世界中には数多くの腕時計ブランドがありますが、その中でも特に高い評価を受けるのが「世界三大時計ブランド」です。超有名どころの「ロレックス」や「オメガ」でも仲間入りはできません。その3つのブランドが選ばれたのはなぜでしょう。また、何が違うのでしょう。登録者数が5万6千人を超える「腕時計YouTuber」であるRYさんが、『やさしい腕時計』(ラジオ関西Podcast)で解説しました。

◆伝統的かつエレガント「パテック・フィリップ」

 まず、RYさんが「世界三大時計ブランド」の中で「頭一つ抜けている」と評するのが、1839年にスイスのジュネーブで創業した「パテック・フィリップ」です。パテックの時計は極めてエレガントです。ワイシャツの袖に収まるよう小さく、かつとても薄くできています。機械式時計の中の機械(ムーブメント)は薄くすればするほど、精度を担保することは難しいにもかかわらず、1日に5秒(マイナス3秒からプラス2秒)ほどしかズレが生じないよう、自社の規格で厳しくチェックしています。また、「複雑なカレンダー」や「世界主要都市の現地時間をボタン一つで表示できる」など、優れた機能を持った時計が存在するなど、技術力もピカイチです。

 中でも、1932年に発表された「カラトラバ」は、誕生から100年近くたってもほぼデザインが変わっていません。当時はアール・デコ全盛期で直線的なデザインが好まれ、カルティエの「サントス」や「タンク」、ジャガー・ルクルトの「レベルソ」などにみられるように、基本的に四角や長方形の時計が主流でした。そうした中、カラトラバは丸型です。今では当たり前で、大多数が採用しているデザインですが、当時はとても革新的でした。

 このブランドを端的に表すのは、「父から子へ、世代から世代へ」というキャッチフレーズです。どんなに古くても、自社の時計であれば必ず修理する、と宣言していて、世界中の時計愛好家たちが「いつかは欲しい」と憧れる理由の一つがここにあります。RYさんにとっても、夢の時計のひとつだそうですよ。

◆新たな時代への挑戦「オーデマ・ピゲ」

 次に、三大ブランドのなかでもっとも挑戦的、革新的といえるのが「オーデマ・ピゲ」です。最もアイコニックなモデルは、ちょうど50年前の1972年に発表された「ロイヤルオーク」でしょう。巨匠、ジェラルド・ジェンタのデザインで、ビス止めされた八角形のベゼルが特徴です。

 当時の高級時計の素材には、ゴールド(金)やプラチナなどの貴金属が使われていました。そうした中、ロイヤルオークはとても高額ながらステンレスでできていました。これは斬新的なことで、世界中がざわついたといいます。無論、貴金属よりはステンレスの方が、加工は難しいものの硬くて傷に強いという特長があります。いま大人気の、ラグジュアリースポーツウォッチの始まりといわれています。また、39ミリのロイヤルオークが出た当時、腕時計の文字盤のサイズは32ミリや34ミリが主でしたが、これで一気に大きくなりました。現在では40ミリ前後のものが多く、腕時計の文字盤サイズを変えた、と言っても言い過ぎではないモデルです。

 2019年には、「コード11.59」というモデルを発表。一見すると丸型の外観ですが、よく見ると側面は八角型と、独創的なデザインで世界をあっと驚かせました。挑戦的な企業風土は、21世紀の今でもオーデマ・ピゲに生き続けています。ここ数年はゴルフといったスポーツにも協賛し、他の三大ブランドとは異なるマーケティング戦略をとっています。

◆270年間、途絶えない伝統「ヴァシュロン・コンスタンタン」

 最後に、1755年から一度も途絶えることなく続いているのが「ヴァシュロン・コンスタンタン」です。時計業界を見渡せば、1970年前後から1980年代にかけて、多くのブランドが「クォーツ式腕時計」の台頭により消滅したり、休眠したりしました。そうした状況の中、ブランドを守り継続していくには大変な苦労があったと考えられます。

 ヴァシュロンの腕時計は、その圧倒的に長い歴史を反映するかのような、より控えめで、クラシックなデザインが特徴で、いうなれば「通なブランド」です。RYさんは「オーヴァ―シーズ」という、パテック・フィリップの「ノーチラス」、オーデマ・ピゲの「ロイヤルオーク」と肩を並べる現代風のスポーティーなモデルを所有していますが、個性がある中でも落ち着きのあるデザインと言えるでしょう。

 ここまで紹介してきた3ブランドはいずれも、人気のモデルについては、正規店での購入はもちろん、予約することすら難しい状況になっています。RYさんは自身が30歳になる記念として、2019年に「ギリギリ」予約できたそうですが、それでも1年以上待ち、憧れの時計を手にするに至ったようです。いずれにせよ、ヴァシュロンは高い実用性と、荘厳な格式を兼ね備えたブランドといえるでしょう。

◆他のブランドとの「決定的な違い」とは

 三大ブランドとその他のブランドとを比較して、違いを挙げるとするならば「歴史を大きく変えたか否か」は大きな要素ではないでしょうか。パテック・フィリップであれば時計の形状を大きく変え、オーデマ・ピゲであれば素材やサイズに革命をもたらし、それが現代にいたるまで評価され続けていますし、ヴァシュロン・コンスタンタンは腕時計の歴史そのものと言い換えられるでしょう。

 また、生産本数が少ないことが挙げられます。三大ブランドはおおよその生産本数が年間2万から4万本です。例えば、ロレックスは60万から70万本くらいと言われており、どれだけ少ないかがお分かりいただけるでしょう。

「三大ブランド」は、もはや工芸品の域です。透明な裏蓋からムーブメントを覗き見れば、そこにはうっとりするような、美しい世界が広がっています。RYさんは、「今後、この3者のラインナップは変わることはないでしょう」と話します。永遠のスタンダード、最高峰を知るため、機会があれば手に取り、その圧倒的な世界観に浸ってみてください。

(ラジオ関西Podcast『やさしい腕時計』 #4『ロレックスでも入らない「世界三大ブランド」 他との決定的な違いとは?』より)