吉本興業のお笑いコンビ・からし蓮根が、水曜にパーソナリティーを務める番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)のなかで、「セルフレジを使うかどうか」について話した。

 伊織は、家の近くにある100円均一の店にはセルフレジしか置いておらず、よく行くスーパーでもセルフレジの占める割合が増えてきていることもあり、普段からよく使うという。

 使う派のリスナーからは「有人レジは会計に時間がかかるうえに、別の場所で商品の袋詰めをしなければなりません。セルフレジであれば会計と商品の袋詰めが一気にでき、とても便利なので使っています」という意見が寄せられ、伊織は「確かにその通り!」と大いに共感。

 また、別のリスナーからの「セルフレジだとポイントがいくら貯まっているかが一目瞭然で、ボタンを押すだけでポイントが使えるので楽です」という意見を紹介し、「めちゃくちゃ便利だからセルフレジは使うべき」と主張した。

 一方の青空は、ほとんど使わないという。「使えた方が楽やろうけど、(コンビニで)外国人の店員さんに『(年齢確認が必要だから)お酒は無理だよ』と言われて(あまりの恥ずかしさに)心がへし折れた。顔を真っ赤にしながら普通のレジで会計をしてもらって、そっから無理になった」と、なんとも切ないエピソードを披露した。

 リスナーからも「初めてセルフレジを利用したときに、戸惑いながら商品をスキャンしていました。ふと後ろを見ると、並んでいるお客さん全員と目が合った経験があります。ノロノロしていた自分が悪いのですが、それ以来は圧が怖くて利用できていません」という声が寄せられ、セルフレジの利用に踏みきれない理由も明かされた。

 この意見をうけて「セルフレジを使う人は宣言したらいい」と、思いもよらない提案を始めた伊織。その内容とは…?

「『初めてです』と宣言した人がいれば温かく見守ってくれるはず。『2回目です』と宣言した人がいれば、ほかのお客さんがその人の後ろに並ぶかどうか判断できるかもしれない」と続け、セルフレジ克服のためのユニークなアイデアを披露してみせた。

 さらに、「コンビニに手ぶらで行き、アイスを大量に買ったときに袋がいるかどうか聞かれた。手ぶらの状態でアイス10個を持って帰れるわけないやん。勘弁してほしい。セルフレジならこんなイライラもない」と、セルフレジ利用の後押しとなった出来事について語った。

 伊織のイライラエピソードに、青空は「キンキンのアイスを大量に抱えて帰る奴やと思われたんや」と笑っていた。

 コンビ間でも二手に分かれた、「セルフレジ使う使わない」問題。番組に寄せられたリスナーの意見を集計すると、使う派は55.6%、使わない派は44.4%と僅差で使う人が多いという結果になった。

(取材・文=バンク北川 / 放送作家)

※ラジオ関西『Clip水曜日』2022年6月15日放送回より