サッカー元日本代表で、現在はJ1・セレッソ大阪の代表取締役社長を務める森島寛晃氏が、ラジオ番組に出演。多忙を極める社長業について語った。

セレッソ大阪の森島寛晃代表取締役社長(写真:ラジオ関西)

「ミスターセレッソ」として、セレッソ一筋で活躍した森島氏。現役時代から「日本一腰の低いJリーガー」と呼ばれるなど、その優しい、愛されるキャラクターは特長的だ。現役引退後、セレッソでアンバサダーや強化スタッフなどを経て、2018年12月からは代表取締役社長に就任したが、その親しみあふれる人間性に変化はなく、今もセレッソサポーターをはじめ、多くの人々に愛されている。

 社長になって、ホームタウン活動や、スポンサー・パートナーへの対応を含めて、クラブの陣頭指揮をとる立場となった森島氏。選手時代とは別の、大きな重圧がかかるなかでの日々となっているようだ。

「試合1つにしても、勝つ負けるという部分が、クラブにとっては大変重要なもの」と語る森島氏。「試合が終わるまでが、最後までなかなか見られなくなるというか。今まで(社長ではないとき)は最後まで見て(スタンドからピッチサイドへ)下に降りていたのですが、今ではだいたい終わる10分〜15分くらいまでには、勝っていても、負けていても、下に降ります。試合実行委員という役も相まっているので、とにかくイチ試合と言えども、細部にまで気を配らなければいけないことが増えました。今まで以上に力が入るようになりましたね」と、セレッソのトップとしての責任をさらに強く持っている。

スタジオでのセレッソ大阪・森島寛晃代表取締役社長(写真:ラジオ関西)

 そんな森島氏に、ラジオ番組『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』(ラジオ関西)のパーソナリティーを務める林歳彦氏と、フリーアナウンサーの田中大貴が、「(普段は)どんな社長なのか?」と問いかける。

 これに対して森島氏は、「今まではボールばかり追いかけてきましたが、そういった意味では視野が狭かったですし、まだまだ、3年経っても、やることというか、勉強していかなければいけないこともたくさんあります。しっかりしないといけないなと、日々思っています」と自らを律しつつ、前を見据える。

 一方で、日々奮闘するクラブスタッフの労をねぎらう言葉も。「いろんな取り組みをみんなでやっていこうとするなか、今は頭を使いながら、コロナ禍のなか、平常じゃないなかでできることを考えながら、スタッフもすごい取り組んでくれています」。

セレッソ大阪の森島寛晃代表取締役社長(写真:ラジオ関西)

 かつてチームを高みに導いたレヴィ―・クルピ氏を7シーズンぶりに指揮官にすえた今季は、なかなか結果が出ず、苦戦も強いられたセレッソ。J1リーグ戦での低迷を受けて、8月に双方合意のもと契約解除という事態も。それでも、選手・スタッフからの信頼も厚い小菊昭雄氏がコーチから監督に昇格したなか、立て直しを図ると、Jリーグルヴァンカップではファイナリストに(準優勝)。また、リーグ戦ではJ2降格争いから抜け出し、J1残留も決めた。そして、今年度の天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会ではベスト4に進出し、クラブ3度目のタイトル獲得への挑戦を続けている。

 コロナ禍での緊急事態宣言などもあり、昨年から今年にかけて、無観客での試合も経験したJリーグ、そして、セレッソ。それでも、緊急事態宣言が解除され、サポーターもスタジアムに戻れるようになり、スタジアムにも活気が戻ってきた。コロナ前の景色にも近付きつつあるなか、森島氏は、「Jリーグどこのクラブもそうだが、スタジアムがサポーターでいっぱいになる、そのなかで試合をするというのが大変うれしいこと」と、サポーターへの感謝を口にする。

 最後に、今後に向けて、セレッソをどんなクラブ、チームにしたいかと問われた森島氏。「大阪で皆さんにわくわくしてもらうというのが、クラブのなかでも大事にしているもの。皆さんがスタジアムに行って、選手たちのプレーをみて、ワクワク感を常にもって、元気をもらって帰られるとか、あのスタジアムに行けば何か楽しいぞというふうに思ってもらえるようにしたいなと思います」と抱負をコメント。そして、「なかなか外出がしにくい状況ですが、いろんな形でサッカーの楽しさを伝えていきたいですし、関西のクラブが日本のサッカーを引っ張っていけるよう頑張りたいです」と熱く意気込みを語った。

※ラジオ関西『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』2021年11月1日放送回より

写真左から、フリーアナウンサーの田中大貴、森島寛晃氏、林歳彦氏(会社経営者・環境活動家) ※撮影時にマスクを外して対応 (写真:ラジオ関西)