丸亀製麺は、6月15日(水)、テイクアウト専用「丸亀うどん弁当」から、蒸し暑い季節でもさっぱりと味わえる3種類の新メニューを発売した。

「なす天おろしうどん弁当」(590円)は、食べごたえがある「なす天」と、みずみずしい「大根おろし」が添えられた清涼感のある一品。「なす天」は、だしに浸すと、ほのかな甘みがより引き立つという。

「鶏ももから揚げうどん弁当」(640円)は、にんにく醤油ベースのタレに漬け込んだ「から揚げ」が3個入っている。揚げ時間にこだわっており、ひと口食べると、口の中いっぱいに肉汁が溢れる味わい。

「アジ天うどん弁当」(490円)は、旬のアジを天ぷらにすることで、旨味を閉じ込めた一品。醤油ベースの甘タレは、「アジ天」の味わいをさらに引き立てるという。

 3種類の新メニューは、一部を除く全国の店舗で販売。なお、すべての「丸亀うどん弁当」で、ぶっかけうどん(冷)、かけうどん(温)を選べる。