比叡山延暦寺(滋賀県大津市)を織田信長軍が攻めた焼き討ちから450年の節目となる今年、延暦寺の国宝殿では特別展「戦国と比叡〜信長の焼き討ちから比叡復興へ〜」が開かれている。12月5日まで(11月1日〜後期展示)。

 1571(元亀2)年9月12日、浅井・朝倉連合軍と組んだ延暦寺を、織田信長が大軍で攻め立てた。延暦寺は、平安末期から寺院の勢力拡大に伴い武装化を進め、信長と対立していた。そこで信長は家臣の明智光秀らに焼き打ちを命じ、総本堂の根本中堂(こんぽんちゅうどう)などが焼失、僧侶や民衆ら数千人が犠牲になったとされる。

延暦寺「根本中堂」(現在は大改修期間)
延暦寺「根本中堂」(現在は大改修期間)
延暦寺「大講堂」僧侶らの入堂
延暦寺「大講堂」僧侶らの入堂

 1571(元亀2年)に起きた焼き討ち。その13年後、1584(天正12)年に豊臣秀吉により山門再興の許可が下され、復興事業が進められた。そして1642(寛永19年)・徳川家光の時代に根本中堂が再建される。
 特別展では戦国時代から江戸時代の山門復興に関わる資料や文化財を通じ、これまで注目されることがなかった比叡山の動乱から復興までを紹介。

「山門復興文書」1584(天正12)年 羽柴秀吉判物
「山門復興文書」1584(天正12)年 羽柴秀吉判物

 比叡山が焼かれる中、僧侶らが経典や仏像を持って逃げる場面を描く絵巻「降魔(ごうま)大師縁起」(江戸時代・展示は前期のもみ)や、焼き打ちで被災したと伝わる仏像も4体出品されている。黒焦げの痛々しい姿だが、元は四天王か十二神将の像だったという。 

「降魔大師縁起絵巻」1707(宝永4)年 比叡山焼き討ちの場面<※展示は前期のみ>
「降魔大師縁起絵巻」1707(宝永4)年 比叡山焼き討ちの場面<※展示は前期のみ>
「天部形立像」(木造・平安時代)焼き討ちの火に遭うも現在に伝わる四躯
「天部形立像」(木造・平安時代)焼き討ちの火に遭うも現在に伝わる四躯

 最大の目玉は、徳川家康の側近で、寛永寺(東京・上野)を創建、延暦寺根本中堂の再建(1642年)にも尽力した僧・天海(てんかい)に関する資料。天海のものと伝わる甲冑(かっちゅう)は展示の目玉。

甲冑「銀小札萌黄糸威二枚胴具足(ぎんこざね・もえぎいとおどし・にまいどうぐそく)」(江戸時代)
甲冑「銀小札萌黄糸威二枚胴具足(ぎんこざね・もえぎいとおどし・にまいどうぐそく)」(江戸時代)
「慈眼大師(天海)坐像」(重要文化財・江戸時代)
「慈眼大師(天海)坐像」(重要文化財・江戸時代)

■「単なる悲劇に終わらさず…」神戸出身の学芸員が語る

 神戸出身の学芸員・宇代貴文さんは「焼き討ちをテーマにした展示はいままでになかった。戦火を逃れた仏像、その様子を描いた絵巻、延暦寺復興に絡んだ秀吉、家康に関する資料を通して歴史を感じて欲しい。焼き討ち自体は悲しい出来事だったが、秀吉、家康の尽力によって復興した様子を見て取れる。単に悲劇としてとらえるのではなく、長い目で見ると、決して悪いことばかりではなかった。歴史とはそういうものだ、と思っていただける」と解説する。

延暦寺・国宝殿 宇代貴文学芸員
延暦寺・国宝殿 宇代貴文学芸員
「東照権現(徳川家康)像」と「五大明王(金剛夜叉明王)」を前に
「東照権現(徳川家康)像」と「五大明王(金剛夜叉明王)」を前に

 宇代さんの故郷、港町神戸の六甲山からは神戸港や阪神間、明石海峡を見渡せる。かつて京の都を守護した比叡山からは京都御所や琵琶湖畔が見渡せる。宇代さんは「山は、それぞれに特徴があるが、荘厳で静寂さが漂う神聖なもの。コロナ禍で日常が取り戻せない中、少しだけ心を落ち着かせて、山そのものを感じる心の余裕を持っていただければ」と話す。

比叡山から琵琶湖北東部を眺める
比叡山から琵琶湖北東部を眺める
延暦寺・法要(大講堂)
延暦寺・法要(大講堂)

《特別展「戦国と比叡〜信長の焼き討ちから比叡復興へ〜」》

3部構成。重要文化財6件を含む約60件を展示(現在は後期展示) 12月5日まで。
◇時間:午前8時半〜午後4時半(12月は午前9時〜午後4時)
◇料金:大人500円、中学・高校生300円、小学生100円(特別拝観含む。通常の巡拝券は別途必要)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「僧侶にとって一生に一度の聖域」延暦寺・戒壇院、内部初公開

 延暦寺では、伝教大師・最澄の1200年大遠忌を迎え、827年の創建以来、一度も公開したことのない「戒壇院(かいだんいん、重要文化財)」と「法華総持院(ほっけそうじいん)東塔」の特別拝観を実施している。

延暦寺「大乗戒壇院」内部<※画像提供・延暦寺 通常は撮影禁止>最澄の亡くなる前日に朝廷から勅許が下り、死後に建立 
延暦寺「大乗戒壇院」内部<※画像提供・延暦寺 通常は撮影禁止>最澄の亡くなる前日に朝廷から勅許が下り、死後に建立 

戒壇院は、天台宗で正式な僧侶となるための儀式「受戒」を行う聖域。この儀式は年に一度だけで、僧侶にとって入堂できるのは生涯に一度だけとされる。織田信長や明智光秀らによる比叡山焼き討ち(1571年)で焼失、現在のお堂は、江戸時代(1678年)に再建された。

「法華総持院東塔」内部 法華経と密教の融合した最澄の”円密一致”の教えが現れている(特別に許可を得て撮影しています)
「法華総持院東塔」内部 法華経と密教の融合した最澄の”円密一致”の教えが現れている(特別に許可を得て撮影しています)
「法華総持院東塔」信長の焼き討ちで焼失、1980年に鎌倉時代の絵図を元にほぼ創建当時の姿を再現
「法華総持院東塔」信長の焼き討ちで焼失、1980年に鎌倉時代の絵図を元にほぼ創建当時の姿を再現

◇戒壇院・法華総持院東塔  特別拝観は12月12日(日)まで。 拝観時間 11月:午前9時〜午後4時 12月:午前9時半〜午後3時半 ※拝観最終受付は閉堂の30分前