兵庫陶芸美術館(兵庫県丹波篠山市)で、特別展「受贈記念 平井昭夫コレクション × 三浦徹コレクション やきものを愉しむ ―二人のまなざし―­」が開かれている。神戸市に住む2人の目利きが集めた現代陶芸コレクションを主とする展覧会。

 同館学芸課長の仁尾一人さんによるこのリモート・ミュージアム・トークでは、見どころや作品の背景などについて、3回にわたって紹介する。第1回は「平井昭夫コレクション」。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 兵庫陶芸美術館では、8月28日まで特別展「受贈記念 平井昭夫コレクション × 三浦徹コレクション やきものを愉しむ ―二人のまなざし―­」を開催しています。

 洋画材店を営んでいた平井昭夫氏(1931〜)と元医師の三浦徹氏(1937〜)はいずれも神戸市在住のコレクターで、2019年から2021年にかけて現代陶芸を中心とする合計236件の作品をお二人から寄贈していただきました。

 今回紹介する作品は、平井昭夫氏が感銘を受けた河井寬次郎(1890〜1966)と、彼に師事した上田恒次(1914〜87)、生田和孝(1927〜82)の作品です。平井氏は、1952年から額縁、洋画材の販売店を営み、職業柄、絵画や工芸に造詣が深く、洋画家の小磯良平(1903〜88)とも交流がありました。

01) 河井寬次郎 三色打薬扁壺(さんしきうちぐすりへんこ) 1962年頃
 横長の角張った胴部と直立する口部は、赤、緑、黒の釉薬(ゆうやく)で無作為に彩られています。これは、三色の釉薬を柄杓や太筆で打ち付けた偶然の景色であり、河井が70歳を過ぎた頃の仕事です。

02) 上田恒次 鶉手陶筥(うずらでとうばこ) 1973年頃
 色や質の異なる土を組み合わせて模様とする練上は、上田が河井の助手を務めた際に習得した技法です。鶉(うずら)の羽のような縞目模様は、透明な釉薬を掛け、薄く海鼠(なまこ)状に留まり、上田特有の仕上がりとなっています。

03) 生田和孝 糠釉鎬茶碗(ぬかぐすりしのぎちゃわん) 1970年頃
 河井に師事した後、丹波焼の里・立杭(丹波篠山市)に移り住んだ生田は、河井の元で学んだ器面を工具で削り取る鎬手(しのぎで)や面取という二つの技法を軸に、糠釉や飴釉(あめぐすり)、海鼠釉(なまこぐすり)などを組み合わせ、独自の作風を確立しました。

※いずれも兵庫陶芸美術館(平井昭夫コレクション)