多くの高級腕時計の文字盤に記されている「SWISS MADE」(スイス製)の文字。なぜ世界三大時計ブランドをはじめ、ロレックスやオメガといった著名なメーカーのほとんどがスイスに本社を構えているのでしょうか。これは16世紀に起きたある「歴史的な事実」が、深く関係しているとされています。登録者数が5万7千人を超える「腕時計YouTuber」であるRYさんが、『やさしい腕時計』(ラジオ関西Podcast)で解説しました。

◆宗教弾圧(ユグノー戦争)が時計産業を興したきっかけ?

 時計産業がスイスに集中したことは、16世紀に起きた宗教弾圧により多くの時計職人達がスイス国境を越えて、レマン湖畔近くのジュウ渓谷に集結した説が有力です。もともと16世紀頃の時計職人はドイツのニュルンベルクやフランスのパリに多く住んでいました。

 その地の錠前や鍛治(金属を叩く加工する)で培った高い技術を持つ職人達が、時計というまだ希少な製品に興味を持っても不思議ではありません。

 交通の要所だったパリやニュルンベルクでは情報も多く集まり、技術の高い職人たちは時計に商品価値を見出し、自分たちの技術を持ってさえすれば、時計を作れると考えたのでしょう。

 そんな中、社会科の教科書に出てくるマルティン・ルターによる宗教改革がドイツで起きます。フランスではジャン・カルヴァンが登場し、ユグノーと呼ばれた新教徒たちはドイツ同様に宗教改革運動を起こすのです。

 当然、これまでの体制派からみれば、新教徒たちの改革運動は反体制運動でもあります。このことで、1562年から1598年にかけて、ユグノー戦争が起きることになったのです。時計職人たちは宗教改革の革新的な地域で「働くことが天職」と肯定され、繁栄してきました。しかし宗教弾圧の波によって、働いていた地域は追われることになります。

◆ユグノーがスイス時計界の礎に?

 宗教弾圧が激しくなり、追われるようにフランス国境を越えてカルヴァン派の本拠地であったスイスのフランス語圏であるジュネーブ近郊、国境の町ラ・ショードフォンやル・ロックルに亡命しました。

 現代の時計産業の中心地スイスのジュネーブ近郊では、当時はまだ宝飾細工が産業の中心で、時計のような実用品を手がける人はいませんでした。また越境して来たユグノー派の時計職人たちは宝飾品をローマ教会堕落の象徴としてそれらを造ろうとしなかったそうです。

 そのため16世紀末時点でもスイスはまだ世界の時計産業の中心とは言えず、本格的な時計王国になるには18世紀から19世紀まで待たなければいけません。しかしユグノーの時計職人たちが越境した事でこのスイスの地に時計製造の礎ができたことは間違いありません。

 ユグノーの時計職人とジュネーブに居た彫金師たちは16世紀頃までは宝飾時計は少ない需要ながら造り続けていたはずです。現在のジュネーブ発祥の時計ブランドに宝飾で彩ったハンドクラフト(手作業の工芸品)時計が、必ずあるのは当時の名残りだと想像できます。

◆多くの国と国境を接するスイスならでは

 スイスは言語としてフランス語、ドイツ語、イタリア語があり英語も公用語として45%の国民が使用していることが特徴です。これらの分布は国境を接する地域によって分かれています。

 2022年時点でスイスで最も多く使われている言語はドイツ語で、その次がフランス語圏になります。そしてスイス時計ブランドの多くが、このフランス語圏の地域に集中していることが特徴です。

 この要因は、前述したユグノー戦争が大きく影響していると考えられます。フランス語を言語とする彼らが大挙して越境してきた事で現在のスイス時計界が作られたのでしょう。現在もフランスやドイツからスイスへ時計職人たちが出勤のため越境しています。

◆腕時計の歴史を知ると人類発展の軌跡が見えてくる

 腕時計は、もともとは懐中時計を腕に巻き、現代の腕時計へと変化して来ました。腕時計になった理由は航空用として、それらは更に潜水用、そして宇宙空間向けというように人類の歴史に関連して用途や形態も変化していきます。

 ユグノー戦争によってすぐには飛躍的に発展しなかったスイス時計ですが、18世紀に入るとユグノーたちが入植した地域で現在のブランパン、ヴァシュロン・コンスタンタンといったブランドが次々に発祥します。

 フランスやドイツで自然発生した時計技術はスイスのジュネーブに古くから伝わる伝統的な宝飾細工の技術と融合して、後に私たちが知るブランドへと繋がるのです。スイス時計ブランドはその後ヨーロッパの主要都市からの需要を受けて大きく発展します。

 腕時計の歴史を調べると人類の歴史とも深く関わっていることがわかります。ぜひ皆さんも手にしているスイス時計の歴史を振り返ってみてください。これまでの英知の結集、人類の歴史がわかるかもしれません。

(ラジオ関西Podcast『やさしい腕時計』 #5『なぜ高級時計はスイス製が多いのか? 教科書で習う「あの出来事」が関係!』より)