◆これ食べなまりりん!〈20〉

 たべなまりりんこと、ラジオパーソナリティーの田名部真理です。運動不足だったり、ストレス太りしちゃったり……という方、「食」から見直してみませんか? ということで、今回訪ねたのは、JR神戸線の住吉駅から北へ徒歩5分、薬膳食材や有機・無添加のナッツ、ドライフルーツ、ドライ野菜の量り売り専門店「ビスバルト-BIS BALD-」。

 この店頭でしか買えない貴重なアイテムがあるようです。それは、マーガリンやバターを混ぜない、専用の機械(アメリカから輸入)でただただアーモンドを砕いて作る「アーモンドバター」(ペースト状)。ナッツの油分だけでトロトロのペースト状になるんです。皮に含まれた栄養もまるごと入ったしぼりたてを持ち帰ることができますよ。(10グラム70円〜80円:同じ製法の「ピーナッツバター」もあり)

「今までに食べたことのない濃厚な味! ピーナッツの香り100%! おいしい。……でもパンに塗る以外に使い道が思いつかへんなぁ」というのは、番組でご一緒させていただいている、ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』パーソナリティーの谷五郎さん(ゴローさん)。

 パンによくあうナッツのペーストですが、「ビスバルト」のオーナー・河本周子さんは、調味料使いがおすすめだといいます。

「ゴマペーストを使ったバンバンジーソースがありますが、このナッツペーストで代用できるんです。ほかにも『ビスバルト』のインスタグラムでも紹介していますが、一番簡単なのは、めんつゆを加えて青野菜のゆでたものをつけて食べるというもの。これがおいしいですよ! アーモンドは豆腐との相性が良くて、白あえに使ったり、我が家では豆乳とまぜて野菜浸しにしたりもします」(河本さん)

 さて、同店のホームページでは、体調に合った商品をセレクトできるようになっています。「胃腸の調子が良くない」「便秘気味」「生活習慣病が気になる」……など16の項目が書かれていますが、ゴローさんが気になる項目は「お酒をよく飲む」「ダイエット中」でした。河本さんは薬膳食材や有機・無添加のナッツ、ドライフルーツなどの効用とあわせて、ゴローさんのセレクトについて、次のように説明します。

「お酒を飲むと体に熱がこもりやすくなるんです。長期的になると肝臓が常に熱を持った状態になります。アーモンドも肝臓をいたわる力がありますし、くるみも生薬の1つです。脳の活性化や肺をうるおす働きがあるのでおしゃべりをするお仕事の方にはぴったりですよ。お酒を飲むとのどが渇く、という人は熱がこもっている証拠。ドライフルーツには熱を取り除くものが多いので、お酒のあてとして一緒にいただくと二日酔いしませんよ。リンゴは熱を冷ます、パイナップルやマンゴーは熱を外に出す効用があります」(河本さん)

「ビスバルト」ではその人の味覚や嗜好に合わせて河本さんがアドバイス。

「デーツとなつめは体を冷やさず温めます。これらが酒飲みの人にいいのは肝臓を守ってくれるからです。ただし、それらは甘みが強め。甘さが苦手なゴローさんには(熱を外に出す効果のある)酸味が効いたパイナップルの方をおすすめしてみました。体調が欲する味、というのもありますしね」(河本さん)

 そのほかにも、同店ではお試し価格で楽しめる「ちょこっとサイズ」の効能別ドライフルーツや、長期間保存可能なドライ野菜、子ども向け無添加野菜ボーロ、薬膳茶などもそろっています。

 ゴローさんにご用意いただいた「さんざしとクコの実のお茶」は見た目も華やか。「さんざしは血流改善、高血圧を下げたり代謝をよくしたりするので、ダイエット中の方におすすめです。のどにいいのはこの堅い実。お湯を入れると、もわもわっと。面白いんですよ」(河本さん)。……確かにキクラゲに似た生き物のようにも見えますが(汗)、こちらはのどを潤す効能があるそうです。

 実は現役の薬剤師で、薬膳アドバイザー・食育インストラクターなど「健康な食」の専門家でもある河本さん。お店を立ち上げたきっかけは「『お薬』よりは食べ物が好きで、おいしいものを食べながら病気を予防できればいいな」という思い。2年前にオープンし、現在は二足のわらじで運営されています。

「体が欲している薬膳を食べると『おいしく』感じます。気持ちが落ち着くと体調にも変化が訪れますよ。楽しみながら続けてもらえるとうれしいです」(河本さん)

「こんなにおいしかったらお酒もたくさん飲んでまうわ〜」とゴローさん。ほどほどになさってくださいね(笑)。

(田名部真理)

※ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』2021年11月23日放送回、「食べなまりりん」より