岡山県の北部にある、真庭郡新庄村。「日本で最も美しい村」といわれる地は、餅の生産地としても知られている。夏の昼と夜の温度差が激しく、おいしい餅米の生産に適しているという。

 地産の餅米「ヒメノモチ」を使った「ひめのもち」は、きめの細やかさと弾力がある食感が魅力の餅だ。こしの強い「白餅」、黒大豆を加えた「豆餅」、鍋料理にぴったりな「しゃぶしゃぶ餅」は、定番の人気の商品。

ひめのもち(写真提供:道の駅がいせんざくら新庄宿)

「ひめのもち」が並ぶ地元のお店で、2018年にオープンした「道の駅がいせんざくら新庄宿(しんじょうしゅく)」。当地にある全国的にも珍しい宿場町の桜並木「がいせん桜」を名前に冠する同店では、餅米(ヒメノモチ)を使った餅以外の製品作りにも力を入れている。

「道の駅がいせんざくら新庄宿」(写真提供:道の駅がいせんざくら新庄宿)

「みえっ張り大福」は、お餅、こしあん、クリームの三層の味わいが楽しめる大福。「餅月せんべい」は、「餅つき」と「お月見」を掛けて作られた、新庄村産のひめのもち粉を使った、グルテンフリーのやさしい甘さのせんべい。「WARE CHOCO」(割れチョコ)は、ひめのもちの玄米をじっくりローストしてチョコレートに加えた、お米のクランチチョコで、蒜山ジャージー牛乳を使用。これらの商品も、新庄村の餅と同じく、「道の駅がいせんざくら新庄宿」オンラインショップでも購入できる。

(写真提供:道の駅がいせんざくら新庄宿)
(写真提供:道の駅がいせんざくら新庄宿)

 その他、「道の駅がいせんざくら新庄宿」のキャラクターの「もち八兄弟」のグッズも地元ならでは。トレーナー・パーカー・帽子・トートバッグ・Tシャツ・檜コースターなど、お土産にも注目だ。

(写真提供:道の駅がいせんざくら新庄宿)