世界文化遺産・比叡山延暦寺を総本山とする天台宗のトップ、第258世天台座主に就任した大樹孝啓(おおき・こうけい)師(97歳・兵庫県姫路市出身)が7日、滋賀県大津市の天台宗務庁で会見し「超高齢なのでどれだけ奉仕できるかわからないが、生ある限り最後まで精進したい」と抱負を語った。

 大樹座主は2021年11月22日、森川宏映・前座主の死去に伴い、同日付で座主に就任した。天台宗務庁によると、現存する資料を基にすると、歴代最高齢での天台座主就任。1984(昭和59)年から書写山・円教寺(兵庫県姫路市)の第140世長吏(住職)を務めた。兵庫県出身で、かつ兵庫県内の天台宗寺院の住職経験者の座主就任は史上初という。

 これまでに京都御所や皇居、宮内庁への就任報告、四天王寺(大阪市天王寺区)での聖徳太子十六歳孝養像や叡福寺(大阪府太子町)の聖徳太子御廟への奉告、比叡山延暦寺の諸堂参拝「御拝堂(ごはいどう)」などの諸行事や、就任を内外に披露する天台宗で最高の慶事「伝燈相承(でんとうそうじょう)式」を終え、最初の会見となった。

 国内では新型コロナウイルスの感染拡大が高止まりしている。またロシアによるウクライナ侵攻が長期化の様相を見せている。このほかにもアメリカでは銃乱射事件、神戸では連続して暴力団の抗争とみられる事件が起きている。こうした状況に接し、大樹座主は「日々、心も疲れている時代」と表現し、「人々が平穏で暮らせる世界の実現」と誓った。

 そのうえで最澄が残した「自分を忘れ、他人のために尽くす」という意味の言葉 「忘己利他(もうこりた)」を挙げ、「これが慈悲の極みであり、優れた仏の知恵に近づくことができる。難しく考えるのではなく、相手のことを考える、思いやる心を持てば、自然と親切心は伝わるのではないか」と語った。

 延暦寺の総本堂、国宝・根本中堂は2016(平成28)年度から約10年の歳月をかけての大改修工事が行われている。国家鎮護を願い、祈りを捧げる場で、毎年4月には天台密教最高の秘法とされる重要な法要「御修法(みしほ)」が執り行われる。

 大樹座主は根本中堂について「特に心静かに、落ち着くことが出来る場所」と述べた。そして「(元来、お堂の役割は)仏さまと向き合って瞑想し、仏像に惹きつけられる精神状態になれる最高の場所。いわば人間の心を浄化するところ」と説いた。

 大樹座主は故郷・兵庫県姫路市で小学校教諭を17年間務めた。その経験から「子どもたちは純真で、正直で、友のように話しかけてくれた」と振り返った。忘れられないのは理科の授業で鮒(フナ)の解剖実験をした時のこと。授業を終え、子どもたちは「フナのお墓を作ろう」と言ってきた。校庭の花壇の隅に穴を掘り、フナを埋めた時、大樹座主は子どもたちに「このフナは君たちが勉強するために、自らの命を捨てて犠牲になってくれた。生半可な気持ちで接してはいかんぞ」と諭すと、子どもたちは毎日、お墓に手を合わせていたという。「授業の中で”命の大切さ”を強く刻み付ける教育を続ける」という重要性を感じたと話した。

 大樹座主は太平洋戦争の戦況が悪化の一途をたどっていた1944(昭和19)年、滋賀海軍航空隊(滋賀県大津市唐崎)に入隊した。円教寺長吏(住職)時代の2020年8月、太平洋戦争終戦75年を迎えてラジオ関西の取材に、「航空隊は延暦寺がある比叡山の麓にあり、この時から私は比叡山との縁があったのかも知れない」と話していた。
 この日の会見でも「(航空隊在籍時に)何となく比叡山に守られているような気がして、つらい訓練も苦痛と思わなかった。この時から伝教大師・最澄に導かれていたのかも知れない。これが“仏縁”というものか」と振り返った。

◆大樹孝啓(おおき・こうけい) 1924年(大正13年)6月23日、兵庫県飾磨郡曽左村書写(現在の兵庫県姫路市)に生まれる。1943年(昭和18年)出家得度。海軍少尉任官、終戦を迎える。1948年(昭和23年)〜1965年(昭和40年)姫路市小学校教諭。1984年(昭和59年)円教寺住職・第百四十世長吏に就任。1996年(平成8年)大僧正補任。2010年(平成22年)天台座主の次位に当たる次席探題に。2022年11月22日、森川宏映・前天台座主の死去に伴い、同日第258世天台座主に就任した。