「御室の桜も一目見たら、春の義理が済んだようなものや」
川端康成の小説『古都』に出てくる台詞そのままに、今年は世界遺産・仁和寺(京都市右京区・真言宗御室派総本山) で、多くの人が一目、”春の義理”を果たした。
 

「一目見れば、春の義理も…」川端康成は『古都』の一節に記した

 新型コロナウイルスと向き合い3年目の春を迎える。決して収束したわけではなく、油断できない日々が続いている。しかし、3月末にまん延防止等重点措置が解除され、大型連休にかけて行動規制がない中、御室桜をめでる人々の表情が優しい。

仁和寺・中門をくぐると西側一帯に「御室桜」と呼ばれる遅咲きで有名な桜の林が広がる
江戸時代の儒学者・貝原益軒が書いた『京城勝覧(けいじょうしょうらん)』にも「洛中洛外にて第一とす、花見る人多くして日々群衆せり」との記述がある

 御室桜は京都の遅咲きの桜の代表格とされる。5月に入り、青もみじとの競演も楽しめる。その先に、国宝・金堂が見える。

仁和寺・金堂(国宝)は寛永年間に京都御所内裏の正殿「紫宸殿」(ししんでん)が移築された建物
通常、金堂(写真奥)の内部は非公開 1日2回、疫病終息祈願法要が執り行われている

 この金堂前で2021年11月、オペラと仏教の声楽のコラボレーション公演「オペラショウ」が開催された、秋の夜、屋外に設けられた観客席で約350人が、久々に触れる舞台芸術に酔いしれた。

 仁和寺・金堂は、 寛永年間(1624年〜1644年)に京都御所内裏の正殿「紫宸殿」(ししんでん)を移築したもの。せり出した廊下を特設ステージに、コンピューター音楽とデジタル映像を組み合わせた“音と光のページェント”が繰り広げられた。

 新型コロナウイルス禍で、表現する機会そのものを失った芸術家らの支援のため、仁和寺が「国宝のある芸術祭」を企画した。テーマは「To Being」。運営スタッフは、仁和寺の若手僧侶たち。

金剛流御詠歌と舞
仏教音楽「声明(しょうみょう)」

 前半は雅楽の演奏で始まり、仁和寺の若手僧侶らが仏教音楽「声明(しょうみょう)」を唱え、「金剛流御詠歌(こんごうりゅう・ごえいか)」を披露した。 そしてコンピューター音楽をバックに、プロジェクションマッピングによる華やかな映像が金堂に映し出された。

テクノ・オペラ「観音抄」<2021年11月9日>
仁和寺「国宝のある芸術祭」は金堂特設ステージのオペラのほか、日本画とモダンアート、いけばなの融合も

 後半は、万葉歌人・大伴家持(おおとものやかもち)にまつわる伝説「松山鏡(まつやまかがみ※)」を基にしたテクノオペラ「観音抄」が、劇団「オペラ季節館」(東京都町田市)によって演じられた。演出した伊勢谷宣仁(いせや・のりひと)さんは、オペラに携わって半世紀。「舞台公演自体が中断し、アーティストがどのタイミングで動くべきか見極めるのが、非常に難しいコロナ禍、失ったものは大きかった。しかし人は困難に遭遇した時こそ、それを超えて生まれる新たな発想がある。そのきっかけを与えてくれたテクノオペラだった」と話した。

 江戸時代前期、仁和寺の門前には京焼の陶工・野々村仁清(ののむら・にんせい)らが窯を作るなど、寺自体が文化拠点の役割を果たしたという。そしてコロナ禍の今、芸術家を支えようと、経費の一部をインターネットを通じて募る”クラウドファンディング”を始めた。瀬川大秀・仁和寺門跡は「文化の一大サロンが形成された歴史を、現代に継承できたのではないか。コロナ禍で改めて、その役割を認識できた。クラウドファンディングでは多くの支援をいただいた。これからも、こうした芸術祭を続けていきたい」と前を向く。

コロナ禍で失われた”観る機会、演じる機会” だからこそ新鮮に映る
仁和寺第五十一世・瀬川大秀門跡(写真中央・起立)、演出・伊勢谷宣仁氏(写真左・着席)

・・・・・・・・・・・・・

 仁和寺は888(仁和4)年に宇多天皇が創建、当時、法皇の住居を「御室(おむろ)」と呼んだため、別称「御室御所」と呼ばれ、皇室や公家が住職となり(門跡)受け継がれてきたが、明治維新以降、”宮門跡”の歴史は途切れ、現在は「旧・御室御所」と呼ばれる(※)。

仁和寺の山門「二王門」 知恩院、南禅寺と並び京都三大門の一つとされる
勅使門の前に咲き乱れる桜

 仁和寺は1994年に世界文化遺産に登録された。国宝12点、重要文化財47件、その他の宝物など2万点以上が保有されている。2012年ごろからデジタルデータの有効性に着目、文化財の正確な記録のためデジタル化を進めている。このうち「戊辰戦争絵巻」上下巻のデジタル彩色画が2021年に完成した。もとはモノクロの木版画だが、彩色によってリアルに当時の戦いのシーンが鮮明によみがえった。

第三十九図「節刀(天皇から授かった任命の印としての刀)返上」原版(許可を得て撮影しています)
戊辰戦争カラー絵巻 第三十九図「節刀(天皇から授かった任命の印としての刀)返上」彩色版(許可を得て撮影しています)

 文化財のデジタル保存に取り組む「先端イメージング工学研究所」(代表理事・井手亜里(いで・あり)京都大学名誉教授)が全長計約40メートルもの絵巻を高精細スキャンで取り込み、デジタル化を進めて彩色した。約100倍に拡大した画像にコンピューター上で彩色する地道な作業で、約1年の制作期間を経た。

井出亜里・京都大名誉教授(写真左)と瀬川門跡
新政府軍(官軍)が掲げた菊花紋入りの錦の御旗も、高精細スキャンで取り込み彩色して立体感が(許可を得て撮影しています)

 絵巻の中で繰り広げられる激動の幕末維新物語(戊辰戦争は1968〜1969年)、もともとは書物にしたらどうか、という話だったが、時の(明治)天皇は「勝ちと負け」に終始する史観を好まなかったとされ、そこで絵巻となったという。この絵巻に2022年1月、息を吹き込んだ女性がいた。

講談師・神田京子さんによるライブ「鳥羽伏見の戦いと錦の御旗」<2022年1月28〜29日・仁和寺宸殿>
講談を通して日本人がたいせつにしてきた「和の精神」を説く 背後の掛軸には宇多法皇の御影

 講談師・神田京子さん。仁和寺では普段は立ち入ることのできない国の登録文化財「宸殿(しんでん)」の座敷で繰り広げられた講談ライブ。軽快な語りでの解説は、一部オンラインでも配信された。

 「フランス革命は6年間、(アメリカの)南北戦争は4年間。尊い命の犠牲はあったとはいえ、戊辰戦争はたった1年で一国がひっくり返るような大改革、根底には『やったらやり返す』ということを好まない民族性、日本人が長きにわたって大切にしてきた『和の精神』。そうした先人の思いを、決して忘れてはいけない。わかり合うことができないと、悲惨な戦(いくさ)になる、そういった教訓をこの絵巻から学びたく存じます。コロナ時代を生きる日本、誰かを責め、奪い合うのではなく、与え合う和の精神を再び取り戻したいものです…」。不安感がよぎり、とかく”人のせい”にしがちなコロナ禍、これではいけない。神田さんは講談をこう締めくくった。

 コロナ禍で講談の高座はキャンセルが続いた分、自分を見つめ直す時間が増えた神田さん。東京在住だったが、コロナ感染拡大間近となる2020年2月に家族とともに山口県へ移住。東京からの目線ではなく、別の場所から見る目も持ったという。「例えば戊辰戦争で見れば、これまでは徳川幕府側に立った見方で、新政府軍が江戸へ乗り込んできた、というイメージがあったが、歴史上の人物は見る角度、見る場所によって善人にも悪人にもなる。戊辰戦争絵巻は、あくまでも絵巻。書物でない分、絵は史実通り、客観的に描かれている。勝った側の物語としてとらえるのではなく、戦(いくさ)は勝った方にも負けた方にも、犠牲者的な側面がある」と話した。

一人の表現者としてどうあるべきか、コロナ禍が与えたヒントを模索する
神田さんの台本には多くのメモが書き込まれている

 歴史を読み聞かせる講談師として、入門から15年を経た2014年に真打になり、レパートリーは古典から新作まで幅広い。コロナと向き合う時代、表現者としての今後の生きざまを考え、行き着いた答えは「講談師は思想めいたことは話さず、お客様を楽しませることが一番と考えていたが、多少は思いや考えを散りばめたい。着物を着て高座でしゃべっていればいいのではなく、歴史をステレオタイプではなく、違う角度で見たい」。講談の締めは「私、多少は言わせてもらうよ」という自身の気持ちから飛び出した言葉だった。

講談ライブは仁和寺・宸殿でさまざまなアングルから収録
少しスタンスを変えて「決めつけ、ステレオタイプで歴史を語らない」と神田京子さん

・・・・・・・・・・・・・

 2022年春、金堂で白い法衣を着た僧侶がバイオリンを奏でていた。ロシアのウクライナ軍事侵攻を意識したわけではないが、ジョンレノンの「イマジン」の演奏を終え、「人間はとかく自分の考えだけで突き進みがち。相手を思いやる”想像力”の欠如が誤解や争いを生む」と説くのは仁和寺の布教師、大原英揮(えいき)さん。

SNSでも話題に バイオリンを弾く大原英揮さんは正真正銘の僧侶<2022年4月10日・仁和寺金堂>
「今のこの瞬間を大切に」「相手を思いやる想像力を持って」演奏の合間に語り掛ける

 2016年からこの場所でバイオリンを演奏しているが、2020年の春、全国で緊急事態宣言が出され、外出自粛によるストレスを和らげてもらおうと仁和寺が公式ツイッターに投稿したところ、約500万回再生されたという。
 岡山県倉敷市の音楽一家に生まれた大原さんは3歳からバイオリンを始め、国立音楽大学を出て僧侶になった。満開の御室桜をめでることができた、そのめぐり合わせに「流れゆく時間はみな同じだけ与えられている。時計の針が動くたびに、右から左へ風が吹き抜けて行くのも同じ。だからこそ、この一瞬の出会いを大切に」と話す。

大原英揮さん「空海の教え」を説くあり方もさまざま
仁和寺「御室花まつり2022」は3月19日〜5月8日のロングラン開催 バイオリンと御詠歌のコラボレーションも<2022年4月17日>

 50代の女性グループは、3年ぶりに満開の桜にめぐり合うことができた。去年、一昨年と外出自粛の春だった。「これまでメールやLINE(ライン)でしか連絡を取り合えず、コロナ禍で疎遠になった人もいる中、今年は3年ぶりに誘い合って来た仲間が、本当のつながりが持てる者同士です」と微笑んだ。
 鼻が低いのと、花の背丈が低いのをかけた御室桜は「お多福桜」とも呼ばれる。「京都では昔から、『鼻(花)は低くても人が好く』って歌いますけど、本当に桜が私たちの目線まで下りてくるんですね」。
 ためらいつつ、久々に果たした春の義理。心おきなく果たせる日はきっと来る。

仁和寺は公式ツイッター、インスタグラムで積極的に発信、フォロワーも増えている
コロナ禍で知る、本当のつながり「会う嬉しさ、同じ時間を共有する喜びが」

※「松山鏡」は、大伴家持の娘が継母にいじめられているうち、母の面影を求めてこの池を覗き込んだ際に、水面に写る自分の姿を母と思い、落ちて死んだという話(史実ではない)。鏡(や池)に映る顔・姿を向こうにいる実在の人物と取り違えることが共通のモチーフとなり、江戸時代からストーリーを替えながら落語や浪曲の題材になっている。

※太平洋戦争末期の1945(昭和20)年1月、敗戦濃厚の中、元総理大臣・公爵の近衛文麿が仁和寺を訪れ、戦争終結のためには昭和天皇を退位させるしかないと考え、仁和寺で出家させる案を練ったこともあった。