今年(2021年)、初点灯から150年を迎えた「江埼灯台」(兵庫県淡路市野島江崎)が国の重要文化財に指定される。 文化審議会が11月19日、末松文部科学相に答申した。 答申後、今年度内に行われる官報での告示をもって正式決定となる。

江埼灯台(兵庫県淡路市野島江崎)2021年は初点灯から150年
江埼灯台(兵庫県淡路市野島江崎)2021年は初点灯から150年

 白亜で背の低いフォルムが愛らしい江埼灯台。

「恋する灯台」の1つ 江埼灯台<画像提供・「灯台女子」不動まゆうさん>
「恋する灯台」の1つ 江埼灯台<画像提供・「灯台女子」不動まゆうさん>

 2019年 、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環で、 ロマンスの聖地にふさわしい「恋する灯台」としても認定されている。

 "国生みの島"として「古事記」「日本書紀」にも記述がある淡路島。その北端で明石海峡をのぞむ江埼灯台は、 兵庫開港に際して外国船の安全運航を確保するため、1867年(慶応3年)のイギリスとの取り決め「大坂条約」に基づき設置された5基の灯台(江埼、六連島、部埼、友ヶ島、和田岬)のひとつ。

日本の灯台の父・ブラントン(Richard H Blanton 1841-1941)<画像提供・海上保安庁>
日本の灯台の父・ブラントン(Richard H Blanton 1841-1941)<画像提供・海上保安庁>

 灯台の父と呼ばれるイギリス人技師、B・H・ブラントンによって設計・建設され、明治4年(1871 年)日本で8番目に建設された石造りの洋式灯台。建設当時の姿をそのまま残す現役灯台としては2番目に古く、歴史的・文化的価値が高い。
 鉄球を使用した、世界的に初期の免震装置を備え、明治政府が取り組んだ海上交通政策を知る上でも貴重な建造物とされる。 2009(平成21)には、経済産業省から近代化産業遺産として認定を受けた。

昭和期の江碕灯台<画像提供・神戸海上保安部>
昭和期の江碕灯台<画像提供・神戸海上保安部>

1995年の阪神・淡路大震災では外壁にひびが入るなどしたが、修繕により建造当時の姿を維持させている。

阪神・淡路大震災の痕跡(ひび割れた外壁)をメモリアルとして残した<画像提供・神戸海上保安部>
阪神・淡路大震災の痕跡(ひび割れた外壁)をメモリアルとして残した<画像提供・神戸海上保安部>
野島断層にほど近い江埼灯台 阪神・淡路大震災の影響で石組みの壁には段差が<画像提供・神戸海上保安部> 
野島断層にほど近い江埼灯台 阪神・淡路大震災の影響で石組みの壁には段差が<画像提供・神戸海上保安部> 

・・・・・・・・・・

灯台の重要文化財指定一覧<データ提供・第五管区海上保安本部>
灯台の重要文化財指定一覧<データ提供・第五管区海上保安本部>

・・・・・・・・・・・・・・・

◆その他の重要文化財の答申は以下の通り。

 ▽旧三井銀行小樽支店(北海道小樽市)▽上野家住宅(山梨県山梨市)▽京都ハリストス正教会生神女(しょうしんじょ)福音聖堂(京都市中京区)▽美保関灯台(松江市)▽出雲日御碕(ひのみさき)灯台(島根県出雲市)▽香川県庁舎旧本館及び東館(高松市)▽若戸大橋(北九州市)▽鹿児島神宮(鹿児島県霧島市)