売れるために仕方なく? ミュージシャンと事務所、レコード会社の軋轢の中で花開いた1980年代のアイドルバンド文化について、シンガーソングライター・音楽評論家の中将タカノリと、シンガーソングライター・TikTokerの橋本菜津美が紹介します。

ミュージシャンと事務所の軋轢の中で花開いた80年代のアイドルバンド文化(※写真はイメージです)

【中将タカノリ(以下「中将」)】 日本でバンドが本格的にアイドル化したのは1960年代後半のグループサウンズブーム。以降そのスタイルは進化を続け、80年代に至っていよいよ“アイドルバンド”という日本独自の音楽文化として確立された感があります。

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 そういう流れがあったんですね。

【中将】 80年代アイドルバンドの代表格と言えば、やはりチェッカーズでしょうか。もともと、福岡県久留米市で結成されたロックンロールバンドでしたが、ヤマハが主催したコンテストで最優秀賞を受賞したのを期に、1983年にデビュー。独特のヘアスタイルとチェックの奇抜な衣装、そして藤井フミヤさんのルックスが話題になって、1984年にリリースした「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」は1985年のオリコン年間ランキング1位になりました。同年にはブロマイドの年間売上実績も1位になっています。

【橋本】 当時のフミヤさんはショタコンが喜びそうな独特のかわいらしさがありますよね! 今でもカッコいい方だと思います。

【中将】 音楽的才能を持ちながらルックスや売り出し方はアイドルというのが、ファンにはたまらなかったんでしょうね。

 チェッカーズに近い路線で、C-C-Bも当時を代表するアイドルバンドです。ブレイクのきっかけになった「Romanticが止まらない」(1985)は今でも世代を超えて有名な曲だと思います。

【橋本】 カラフルな髪形とドラムを叩きながら歌ってるのが印象的ですよね。でもテレビの過去のヒット曲を振り返る番組などで知っている程度なので、C-C-Bがアイドル的な存在だったとは思いませんでした……。

【中将】 今は皆さん、太ったりおじさんっぽくなっていますが、昔はアイドルだったんですよ(笑)。しかも音楽的な才能も高く、ギター・ボーカルの関口誠人さんは1987年の脱退後、中森明菜「二人静 -『天河伝説殺人事件』より」などを手掛ける作曲家として活躍しました。関口さんが抜けた後のC-C-Bも1989年の解散までシングルヒットを出し続けます。

【橋本】 そうなんですね! なぜか一発屋みたいなイメージでとらえてしまっていました……。

【中将】 ビジュアルといい、音楽性といい、あまりに80年代的すぎたんでしょうね……。90年代に入って音楽シーンの潮流が変わると“一昔前のダサいバンド”というイメージが付いてしまった感があります。

【橋本】 そうなんですね……90年代を通っていない私にとっては逆に新しいんですけどね……。

【中将】 流行とか「古い」「新しい」みたいな感覚ってその程度のもんなんですよね。1984年生まれの僕は90年代ってなんだかダサいという偏見がありますし(笑)。

 とは言え、チェッカーズにせよC-C-Bにせよ、バンドなんだけど事務所やレコード会社の権限が強く、なかなか自分たちが思うような音楽ができないというフラストレーションがあったと思います。そんな軋轢の中で花開いたのがアイドルバンドというスタイルなので、今でも当事者には、当時の活動に複雑な思いを抱く人はいるんじゃんないでしょうか。

【橋本】 私なんかなんでもいいからヒット曲ほしいですけどね(笑)。10年前にグループを結成したころは「本格的なシンガーとして見られたい!」と思っていましたけど、30歳に近づいた今では「いつまでアイドル的な存在でいられるだろう……」と思っています(笑)。

【中将】 菜津美ちゃんたちのグループ「半熟BLOOD」は個人事務所なのに自らアイドル的な売り方になってるもんね(笑)。最近は割り切ってアイドル的であろうとする人が増えているので、それは1つの傾向として面白いと思っています。

 さて、80年代にはアイドル業界から出てきたバンドもいました。代表的なものが「気まぐれONE WAY BOY」(1983)でデビューしたTHE GOOD-BYE。田原俊彦さん、近藤真彦さんらと並んで“たのきんトリオ”と呼ばれた野村義男さんが結成したバンドですね。

【橋本】 これはまさに昭和のジャニーズですね! 歌い方もチェッカーズやC-C-Bとは異質に感じました。

【中将】 今にして思えば初期の田原さん、近藤さんの歌い方ともなんだか似てますよね。けっしてお上手ではなく、甘くて舌足らずな感じの……。強いられた部分があったのかどうかはわかりませんが、こういう歌い方が当時のジャニーズとしては理想的だったんでしょうか。

【橋本】 確かにかわいくはあるんですけどね(笑)。ちなみに「気まぐれONE WAY BOY」はどれくらい売れたんでしょうか?

【中将】 相当プロモーションされたようですし、オリコン9位になりましたが、田原さんや近藤さんの売れ方に比べるとちょっと寂しいですよね。その後も大ヒットというほど売れた曲はありませんでした。

 野村さんはバンドとして世に出たいという思いが強く、その結果、田原さんや近藤さんよりレコードデビューが3年ほど遅れました。結果、デビューはチェッカーズが売れ始めた時期とぶつかって、少し割を食ってしまった感はありますよね。

【橋本】 純粋なアイドル事務所出身の野村さんもバンドとして売れたいと思ってらっしゃったんですね……。

【中将】 出発は違うけど、結果的に活動内容はチェッカーズやC-C-Bと近いものになったと思います。80年代のアイドルバンドシーンはいろんな思惑が入り乱れていたわけですね。

 さっき菜津美ちゃんの話もありましたが、歌手やミュージシャンという人気商売をする上でアイドル的な要素は欠かせないし、アイドル的であることを肯定できるようになったのは現代のいい面だと思います。個人的には自分がやりたいことしかせずカッコつけた挙句に消える人より、アイドルでも不本意でもいいからチャンスをつかんで売れた人が勝ちだと思うんですよね。

 80年代を代表するアイドルバンドとして最後に紹介するのは、そんな芸能界の鉄則を体現したTHE ALFEE。彼らは1974年のデビューですが、1983年に「メリーアン」が大ヒットまで思うように売れず、10年近い下積み時代を過ごしました。

【橋本】 ALFEEがアイドル!?

 でも今でもテレビで活躍されてるし、みなさんおしゃべりも上手いので、なんだかタレント的なイメージはあります。バンドマンなのに「えっ! そんなことまでやっちゃう?」みたいな。

【中将】 そこなんですよね。売れない時代が長かったからこそ、なんでもやって生き残ろうという思いが強いんじゃないだろうかと思います。

 もちろんチェッカーズとかと同じ列でアイドルバンドだとは言えないと思いますが、80年代の女子高生の間ではかばんにALFEEのステッカーを貼る人が多かったようだし、ある意味でアイドル的存在であったことは確かです。ALFEEの柔軟なスタイルは現代のバンドやミュージシャンの活動の仕方に大きな影響を与えていると思いますね。

【橋本】 私はALFEEを目指せばいいんですね……! 同じ3人組なんで頑張ります!

「中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス」収録風景

※ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』2022年5月7日放送回より