「デュエットソング」といえば、スナックでおじさんとママがディープな演歌を歌う光景を思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか?

 しかし、昭和には若者向けのポップなデュエットソングもたくさん。今回は1970年代から1980年代にかけて多数登場した「意外にポップなデュエットソングたち」について、シンガーソングライター・音楽評論家の中将タカノリと、シンガーソングライター・TikTokerの橋本菜津美が紹介します。

【中将タカノリ(以下「中将」)】 「デュエット」と言えば、菜津美ちゃんはどんな曲を思い浮かべますか?

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 全然わからないジャンルですね……リアルタイムで男女で歌ってる人となると、HYさんくらいしか……。たまにスナックなどで「これ歌える?」と聞かれても、全然わからないんですよ。

【中将】 やっぱり世代的に触れる機会がなかったんでしょうね。昔は会社などでも宴会で女の子が上司と無理やりデュエットを歌わされるみたいな文化があったそうですが。

【橋本】 無理な感じですがそんなイメージはありますね。無理やり肩を抱かれて演歌を歌わされるみたいな。

【中将】 そういうイメージがあって廃れちゃった部分はあると思うんですが、昭和にはポップなデュエット曲もたくさんありました。今回はそんなポップなデュエット曲を紹介していきたいと思います。まずは、郷ひろみさんと樹木希林さんが歌った「お化けのロック」(1977)。

【橋本】 これはイメージ変わりますね! めちゃポップ!

【中将】 これは郷さん、希林さんたちが出演するドラマ『ムー』(TBS)の挿入歌として制作された曲です。『ムー』は足袋屋さんを営む家族を舞台にしたコミカルなホームドラマで、郷さんは次男・拓郎という役どころ。樹木さんが演じるお手伝いの金田(かねた)さんと毎回、店の地下室でこの曲を歌い踊りました。曲調はシンプルなロックンロールなんだけど、歌詞が面白いし、なによりお二人の声がポップでいい感じですよね。

【橋本】 ドラマから火が付いた曲なんですね。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBSテレビ)から恋ダンスが流行ったみたいな感じでしょうか。

【中将】 まさにそんな感じです。レコードはオリコン・ウイークリーランキング2位、年間ランキング29位の大ヒットになり、お二人は翌年にもドラマ『ムー一族』(TBS)挿入歌として「林檎殺人事件」をヒットさせています。

【中将】 次にご紹介するデュエット曲も大ヒットです。平尾昌晃さん、畑中葉子さんの「カナダからの手紙」(1978年)。

【橋本】 これは「お化けのロック」と比べると、かなり歌謡曲タッチですね。デュエット曲って、どういういきさつで「二人で歌おう」となるのか興味深いんですが、このお二人はどうして一緒に歌うことになったんですか?

【中将】 当時の平尾昌晃さんはアイドルから演歌・歌謡曲まであらゆるジャンルでヒットを連発する人気作曲家でした。主宰する音楽学校には後の音楽シーンを担う数々の歌手志望者が入学したんですが、畑中さんもその1人で、バツグンの歌唱力が認められて売り出し戦略の一環でデュエット曲でデビューすることになったんです。いわば師匠と弟子コンビですね。

【橋本】 畑中さんはチャンスをつかんだラッキーガールだったわけですね! 師匠と弟子……私が中将さんとデュエット曲を出すようなもんですね(笑)。

【中将】 僕は菜津美ちゃんになんも教えてないけどね(笑)。それはさておき、この曲はオリコンウイークリーランキング1位、年間ランキング7位の大ヒットに。その後も平尾さんと畑中さんは1年間に「エーゲ海の旅」「サンフランシスコ行き」「ヨーロッパでさよなら」をリリースしています。

 これで大スターとして羽ばたいていくかと思われた畑中さんですが、1979年のソロデビュー直後に音楽ディレクターと結婚して引退。たった8か月で離婚してヌードグラビアやにっかつロマンポルノで復帰を図るという香ばしい展開になってしまいます。そして伝説のエロ歌謡「後から前から」(1980)リリースに至るわけですね。

【橋本】 そうか! あの曲も畑中さんでしたね……「カナダからの手紙」とは曲のイメージが違いすぎて頭の中でつながりませんでした(笑)。

【中将】 お次は、石川優子さんとチャゲさんの「ふたりの愛ランド」(1984)。オリコン・ウイークリーランキング3位、1984年度年間ランキング16位の大ヒットで、1980年代の若者に歌われまくったデュエット曲です。

【橋本】 これはTikTokで流行りそうな感じですね! 昭和のデュエット曲って酒場の香りしかしないと思ってたんですけど、これは爽やかだし夏らしいポップみを感じます。

【中将】 この曲はJAL'84 沖縄キャンペーンソングだったんです。「銀座の恋の物語」(1961)や「居酒屋」(1982)みたいなアダルトな感じじゃなく、若者が口ずさめるデュエット曲を作ってほしいという要望にこたえてチャゲさんが曲を書きました。

 はじめチャゲさんが歌う予定はなかったそうなんですが、石川さんが歌いやすいキーを決めたところ男性パートがかなりの高音になってしまい、結局チャゲさんが男性パートを担当することになりました。こんなキーが出る男性歌手なんてなかなかいないですからね。

【橋本】 私も男性がどうやってこんな高いキーで歌うんだろうって思いながら聴いてましたけど、軽々と出てましたね!

【中将】 チャゲさんの軽々とした感じにつられてフツーの男性が歌おうとしたら、高すぎて声が裏返っちゃうという、いわくつきのデュエット曲なんです(笑)。

【橋本】 それどうなんですか(笑)。でも最近、TikTokで高音ボーカルにチャレンジしている男性が多いので、ぜひこの曲も歌って欲しいですね。ちゃんと歌える人がいたら一緒にデュエットしてみたいです。

【中将】 興味ある人はぜひ名乗り出てほしいですね。

【中将】 そして、次にご紹介するのは田原俊彦さんと研ナオコさんが「Toshi & Naoko」名義で歌った「夏ざかりほの字組」(1985)。当時、田原さんと研さんは『カックラキン大放送!!』(日本テレビ)などのテレビ番組で多数共演する仲良しさん。1980年代特有のアンニュイなメロディーで難しい曲ですが、ぴったり息の合ったパフォーマンスでオリコン・ウイークリーランキング週間5位、1985年度年間ランキング54位のヒットになりました。

【橋本】 仲良しのスターがコラボレーションして結果を出すってカッコいいですね! そう言えば絢香さんとコブクロさんが「WINDING ROAD」(2007)を歌った時は衝撃的だったなって思い出しました。

【中将】 その頃だと清水翔太くんと加藤ミリヤちゃんも「Love Forever」(2009)ってデュエット曲を出してましたよね。最近はデュエット曲が減ってるけど、みんな自分の世界観だけにこだわらずどんどんコラボレーションしてほしいですよね。

【橋本】 そうですね、昔の音楽番組だと他人のヒット曲をコラボして歌うような企画が多くて見ていて楽しいですよね。

【中将】 さて、昭和のポップなデュエット特集も次の曲で最後になりました。最後にご紹介するのは鈴木聖美さんとラッツ&スターがコラボレーションした「ロンリー・チャップリン」(1987)。聖美さんはラッツ&スター・鈴木雅之さんのお姉さんで、この曲がヒットしたことで一躍人気歌手の仲間入りをしました。

【橋本】 この曲はもちろん知ってるし歌えるんですが、そう言えばちゃんと原曲を聴いたのは初めてだったかも……。カラオケやスナックに行くなかで学んだ曲ですね。

【中将】 たしかに菜津美ちゃんとおなじ年頃(28歳)の若い子たちでも、この曲を歌える人はけっこう多いですよね。カラオケ文化の中で受け継がれてる曲なんですね。

【橋本】 鈴木聖美さんと鈴木雅之さんが姉弟だということも今回初めて知ったんですが、家族同士でこれだけ濃密なラブソングが歌えるのってすごいですね。私ならお兄ちゃん(※お笑い芸人の橋本大祐)と歌うの嫌ですもん(笑)。

【中将】 兄弟や姉妹の関係性もそれぞれですね(笑)。

【中将】 さて、菜津美ちゃんは今回ご紹介したデュエット曲の中ではどれが一番お気に入りでしたか?

【橋本】 ダントツで「お化けのロック」ですね! 初めのMCからちゃんと覚えて歌って踊ってみたいです!

【中将】 TikTokで披露してくれるよう期待してます!

(※ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』2022年6月25日放送回より)