」
ミュージアムショップ

 アトア館長の中山寛美さんは「átoaでは魚だけでなく、両生類、爬虫類、哺乳類なども展示。見ているだけで時間を忘れてしまうような空間になっている。生き物たちの動く姿はとても面白いので、まずは空間を楽しんで、その中で生き物の生態にも興味を持ってもらえれば」と話していた。

 アトアの開館時間は午前10時〜午後5時。定休日なし(施設メンテナンスのための臨時休業あり)。入館料は大人(中学生以上)2,400円、子ども(小学生)1,400円、幼児(3歳以上)800円、3歳未満は無料。JR三ノ宮駅ほか各線三宮駅から南へ徒歩約18分。神姫バスの連接バス「ポートループ」では、「三宮駅前」で乗車、「新港町」停留所下車すぐ。問い合わせは、電話078-771-9393。

写真右から、アトア館長の中山寛美さんと『サンデー神戸』レポーターの加納永美子

※ラジオ関西『サンデー神戸』2021年11月7日放送回より