ポイントやスタンプを集めたら何かと交換してもらえたり、特別会員になれたりするようなサービスがありますよね。

 そのなかで、僕がよく経験するのは、「うわぁ! ポイント、あともう少しやったのに……」「あれ!? 引換期間終わってたぁ……楽しみにしてたのに……」という、あとちょっとで目標のポイントに達しなかったパターン。皆さんも一度や二度、悔しい思いをしたことがあるんじゃないでしょうか。

 私、“ラジオパーソライター”(ラジオパーソナリティー+ライター)のわきたかしも、最近また、そんな思いをしたのですが……思わぬ展開が待ってました! そのときのお話をします。

 先日、仕事場に停めていた僕のバイクの前カゴに、とある企業のプレゼント企画のスタンプ用紙が入っていました。おなじみの「春の○○まつり」というものです。

「何これ?」と思って写真を撮ってSNSにアップしたところ、すぐにメッセージが来て、どうやら僕がやっているラジオ番組『バズろぅ!』(ラジオ関西)のファンの方からのプレゼントだったということがわかりました。

先日、「春の○○まつり」であと少しポイントが足りない窮地をSNSの人の輪に救ってもらいました

 それと同時に他の方からは「あれ? 点数が少し足りませんね(笑)」「残念! もう点数の配布期間終わってますね(笑)」など、たくさんのメッセージをいただきました。

 そうなんです。点数を貼った台紙をプレゼントしていただいたんですが、点数が足りないので引き換え品のお皿がもらえないんです。

 そんな悔しい思いを再びSNSにアップしたら、またまたメッセージをたくさんいただきました。「わかります! その悔しい気持ち、私も点数が少し足りなくて! あきらめきれません」「点数の配布期間が終わってすぐだから、今から急いでお店に行ったら点数の付いたやつ、まだ売ってるんちゃうか?」など。

「そうか!」と思い、あわててお店を回りましたが、点数の付いたものは、やはりゲットできませんでした……。しかも僕の家にもともとあった点数を足しても、ほんの少しだけ足りないし、残念な気持ちに拍車がかかりました(苦笑)。

 配布期間が終わっても、お皿の引き換え期間終了まで少し日数があるんです。あと少しの点数でお皿をゲットできるのに余計に悔しい!

 意気消沈していたところにさらにメッセージが。「私、少し点数が余ってるのでプレゼントします」と、めちゃくちゃうれしい声が多数寄せられたんです!

 一応、メーカーに問い合わせて、人からプレゼントしてくれた点数を足してお皿を頂いても良いものなのかどうかを聞くと、「大丈夫です。OKです」との回答をいただきましたので、お言葉に甘えまして、メッセージをいただいた方のところに行き、点数を足して、無事にお皿をゲットすることができました。

こちらが無事ゲットしたお皿

 そんなうれしい思いをしたのは、僕だけではないんですよ。

 僕のSNSに「点数足りなくて同じように悔しい思いした!」と書き込みした方に対しても「だったら私の点数使って」と言ってくれる人が現れて、おかげでお皿を手にすることができた人が何人かいたという報告か入りました。

 ひろがった! SNS「春の○○まつり」の輪!

 SNSの在り方が問われてる昨今ですが、こんなやりとりができるSNSって……素敵やん!

(『バズろぅ!』ラジオパーソライター・わきたかし)