比叡山延暦寺(世界文化遺産・滋賀県大津市)を織田信長軍が攻めた「比叡山焼き討ち」から450年。

元亀兵乱(比叡山焼き討ち)殉難者鎮魂塚 1992(平成4)年建立
元亀兵乱(比叡山焼き討ち)殉難者鎮魂塚 1992(平成4)年建立

 1571(元亀2)年9月12日、浅井・朝倉連合軍と組んだ延暦寺を、織田信長が大軍で攻め立てた。延暦寺は、平安末期から寺院の勢力拡大に伴い武装化を進め、信長と対立していた。そこで信長は家臣の明智光秀らに焼き打ちを命じ、総本堂・根本中堂(こんぽんちゅうどう)などが焼失、僧侶や民衆ら数千人が犠牲になったとされる。

比叡山延暦寺 国宝・根本中堂<※現在は大改修期間>
比叡山延暦寺 国宝・根本中堂<※現在は大改修期間>

 450年の節目、信長と光秀の子孫が延暦寺を訪れた。延暦寺は最澄が一乗止観院(いちじょうしかんいん)という庵を結んだのが始まり。その最澄は今年(2021年)、没後1200年を迎えた。最澄は敵と味方を分けない「怨親(おんしん)平等」の精神を説いている。

元亀法難殉難者慰霊法要 織田・明智両氏の子孫も参列<※2021年9月12日 延暦寺阿弥陀堂>
元亀法難殉難者慰霊法要 織田・明智両氏の子孫も参列<※2021年9月12日 延暦寺阿弥陀堂>
伝教大師・最澄(真影・延暦寺大講堂)
伝教大師・最澄(真影・延暦寺大講堂)

 怨親平等とは「怨(うら)みをもって怨みに報ゆれば、怨みは止まず。徳をもって怨みに報ゆれば、怨みはすなわち尽(つ)く」という教え。そこでこの精神を受け継ぐべく、犠牲者の慰霊法要が営まれ、信長と明智光秀の子孫が初めて参列したのだ。その後、鎮魂塚でも祈りを捧げた。

鎮魂塚での祈り 毎年執り行われているが 今年(2021年)は織田家・明智家の子孫が参列
鎮魂塚での祈り 毎年執り行われているが 今年(2021年)は織田家・明智家の子孫が参列
「怨親平等」の教えに基づき、敵味方に関わらず、すべての犠牲者を慰霊する鎮魂塚
「怨親平等」の教えに基づき、敵味方に関わらず、すべての犠牲者を慰霊する鎮魂塚

 信長の子孫は、会社員の織田茂和氏(43)。光秀の子孫は、歴史学者の明智憲三郎氏(74)。

織田茂和さん
織田茂和さん
明智憲三郎さん
明智憲三郎さん

 当時、比叡山延暦寺を襲った織田軍もその後、豊臣、徳川の勢力の前に屈した。そして延暦寺はその豊臣家、徳川家によって復興された歴史がある。「怨親とは、定まったものではないとつくづく思う」と延暦寺の水尾寂芳執行は語る。

水尾寂芳執行「怨親(おんしん)とは、定まったものではない」
水尾寂芳執行「怨親(おんしん)とは、定まったものではない」
信長隊安土衆による勝ち鬨も(延暦寺・水尾寂芳執行、今出川行戎副執行とともに)
信長隊安土衆による勝ち鬨も(延暦寺・水尾寂芳執行、今出川行戎副執行とともに)

 そして、記念のシンポジウムがオンラインで開催された。織田氏は「お話しをもらい当初は信じられなかったが、怨親平等の考えを聞き参加した。信長もこのことを知り、大変喜んでいると思う」と語った。明智氏は「光秀も感慨無量だと思う。明智一族はかつて名前を隠すなど苦難の日々を歩んできた。そういう意味でも、きょう(9月12日)は信長、光秀の子孫にとって新時代の幕開けとなる日だ」と話し、「現在も世界各地で紛争が存在しており、戦のない世を追求し続けていくことが重要だ」と述べた。

 コーディネーターは勝海舟の玄孫、髙山(こうやま)みな子さん。海舟は幕末時代、江戸城総攻撃の目前、官軍の総帥・西郷隆盛に直談判し、江戸城無血開城を成し遂げたことで知られる。
 

髙山みな子さん「人間が英知を駆使して、長く平和を享受する時代に」
髙山みな子さん「人間が英知を駆使して、長く平和を享受する時代に」
シンポジウムはオンライン配信された
シンポジウムはオンライン配信された

 髙山さんはその精神を汲み「どの時代でも、平和に生き抜くことは決して楽ではない。憎しみを持ち続けることによって生きにくくい世にしている。現代に生きる私たちは、戦争や紛争といった人の命を奪うやり方ではなく、人間としての英知を駆使して、長く平和を享受する方法を考える時に来ている」と話した。(焼き討ちという)被害に遭った延暦寺で、時を経て織田・明智両氏の子孫らが介したシンポジウム。そして最後はパネリスト織田氏、明智氏、水尾執行らが拳をつきあわせる「グータッチ」。

左から髙山みな子さん・織田茂和さん・明智憲三郎さん・水尾寂芳 延暦寺執行

 この模様は動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」でも配信されている。

墨絵師・御歌頭(おかず)氏によるライヴパフォーマンス
墨絵師・御歌頭(おかず)氏によるライヴパフォーマンス
左から光秀・信長 阿弥陀如来に見守られる 比叡山と琵琶湖も表現 
左から光秀・信長 阿弥陀如来に見守られる 比叡山と琵琶湖も表現