みなと銀行(本部・神戸市中央区)の元行員らが、 実態のない会社名義で虚偽の決算書を提出し、融資金計約1億2千万円をだまし取ったとして、23日までに、兵庫県警に詐欺容疑で逮捕された。

 逮捕されたのは、 元行員の男A(31・神戸市北区)、と会社員の男B(44・ 大阪市都島区)、無職の男C(31・兵庫県尼崎市)の3人。
 3人は2021年2月〜9月、みなと銀行伊丹支店の担当者に、実態のない清掃サービス会社名義で融資を申し込み、返済能力があるように見せかけた虚偽の内容の決算書を提出し、4回にわたり融資金を口座に振り込ませた疑い。

 兵庫県警は3人の認否や役割分担を明かしていないが、融資の申請の際、清掃サービス会社の役員としてBの名前が使われるなど不審な点が、みなと銀行の内部監査で2021年10月に発覚し、2022年2月に刑事告訴していた。元行員Aは自主退職している。

 みなと銀行は「信用を第一とする金融機関としてこのような事態が発生したことは誠に遺憾。引き続き、捜査に全面的に協力する」とコメントした。