世界シェアトップ、売上げの約60パーセントは海外、販売拠点85か国……。まぎれもないグローバル企業だ。しかし、その企業。日本国内どころか、本社を置く地元・兵庫県の西宮ですら存在をあまり知られていない。そこで考えた。「企業広告で知名度アップ!」決して珍しくはない手法だが、意外なのは、まさかのその真意だった。

◆驚き! “世界のFURUNO”のセカイ

“その企業”とは、「古野電気」(以下、フルノ)。1948 年に世界で初めて魚群探知機の実用化に成功。舶用電子機器で世界トップシェアを誇る。商船用レーダーの世界シェアは、実に約40パーセント。その実績などが評価され、2020年には「経済産業省認定 新グローバルニッチトップ企業100選」(電気・電子部門)にも選ばれた。国内外を問わず海洋・船舶業界でフルノを知らない人はいないと言われ、“世界のFURUNO”と称される。

 現在では、ソナーやレーダー、気象観測システム、地盤変位計測システム、ETC、無線LAN、魚群探知機の技術を応用した「骨密度測定機」などの医療用機器まで、超音波・無線・レーダー・GPS などの技術を使った製品は多岐にわたる。

実験船「ペガサス」(写真提供:古野電気)

◆あふれる地元愛。しかし……?

 フルノの特長をもう1点挙げるとするなら「地元愛」だ。日本プロバスケットボール2部「西宮ストークス」のオフィシャルメインパートナーになっているのをはじめ、企業公式サイト内に「西宮って、どんな街?」と題したページを設置。歴史や文化、スポーツ・レジャーから、暮らし、教育に至るまで西宮のあらゆる魅力が紹介されており、施設へのアクセスも「フルノから徒歩〜分」など“オレの庭”感満載。試しにフルノの公式サイト内で「西宮」と検索すると、約300件もヒットした。(※1)

 しかしながら、私たちが普段“フルノ”に触れる機会は少なく、一般的な知名度は残念ながら高いとは言えない。古野電気経営企画部ブランドコミュニケーション課の曽田竜輔さんによると「地元西宮の大学に通う学生からもほとんど知ってもらえていないのが実情。『フルノデンキって…電気屋さん?』という会話が多い」のだそう。「BtoB」(企業に対してモノやサービスを提供する)企業の宿命とはいえ「地元でも知られていないのは寂しい」と曽田さんは嘆く。

◆知ってほしくて…つい。

「知ってもらいたい。地元西宮にとって親しみのある会社になりたい」そんな切なる思いから、2020年、フルノが取り掛かったのが「もっとFURUNOを知ってほしくて」プロジェクトだ。フルノは、2019年、新たな経営ビジョンの策定に伴い「ブランドコミュニケーション課」を新設。ブランド価値向上のため、2020年に映像5種によるPR第1弾を慣行。そして今月、第2弾をスタートさせた。

 手法は2つ。電車内でのPRと駅構内ビジョンでのCMだ。阪急電鉄の広告貸切列車「sankyuトレイン」を走らせるのは、阪急西宮北口駅を通る神戸線。また、CMを流すのは西宮北口駅構内「にしきたワイドビジョン」と、いずれも西宮北口駅をベースに選んだ。西宮北口駅はフルノの本社、そして今年の9月に竣工した、本社南側にある新研究開発棟「SOUTH WING(サウス・ウイング)」の最寄り駅でもある。

阪急電車「sankyuトレイン」のようす(写真提供:古野電気)
新研究棟「SOUTH WING」(写真提供:古野電気)

「製品を直接お客さんへ届けられないのなら、エンターテインメントをサービスとして提供することで接点を作ろう」と送り出したコンテンツは、グラフィックと新映像5種。「船長がいる!」、「ナノ秒」、「全額支給!! 今なら給料もついてきます」といったインパクトあるフレーズとともに、個性派キャラクターたちが登場する。クリエーティブを担当したコピーライターの川上毅さんが、「かわいくし過ぎてしまうと記憶に刻まれにくいから」と、片方の眉毛をなくすなどのクセを付けることで“印象に残る愛されキャラ”を生んだ。

「船長編」(画像提供:古野電気)
「船舶免許編」(画像提供:古野電気)

 西宮北口駅を使う人は“フルノ”に出会わずにはいられない仕掛け。てっきり、学生の認知度向上から人材確保につなげる狙いもあるのだろうと思い曽田さんに尋ねると、「そう…です…ね。それも狙いの一つに含まれてはいるんですが……」と歯切れが悪い。

「一番の大きな狙いは、実は…」

◆“世界のFURUNO”が企業広告に打って出た意外な真意

 曽田さんは続けた。「いま西宮本社には、西宮在住の人が約400人働いています。なのに、地元でも会社が知られていない。だから、家族や友人知人の皆さんに改めてわかってもらったり、知らない方には知っていただいたりしたい。そして、家族・友人と社員の間に古野電気を介しての接点やコミュニケーションが増えることで、社員のフルノに対する誇りやモチベーションの醸成につながればいいなと。学生さんへのアピールよりもそちらの方が、いま私たちのやりたいことなんです」

 あまりにシンプル。“世界のFURUNO”が目指したのは、県民より市民よりまず「社員が大切に思う人たち」にフルノを知ってもらうことだったのだ。増収増益、シェアの拡大、そして知名度の向上など、企業にはいくつもの課題がある。しかし、それは何のためなのか。フルノがまなざしを注いだのは、その原点とも言える小さなコミュニティ。

 川上さんが、柔らかな表情で口にした。

 「ラブレターですね。」

 そのひと言に、フルノの思いを乗せたプロジェクトのすべてが集約されているようだった。

 フルノが展開する「sankyuトレイン」は1編成で、阪急電鉄神戸線で11月15日(月)まで運行中。阪急西宮北口駅構内「にしきたワイドビジョン」は、11月8日(月)〜11月14日(日)の毎日、早朝5時から深夜0時まで新旧計10種類のCMを流す。

※1 2021年11月5日現在