2000年9月に駅での盗撮行為が発覚……いわゆる「ミニにタコ事件」から覚醒剤取締法違反などで計8回の逮捕ののち、このたび刑期を終えた、田代まさしさん。ミュージシャン、タレントとして頂点を極めた田代さんの栄光と挫折について、シンガーソングライターで音楽評論家の中将タカノリと、シンガーソングライターでTikTokerの橋本菜津美が紹介します。

【中将タカノリ(以下「中将」)】 3月に刑務所を出所されていたということで、満を持して今回は田代まさしさんを特集したいと思います。菜津美ちゃんは田代さんにどんなイメージを持っていますか?

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 もともと、音楽をやっておられたらしいことと、何回も逮捕されてることは知ってるんですけど、正直あんまりイメージがないんですよね……。

【中将】 逮捕されてテレビから姿を消したのが20年以上前だもんね……。僕は今38歳で菜津美ちゃんより10歳年上ですが、僕たちの世代にとって逮捕前の田代さんはテレビで見ない日がないくらいの大スターでした。

【橋本】 どんな活動をされていたんですか?

【中将】 田代さんは1980年にシャネルズ、のちのラッツ&スターのコーラスとしてデビューしました。最近、倖田來未さんのカバーバージョンがTikTokで人気だそうですが、「め組のひと」(1983)を最初に歌ったのは田代さんらラッツ&スターでした。特徴的なあの振り付けも田代さんが考案したもので、オリコン・ウイークリーランキングで1位を獲得し、1983年度の年間ランキングでも10位の大ヒットになっています。

 1985年にラッツ&スターが活動休止してからは司会者やコメディアンとしても才能を発揮して、特に志村けんさんの番組には欠かせない主要キャストになりました。「マーシー」と呼ばれていて、全盛期には原宿に「マーシーズ」というタレントショップまで出していたんです。

【橋本】 「め組のひと」はわかります! なんでそんな人が逮捕されてしまったんでしょう……。

【中将】 鞄にビデオをしのばせて駅で盗撮してるのが発覚しちゃったんです。記者会見で「『ミニにタコができた』というギャグの映像を作ろうと思った」とかなり苦しい言い訳をしてメディアに叩かれて、そうこうしてるうちに自宅から覚醒剤が見つかって最終的には刑務所に入ることになってしまいました。盗撮行為は覚醒剤常用による奇行だったみたいですね……。

【橋本】 覚醒剤って怖いですね……。

【中将】 一度使いだすとなかなか中毒から抜けられないそうですね……仕事のストレスやプレッシャーが使い始めたきっかけだそうですが、人気者だった田代さんがまさかその後20年以上も逮捕、逮捕の人生になるとは思いもしませんでした。

 でも、たしかにたぐいまれな才能を持った人なので、そこはこの機会にちゃんと再評価しておきたいです。特にシャネルズ、ラッツ&スターで発揮した音楽的才能は日本のポップス史を語る上でも無視できないと思います。

【橋本】 シャネルズってどんなグループだったんですか?

【中将】 シャネルズは1950年代から1970年代のR&B、ソウルの影響を強く受けたドゥーワップ(黒人音楽をルーツとしたコーラススタイル)グループです。ブラックミュージックに憧れる東京・大森の青年たちによって結成されたグループで、鈴木雅之さんや田代さんらセンターのボーカル陣は顔を黒く塗って歌っていました。ファーストアルバムの「Mr.ブラック」(1980)では影響を受けた洋楽をいくつかカバーしているんですが、特にザ・コースターズの「BAD BLOOD」は本家をしのぐ魅力があると思います。

【橋本】 すごく音圧のあるコーラスでかっこいいですね!

【中将】 本格的なんだけど独特のユーモラスさも散りばめられてますよね。彼らのセンスはデビュー前から音楽ファンの間で評判になっていて、大瀧詠一さんや山下達郎さんもライブに足を運んでいたそうです。

【橋本】 すごいですね……。ちなみに「BAD BLOOD」ってインパクト強いタイトルですが、どんな意味なんでしょうか?

【中将】 端的に言うと「この女は一族ことごとくクソだぜ!」みたいな感じですね(笑)。ちょっと荒っぽいですが……。

【橋本】 なるほど、ブラックですね(笑)。

【中将】 シャネルズは作家に提供された曲も多いんですが、こういった音楽性を基にメンバーでも楽曲を自作していて、田代さんは作詞担当として才能を発揮しました。中でも「憧れのスレンダーガール」(1982)は名曲だと思います。

【橋本】 めっちゃ爽やかで素敵な曲ですね!

【中将】 鈴木さんの曲もいいですが、日本語と英語を絶妙にミックスしたロマンティックな詞も光ってますね。表現の仕方とかをよく見ると、かなりいろんな音楽を聴きこんでるのがわかります。

【橋本】 田代さんってこんな才能を持った方だったんですね……。

【中将】 声も甘くていい声してるんですよ。シャネルズ、ラッツ&スターではほとんどコーラスに徹してますが、休止後に出したソロシングル「新島の伝説」(1986)では堂々たるリードボーカルを披露しています。歌詞がちょっとアレなんですが……(笑)。

【橋本】 どういうことなんですかコレは!?(笑)

【中将】 「新島に行けば“DEKIRU”そう信じてた」……秋元康さんの詞ですが、すごいですよね(笑)。当時、若者の間でナンパスポットとして知られた伊豆諸島の新島について歌った曲で、今のところ田代さんの唯一のソロシングルです。

【橋本】 秋元さんさすがですね……ほんま“伝説”。ぼんやり聴いてたらいい曲やと勘違いしてしまいそうですね。

【中将】 当時、田代さんは秋元さんが企画しておニャン子クラブを生み出した人気番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)の司会をしていたので、その絡みがあったんでしょうかね。二枚目なんだけどエッチでコミカル路線に行きがちな田代さんらしい曲に仕上がってると思います。

 このコミカルさがさらに花開いたのが志村けんさんと「けん&マーシー」名義で出した「爺様と婆様のセレナーデ」(1993)。『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ)内のコントから生まれた曲で、後番組『志村けんはいかがでしょう』(フジテレビ)のエンディング・テーマになりました。田代さんは持ち前のユーモアセンスと音楽活動を通して身に付けたリズム感とで、志村さんの一番のお気に入りコントメンバーでした。僕も毎週番組を観ていましたが二人の掛け合いは子どもながらにめちゃくちゃ面白くて、この曲も大好きでした。

【橋本】 中将さんにそんな時代が……(笑)。でもいろいろお話や曲を聴いて、田代さんが本当に才能のある方なんだとわかりました。

【中将】 もうこれきり覚醒剤や薬物を使わなくていいようストレスやプレッシャーのない生活を送っていただきたいですね。

(※ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』2022年6月11日放送回より)